手術をする際の 麻酔の話

麻酔科須田 陽子

手術をする際の麻酔について説明したいと思います。手術は何もしなければかなりの痛みを伴う治療です。麻酔科医は麻酔をすることで、痛みをとり手術を円滑に終える環境を作ります。麻酔方法は、手術を受ける患者さまの状態、手術方法により様々です。麻酔科医は手術前に全身状態を十分に評価し、手術終了後も患者さまが少なくとも手術前より全身状態が悪くならないように麻酔管理をしていきます。

例を挙げますと、鼠径ヘルニア手術の麻酔方法だけでも、全身麻酔、硬膜外麻酔、脊髄くも膜下麻酔(腰椎麻酔、下半身麻酔と言われたりします)、神経ブロック、局所麻酔があり、各々単独でも手術は可能ですが、必要に応じてこれらを組み合わせて麻酔をすることもあります。それぞれの麻酔方法について簡単に説明していきます。

全身麻酔とは、いろいろな薬を使って手術のように痛いことをされても何も分からない状態にする麻酔です。麻酔科医は、全身麻酔中、意識をとるだけでなく、手術の痛みの対策をとり、安全に手術ができるようにしていきます。全身麻酔中は、普段無意識のうちにしている呼吸ができない状態になりますので、専用の道具を使って呼吸をするのを手伝います。最近の全身麻酔の薬は、手術時間が短くても長くても、手術終了後速やかに患者さまの意識を戻すことが可能です。『自分は全身麻酔がかからないのでは』と思う方がおられるかもしれませんが、全身麻酔はどんな人でもかかりますので安心してください。

硬膜外麻酔と脊髄くも膜下麻酔は背中の注射で、背骨の中の太い神経(脊髄)のそばに一時的に神経を痺れさせる薬などを注射して手術に必要な部位を痺れさせます。鼠径ヘルニアの手術をしても苦痛を感じないようにするためには、傷のところを痺れさせるだけでなく、へそ下から股の部分を痺れさせないといけません。硬膜外麻酔も脊髄くも膜下麻酔も一長一短ありますが、ここでこれ以上詳しく書きますと、この記事を読んでいる皆様が眠くなると思いますのでやめておきます。

背中の注射がものすごく痛かったり、手術が終わった後、体を起こすと頭痛がひどかったという経験をされたことのある方がおられるかもしれません。当院では、背中の注射をする際には、本番の針を刺す前にかなり細い針で痛みを感じる皮膚や筋肉に痛み止めをします。10秒程度、最初の痛み止めを我慢していただいたら、本番の針をすすめるときは痛くないと思います。

背中の注射の後の頭痛ですが、正式名称は硬膜穿刺後頭痛といいます。硬膜外麻酔では基本的には硬膜を穿刺しないのですが、脊髄くも膜下麻酔では硬膜穿刺をしないといけませんので、脊髄くも膜下麻酔後に硬膜穿刺後頭痛が起こる頻度が高くなります。硬膜穿刺後頭痛が起こりにくい脊髄くも膜下麻酔の針があるのですが、当院ではその針も使っています。『背中の注射の直後は頭を動かしたり高くすると頭痛がでる』と言う方がおられますが、脊髄くも膜下麻酔後の安静時間は硬膜穿刺後頭痛の発生頻度に関係しないことがわかっています。

神経ブロックと局所麻酔は、手術に必要な部分をピンポイントで痺れさせる注射です。鼠径ヘルニアでの神経ブロックは、お腹の筋肉の中に目的の神経が走っていますので、そこに神経を痺れさせる薬を注射します。すぐ歩けて、すぐご飯が食べられる上に、他の麻酔が困難な患者さまでも安全な麻酔管理ができるという大きなメリットがあります。

ここでは、麻酔方法の合併症等について多く省略しております。麻酔を受けられる患者さまには、担当麻酔科医が手術前に詳しい説明をして、予定麻酔方法について納得していただいた上で麻酔方法を決定します。その際、麻酔科医への質問や要望がありましたら、遠慮なく担当麻酔科医に伝えてください。