研修医から一言 後期研修

IMG_1980

辻川衆宏先生

Q:どうしてこの病院をえらんだのか

大隅半島の医療に全力で取り組んでいるところに魅力を感じました。

Q:医学生へ一言

当院を受診された方が、「受診してよかった」と思っていただけるような医師を目指しています。

Q:今後の医師としての抱負

今、自分にできることに全力で取り組み、一緒に病院を盛り上げていきましょう。

IMG_0199

知久慎一郎先生

Q:どうしてこの病院をえらんだのか

地域に密着した病院である。
優れた指導医・教育者がいる。

Q:医学生へ一言

病院選びは悩みましたが、どこにでも行けるチャンスだと思って、思い切って鹿屋に来ました。是非、鹿屋に来てみてください。

Q:今後の医師としての抱負

知り合いなども誰もおらず、不安だらけです。また、3年目となり、責任を伴った診療をしつつ、2年次・1年次への指導をするというのは最初はとても難しそうです(違う病院でもあるので・・・)。

色々迷惑をかけたり、教えてもらったりすることも多いと思いますが、宜しくお願いします。

IMG_0300

知久才穂子先生

Q:どうしてこの病院をえらんだのか

外科医として修練を積んだ上で、症例の数・バラエティともに十分であると思ったから。
教育に対して先生方がとても熱心であると感じたから。

Q:医学生へ一言

外科医としてスタートとなる年になります。毎日一つ一つ出来ることを増やしていきたいです。

Q:今後の医師としての抱負

産休後の復帰となるので、私もまたゼロからのスタートとなると思います。一緒に頑張っていきましょう。

IMG_0446

吉田大輔先生

Q:大隅鹿屋病院を選んだきっかけは?

ホームページで調べて。
実際に見学に行ってみて、働き甲斐がありそうだなと感じた。
指導医が信頼の出来る先生だと感じた。

Q:大隅鹿屋病院の第1印象は?

忙しい。
スタッフが生き生きしていて、良いチーム医療が実践できている。

Q:現在、研修されてどうですか?

忙しさが楽しさに変わってきたこの頃。
研修医時代と違い、自分が主治医なんだと自覚するようになり診療にもやる気が出てきた。

高橋 巴久

髙橋巴久先生

Q:どうしてこの病院をえらんだのか

私は病院見学マニアというほど、有名病院や僻地の病院、そしていわゆるブランド病院まで幅広く見学しました。その中で、4年生の夏に初めて見学実習した病院がこの大隅鹿屋病院です。右も左も分からない私を快く受け入れ、熱心に指導してくれました。最初は、ここに研修に来るつもりは全くなく、6年生になってからも本当にこの病院で良いのかと真剣に悩みました。それでもこの病院を選んだ理由ベスト3を発表します。

  1. 病院の雰囲気が良いこと(科の垣根がない、職種の垣根がない、活気づいている)
  2. 初期対応から診察、検査、診断、治療、入院管理、退院まで担当できる救急研修(一人の患者さんを最初から最後まで診ることができる)
  3. 指導医の熱意(教えたくてウズウズしている教え好きの指導医が多い)

Q:医学生へ一言

皆さんが病院を選ぶ際に一番大切にするポイントは何ですか?症例数?指導医数?病床数?雰囲気?給料?地域?(都会?地元?)など、皆さんが外せないポイントは一人一人違うと思います。100人いたら100通りの選び方があり、それぞれ働きたい!と思う病院は異なると思います。私たちの病院も良いところばかりでなく、悪いところももちろんあり、私たちの病院を良い!と思う人もいれば、良くない!と思う人もいるでしょう。大隅鹿屋病院は、やりたい人はやりたいだけ、やりたくない人も標準以上に育ててくれる研修が出来ます。また、「今年の研修は去年よりも良いものを、来年の研修は今年よりも良いものを」と常に良い研修が出来るよう先生方が働きかけてくれます。研修病院の選び方で悩んでいる方や実際に興味のある方など、研修に来てくれる・来てくれないは問わず、存分に楽しめるような実習をさせてあげたいと考えています(私もさせて頂いた)ので、気軽に見学に来てみてください。きっと病院の見る目が変わると思います。Q:今後の医師としての抱負

Q:今後の医師としての抱負

どんな患者さんがどんな訴えで来られても対応できる医師になりたいです。
絶対に断らない医師。絶対に笑顔を絶やさない医師。安心できる医師。優しい医師。謙虚な医師。頼れる医師。信頼できる医師。病気で不安に感じている患者さんやそのご家族のために、どんなときにも元気に笑顔で精一杯頑張りたいです。