理念と目的

研修理念

全人的・全身的に患者様を診る能力を身につけるとともに、医師として社会人として地域に貢献できる人格形成を目指す

研修基本方針

臨床研修は日本の医療制度の中で義務化されている唯一の研修である。
この目標が達成出来るように研修を行う。

  1. 患者様の権利を理解し、安全を心がける
  2. 医療スタッフと連携し、チーム医療を実践する
  3. 基本的な診療能力を身につけ、適切な検査・治療を計画できる
  4. 基本的な検査・治療手技を身につける
  5. 医師として必要なプレゼンテーション能力を身につける
  6. 生涯にわたって自己研鑽するための学習習慣を身につける

研修理念の実行方法(研修計画)

  1. 医療安全管理委員会への参加を通じて患者様の権利、安全管理に対する理解を深める。
  2. オリエンテーションを通じてコメディカルの職務を理解すると同時にコメディカルとのカンファレンスを通じてチーム医療の理解を深める。
  3. 日々の回診、カンファレンスを通じて基本的な診療能力の習得に努める。
  4. 受け持ち患者様に対する手技を指導医の指導のもと安全に施行する。
  5. 回診、カンファレンス、学会発表など状況に応じたプレゼンテーションを行う。
  6. 日々の振り返りを通じて、常に自己研鑽を怠らない態度を身に付ける。

初期研修プログラムの目的

このプログラムは、総合的な臨床能力を有する医師の育成を目指すもので、厚生労働省による初期臨床研修到達目標を目的とし、救急・プライマリーから高齢者の介護まで幅広く研修できるローテート方式による2年間の初期臨床研修プログラムである。