平成26年/2014

平成25年/2013  平成26年/2014  平成27年/2015  平成28年/2016

平成29年/2017  平成30年/2018

良いところ

<旭川医科大学>
・実際に手技をさせてもらったり、カンファレンスで分からなかったら、さりげなく教えてくれたりしてくれた。
・大学で教わらない実習が経験できて楽しかった。
・知識の獲得、確認ができた。2度目でしたが、今回も雰囲気よく居心地がよ
かった。

<滋賀医科大学>
・研修医の先生がどのように仕事をされ、勉強をされているか間近で見れた。
・熱心に指導していただき、アットホームな雰囲気と勉強しやすい環境の整った病院だと思った。
・あまり知識のない自分にも分かるように先生方が丁寧に教えてくれた。

<高知大学>
・どの先生方も熱心に教えてくださった。
・心音をたくさん聞かせていただいたりと、色々なことを体験させていただいたり、自分が分かっていないことを詳しく教えていただけた。

<琉球大学>
・フィードバックも充実していて、指導医の先生の説明も分かりやすかった。手技で出来そうなものはやらせてもらえた。

<山口大学>
・先生方がとても親切で、手技も多くできそう。

<東北大学>
・病院全体の雰囲気がよく、教育面もサポートされていると思った。
<帝京大学>
・研修医でもほかの病院と違い、受け持ちの患者さんが多いので、レベルアップできそうだと思った。

<鳥取大学>
・大学病院とは違い、病院全体の連帯感が強い気がしました。先生方の指導も手厚く、相談・解決しやすい雰囲気であると感じた。

<京都大学>
・フレキシブル。予定がありつつも、色んな先生が呼んでくださりました。

<信州大学>
・「どんな患者さんも診る」という病院だと思った。先生方との距離が近く、話しやすかった。
・実際に戦力として働いているのが色々見れた。

<福井大学>
・先生方も親切に医学知識を解説してくださって勉強になった。
・研修医が主体性を持って行動しているように感じた。人が皆、親切だった。

<島根大学>
・雰囲気がつかめた。

<横浜市立大学>
・どの先生も熱心に指導していただけた。スタッフ全員が学生を大切にしていると感じた。
・症例が多く、様々な疾患がみられた。
・先生方や患者さんが優しかった。ご飯がおいしかった

<九州大学>
・色々な手技を見せてもらえた。後期研修の先生が非常に優秀で、力がつきそうと感じた

<愛媛大学>
・全ての先生が熱心に指導してくださった
<岡山大学>
・多くの手技ができ、様々な診療科を見学できた。救急で研修医がある程度のイニシアチグをもって行えることに魅力を感じた。

<北海道大学>
・体験型の内容が多く、良い印象を持ちました。
✩見学ツアーの感想✩

<金沢大学>
・大変内容が濃く、色々な話が聞けた。
・スタッフ同士が科を越えて連携しており、研修医がやれることが多いと感じた。

<滋賀医科大学>
・地域に求められる医者像を見た。
・スタッフ間の距離が近く、一丸となって診療等していてとても雰囲気がよかった。
・旅行込の見学ツアーは楽しかったです

<京都大学>
・知らないこと、やったことないことに触れる時間が非常に多かった。

<宮崎大学>
・学生たちが見たい所を十分に経験することができ、他学生との交流ができた。
・いろんな科をまわれたり、手術に参加することができた。
・「遠慮せず」と言われていましたが、こちらが遠慮しないうちに次から次にやることがでてきて楽しかった。

<東京医科歯科大学>
・地域医療に本格的に取り組むには、とても理想的な環境だと思う。

<近畿大学>
・どの先生もどんなことでも優しく教えてくださった。

<東北大学>
・予想以上に指導レベルが充実していた。
<福島県立医科大学>
・コメディカルとの距離がとても近く、雰囲気がよかった。
・非常に熱心に教えていただけて、濃厚な研修が行われていると感じた。

<弘前大学>
・実際に手技を体験できてよかった。
悪いところ

<旭川医科大学>
・怖そうな人がいました。

<滋賀医科大学>
・鹿児島が思ったより寒かった。
・カンファレンスの内容が少し難しく、理解できないところがいくつかあった。

<琉球大学>
・時期的に患者数が少なく、研修医の先生が外病院に行っていて少ないため、
通常の雰囲気が分からなかった。

<東北大学>
・設備が古い。
・休日どのように過ごしているかを含めて、生活面を知りたかった。

<帝京大学>
・(クーラー故障中のため)暑かった。

<信州大学>
・研修医の当直の様子も見てみたかった。
・声がよく聞き取れない先生がいた。

<福井大学>
・建物が古い。

<島根大学>
・スケジュールの密度が濃く、最後は少し疲れた。
<横浜市立大学>
・画像の見方をもう少し教えてもらいたかった。研修医ともう少し話したかっ
た。
・人数が多いといいと思う。研修医の先生が辛そうだった。
・スケジュール通りに動きすぎて、もう少し見てみたいと思っても途中で終了
したことが残念でした
・研修医の先生が辛そうだった。地元に帰るのはなかなか出来ないと思った

<九州大学>
・術野が少し見えずらかった。

<北海道大学>
・各階のフロア図を頂けると移動するとき迷わないかと思う。

他院と当院の違いの感想・ヒアリング

・学生に対して興味がないように感じた

・担当の先生方は熱心に指導してくれた

・外科の処置に回る時、友人からは色々させてもらって説明もしてもらえたという話を聞いたのに、自分の時は何もさせてもらえなかった

・各科の垣根が低いと言われているが、あると思った
・研修医に病院の悪い所や思っていることを教えてもらえるのはいいが、言い過ぎかなと感じた。上の人が注意したり、指導したりすることはないのでしょうか

・医師を育てようという先生方の熱意や少ない時間で効率よく学べるような工夫及び、大事な点の絞り方

・大学病院と比べ、よりジェネラルな疾患の患者さんが多く、市中病院としての魅力を感じました。

・東京都心の大学病院と、東京から遠く離れた市中病院との対照的な比較ができた。一長一短あり、地域医療に本格的に取り組みたいと思った場合は、理想的な環境なのではないかと思う。

・他の病院と違い、研修医の時でも受け持ちの患者さんが多いのでレベルアップできそう

・他の病院は一つの科だけの見学だったけど、めずらしい疾患が来たときは呼んで頂いて
よかった
「学生中心の実習」というのを感じました

・カンファレンスで指導医の先生方から何もなく、ただ発表して終わってしまった。もし研修に入った時、きちんと指導してもらえるか不安

・地域との距離が非常に近い

・あまり知識のない自分にも分かるように先生方が丁寧に教えて下さり、とても勉強になりました。

・大学病院とは一味違った体験ができてよかったです。

・実際に手技をやらせてもらう機会があったり、カンファでわからない顔をしていたらさりげなく教えてくれたりと、学生にとってはありがたい点が多かったです。