7月29日(木)、大隅鹿屋病院の職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが判明しました。

当該職員は、医事課で勤務しておりました。発熱等の症状はありませんでしたが、他府県への移動があったため、勤務前に、7月29日、PCR検査を実施、同日、陽性であることが判明しました。

業務中は、常時マスクを着用し、手指消毒等、感染予防対策を実施しておりました。当該職員と濃厚接触の可能性がある職員はおりません。 また、当該職員と入院・外来患者様との濃厚接触はなかったことを確認しております。

今後は、患者様の症状等を注意深く観察し、何らかの異常があった場合は、PCR検査を含め適切に対応いたします。

今後とも、感染対策には十分配慮し、職員の感染予防を徹底して取り組んでまいります。

何卒ご理解をたまわりますようお願い申し上げます。


医療法人徳洲会
大 隅 鹿 屋 病 院
病院長 中山 義博