医療法人徳洲会 帯広徳洲会病院

menu

掲載日付:2022.10.31

消防救急車との協働始めました

 救急科の久野です。。。この書き出し、ついに5回目になりました。
 急に寒くなってきましたが、皆様いかがおすごしでしょうか。
 関東と往復していると、鹿屋の冬のほうが乾燥肌には優しいかな~と思いますが、アラフォー男子久野としては乾燥対応スキンケアに余念のないところです。


 さて、前回ご紹介しましたドクターカーですが、飛び道具的な運用もしていますのでご紹介します。
 医師が同乗する関係上、あまり長い時間留守にも出来ないので、“当院から緊急走行で片道概ね15分程度・60分以内に帰還”、という活動制限を設けているわけです。そうすると、市内が中心、頑張って東串良町くらいが出動限界になるわけです。
そこで、途中まで消防の救急車に運んでもらい、安全な場所で当院ドクターカーを落ち合うという作戦を実施し、出動応需範囲の拡大を目指しています。
現在のところ、志布志方面の消防と協力して実施しています。
当初は路上での乗り換え・引継ぎを行っていましたが、ご協力いただける施設の駐車場をお借りしてのドッキングへと移行しています。
 地域の先生方と当院専門医の橋渡しをスムーズにするのが救急科の仕事ですので、こういった飛び道具的運用にも対応できるよう、体制強化に邁進中です。


menu close

スマートフォン用メニュー