1年次研修生

 

名称未設定-4

内田 修平先生

自己紹介

曽於市末吉町出身で、宮崎大学を卒業しました。大学ではバスケ部で楽しい6年間を過ごしました。
心優しい医師を目指して頑張ります。よろしくお願いします。

どうしてこの病院を選んだのか

学生の頃から、初期研修は1年間通して救急疾患を見ることのできる病院で経験を積みたいと考えていました。救急で有名な病院をいくつか見学に行きましたが、大隅鹿屋病院に圧倒的に働きやすそうな雰囲気を感じました。学生に対して先生方や看護師の方々、その他のスタッフの方々がみなさんとても温かく、丁寧にご指導して下さったのです。さらに、研修医や学生向けの勉強会を定期的に開催していたこともあり、病院全体で若い医師の教育に力を入れているということが伝わりました。このような理由から、是非研修させて頂きたいと思うようになりました。

医学生さんへ一言

いろいろな考え方があるかと思いますが、私は初期研修では、とにかく身体を動かして仕事を覚えることが大事だと考えています。咄嗟の判断磨く救急の現場で経験を積みたい学生の方は是非一度見学に来てみてください。一緒に学びましょう!きっと働きたくなるはずです。

今後の医師としての抱負

興味のある分野は外科系で、得に整形外科に興味を持っています。将来は内科や救急の考え方を大事にする整形外科になりたいです。謙虚さを忘れず、日々励んでいきたいと思います。

名称未設定-4

藪田 愛先生

自己紹介

島根大学卒の藪田です。出身も島根県です。学生時代はオーケストラ部に所属し、チェロを弾いていました。趣味は、ライブに行くことやテニス観戦、読書です。

病院を選んだ理由

実際に病院を見学した時に、病院全体の雰囲気の良さというものを感じました。また生き生きとされた先生方の姿を見て、直感的にこの病院なら自分らしく研修ができると思いました。
パンフレットなどだけでは伝えきれない良さが多くあります。
まずは一度見学にきて見てください。

今後の医師としての抱負

今何が求められているのか、どのような動きをすればいいのかなど考えるために必要な知識・技術を磨いていきたいと思います。動ける医師となれるようまずは今日した失敗を次に繋げていけるよう日々精進していきます。

後輩へ一言

病院の説明会、レジナビ等で多くの病院の良さをみていると思います。その中で自分が良さそうと感じた病院へぜひ足を運んでみてください。きっと自分が研修している姿を思い浮かべられるような病院と出会えると思います。まずは当院に一度来てみてください。