内科 専門研修

内科  外科  総合診療

概要

“大隅半島の最後の砦である”という意識が病院全体に共有されており、何かやりたいと思ったときにスタッフが積極的に協力してくれるため、非常に働きやすい病院です。
当院の総合内科は他の専門内科が揃っている中の総合内科ではありません。風邪から重症の呼吸不全、検尿異常から急性血液浄化を要する急性腎障害、軽症の糖尿病から糖尿病性ケトアシドーシス、さらにはCPA蘇生後、薬物中毒など、“何でも診る”を信条とした文字通りの総合内科です。大病院にありがちな他の専門内科が興味を示さない領域しか担当することが出来ず、結果としてアイデンティティーの確立に悩むということもありません。逆に他院であれば専門内科が行うことであったとしても、総合内科で出来る限り完結させたいという熱い思いを持った“攻めの総合内科”です。

取得可能な資格

認定内科医、総合内科専門医、抗菌化学療法学会認定医、病院総合診療医学会認定医

特徴

グラム染色や血液培養をしっかり採る文化が確立されており、抗生剤投与前に“どこの臓器の何という菌を狙うのか”を必ず考える習慣が身につきます。“熱があるから何となく抗生剤を投与する”文化とは無縁です。

血液透析も総合内科が管理しています。血液透析のみならず腹膜透析にも取り組んでいます。腹膜透析症例数は鹿児島県第2位です。腎臓移植の適応になる方は積極的に移植に繋げており、県内でも数少ない血液透析・腹膜透析・腎移植のすべてに対応可能な全人的腎疾患診療を行っている施設です。

当院は救急搬入件数2000件/年ですが、9000件/年の札幌東徳洲会病院や12000件/年の湘南鎌倉総合病院で救急研修を行うことも出来ます。また、来春には当院でも救急総合診療部を立ち上げます。当初は総合内科と連携して診療に当たっていくこととなりますが、救急総合診療部に1年間在籍することによって救急専門医試験の受験資格を満たすことが可能となります

「総合内科をやりながら、将来的には救急専門医も取得したいJという希望にも応えられる体制となります。

整形外科ローテーションを必須とする予定です。総合内科の対象となる高齢者の多くが同時に腰痛・膝痛などの整形外科的主訴を同時に訴えられます。そのような観点からは総合内科において整形外科はメジャー診療科目となります。将来的に離島・僻地の医療機関で総合内科医として勤務するようになったときに、整形外科的症状の方にも対応できることで、診療の幅が確実に広がります。

近隣の整形外科病院には急性期診療に対応した内科がありません。そのため、内科的合併症を抱えた多くの整形外科症例が当院に紹介されます。そのような症例の周術期管理にも関わることとなります。大腿骨頚部骨折など高齢者に多い外傷の方が、どのような手術を受け、リハビリを行い、退院につながっていくのかを知ることにより、退院後のフォローの際に患者の見方がより深くなります。

《院内委員会チームリーダー》

栄養サポートチーム(NST)、感染管理チーム(ICT)、呼吸器サポートチーム(RST)、緩和ケアチームなど職種横断的に活動しているチームがありますが、NSTやICTは後期研修医がチームリーダーとして活動しています。僻地・離島の匿療機関で勤務する際に、各職種の力を上手く引き出しチームとして活動出来る能力の獲得は必須となります。これらの活動を通じて、チームをまとめ上げる仕事(team building)に早くから関わり学んでいくことが可能です。

プログラム

後期研修の過程

3年目は初期研修医とペアとなって、約20名の入院患者を受け持ちます。また、週2 回の定期外来、週2 回の救急診療、週1~2 回の当直診療を行います。

毎朝、新入院カンファレンスがあり、症例フレゼンテーションのトレーニングを受けつつ、アセスメントやプランについて指導医からフィードパックを受けることが出来ます。

毎夕、回診を行い、入院患者の治療方針について内科全員で検討を行います。同時に直接担当していない症例の経過も共有できます。

研修スケジュール(1例)

後期研修3年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
総合内科 地域研修
救急

後期研修4年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
整形外科研修 救急科研修 総合内科
救急

後期研修5年次

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
循環器内科研修 総合内科
救急

週間予定の1例

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
7:30~8:15 新入院カンファレンス 新入院カンファレンス 新入院カンファレンス 新入院カンファレンス 新入院カンファレンス 新入院カンファレンス
8:40~9:00 ERカンファ ERカンファ ICU全科回診 症例発表 医局全体勉強会 ERカンファ
8:40~9:00 医局会 医局会 医局会 医局会 医局会 医局会
9:00~12:00 内視鏡研修 内科外来 病棟管理透析管理 内科外来 救急外来 内科外来または病棟管理
13:00~17:00 透析回診または病棟管理 病棟管理シャント造影検査 訪問診療病棟管理 救急外来または病棟管理 病棟管理または透析 当直もしくは半休
16:30~17:30 病棟回診 病棟回診 病棟回診 病棟回診 病棟回診

<<3年次>>

3年目には3ヶ月間、近隣の垂水徳洲会病院(70床)で慢性期の入院患者を中心とした診療を経験できます。慢性期の入院患者が中心ではありますが、院長は脳外科の専門医であるため、脳卒中の管理も学ぶことが出来ます。

<<4年次>>

4年次には内科認定医試験の受験資格を満たします。これまでに当院の研修から5名の内科認定医が生まれています。

<<口ーテート可能科>>

各人の興味、余裕にあわせて透析診療、シャントPTA、消化器内視鏡、気管支鏡など一歩踏み込んだ領域の経験を積むことも出来ます。

循環器ローテーションも選択可能です。当院は鹿児島県第2位のPCI件数を誇っており、症例は豊富です。鹿児島県第2位の症例数を誇る心臓血管外科も擁しており、症例のi幅も広いです。循環器ローテーション中もお客さん扱いされることはなく、手技もどんどん経験できます。

5年目には“チーフレジデント”として、入院患者全体の把握、レジデントの采配、他科からのコンサルトへの対応を行い、内科研修の総まとめをします。

指導医

田村幸大(副院長:内科部長)/研修委員長、内科学会認定医、腎臓学会専門医、救急医学会認定医、感染管理医師、日本病院総合診療医学学会認定医
劉孟儒(内科医長、内科学会認定医)/呼吸器サポート委員会委員長
貴島沙織(内科学会認定医・専門医、産業援)/緩和ケア委員会委員長

後期研修医

重田泰基(5年次)
朝戸順也(4年次)

アピールポイント

当院ではかかりつけ医としての外来診療も行っており、後期研修医も週2コマの外来を担当します。この外来診療の中で、生活習慣病へのアプローチ、患者指導の方法を学びます。また、緊急入院となった症例も入院中の主治医が継続して外来でもフォローを行うため、“病気の治り方”“社会復帰の仕方”を学ぶことが出来る最重な場となっています。

多くの急性期病院では慢性期になると療養型病院への転院、開業医への逆紹介が行われ長期的フォ口一アップがしにくい環境となっています。しかし、治療の場が入院から外来へ急激にシフトしてきでいる現在においては、外来診療でなければ診ることが出来ない疾患も多数あります(糖尿病、高血圧、慢性腎臓病、甲状腺疾患など)。そのような疾患の診療経験を確実に積んでいくことが可能です。

大隅半島は急性期病院が限られているため外来や救急で診た診断がついていない患者、経過が気になる患者が“他の病院を受診してしまってフォロー出来ない”ということがほとんどありません。そのため、自分自身の診療に関するフィードパックが可能です。

外来診療だけではなく、訪問診療も行っています。患者が大きな労力を払って遠方から通院していることを身を以て体験することが出来ます。また、入院中には見ることが出来なかった患者の日々の生活の姿、多くの笑顔を見ることが出来ます。日々の生活環境を知ることは、総合診療の大きな力となります。

大隅半島には呼吸器専門医常勤の施設が1施設しかないため、当院でも肺癌診療を積極的に行っています。気管支鏡、CTガイド下肺生検で確定診断を行い、その後の治療・経過フォローまで行います。肺癌は進行の早さ故に、お亡くなりになるケースも少なくありませんが、最期まで担当しターミナル・ケアや看取りの経験も積むことが出来ます。

外科、整形外科、心臓血管外科、口腔外科などの外科系診療科も地域の最後の砦として重症症例、内科的合併症を抱えた症例の手術に積極的に取り組んでいます。そのような外科系診療科とコラボレーションの機会が多いのも特徴の一つです。
3ヶ月~1年間などの短期間の研修も可能です。

認定内科医、総合内科専門医、救急科専門医、抗薗化学療法学会認定医、病院総合診療医学会認定医の取得が可能です。数年後には腎臓専門i医も取得可能となる予定です。(ただし、専従歴等の制約からすべてを取得するために は10年計画となる可能性があります)

田村が鹿見島大学腫瘍学講座人体がん病理学の大学院生として研究活動を行いました。病理学会総会での発表も済ませており、博士論文の作成により博士号取得の予定です。また、8年目の医師も医学教育学の大学院生として在籍しております。鹿児島大学には当院に在籍したまま社会人入学出来る制度があるため、博士号の取得も可能です。

大隅鹿屋病院を日本でも指折りの「僻地の総合内科医教育病院」にするという夢の実現のためには、まだまだ多くの若い力が必要です。より良い教育病院を目指して一緒に作り上げていってくれるあなたを待っています。