病院視察に来られました!

研修事務担当

12月16日・17日に、愛知県の病院のプログラム責任者の先生と事務担当者2名の方々が病院視察に来られました。
研修システムを中心に見学をされました。

愛知県の病院なのですが、当院より凄い!
毎年フルマッチしいる病院です。
主に研修書類の管理、評価表、勉強会資料等を見て頂きました。
後は、卒後臨床研修病院機能評価機構に繋がる、病院の規定規約等の書類などと、研修プログラムをご案内させて頂きました。
実際には、研修医へオリエンテーションの時に一通り話しをして目を通してもらう書類なのですが、とても研修指定病院としては必要なものみたいです。
会社などにある就業規則のようなものです。

DSC04227

熱心に2日間、見て頂きました。

DSC04223
私も、外部の方から見られるとなるとやはり緊張しました。
やはり日々の業務はきちんとしておかなければいけないな~と痛感しました!
この事をきっかけにして、交流が深まればいいなと思います。
遠いところお越しくださってありがとうございました。

合格祈願!

研修事務担当

沖縄から戻り、日曜日、2年次の溜渕先生と二人で地元の吾平山稜に行ってきました。
理由は、来年入職予定の新研修医への合格祈願とお守りを買いに行きました。

DSC04163

吾平山稜は、神社ではありません・・・・?

吾平町上名吾平山の北にあります。
神武天皇の御父君『ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと』 と
御母君『玉依姫命』(たまよりひめのみこと)の御陵で俗にこの山を鵜戸山(うどさん)といい、
窟を 鵜戸窟と称しています。
岩屋の陵は全国でもめずらしく、御陵域は9.35ヘクタールあります。
窟内は3アール 位で、前の岩は明和4年(1767年)の落岩です。
昭和10年11月昭和天皇が御親拝になり、昭和37年 5月には皇太子(今上天皇)、
同妃殿下が御参拝されました。
御陵は『小伊勢』といわれ、神々しく山紫水 明の地であり、春は桜、夏は「かじか」、
秋は紅葉と四季の変化に恵まれ、多くの参拝者が訪れます。
旧七高 教授次田潤先生がここに参拝されたとき
『みささぎの御前に渡せる丸木橋踏み行くほどは神代なりけり』と 詠まれています。

DSC04159

というところです。
しっかりと鳥居に向かい合格祈願をしてきました。
すぐ側に川が流れているのですが、金色の鯉が泳いでいました。

DSC04160
とてもラッキーです!!

去年は、研修医の今井先生と外科医長の奥田先生が吾平山稜まで走り祈願してお守りを買ってきてくれました。
その前の年は私一人で行きました。

DSC04162

マッチした平成24年度新研修医の先生方、待っててください。
年内中には、お届けしま~す!
勉強も大変でしょうが、明るい4月が待っています。
頑張って下さいね。

九州・沖縄ブロック研修事務担当者会議

研修事務担当

先週、沖縄へ行ってきました。
九州・沖縄ブロック研修事務担当者会議に参加するためです。
その前に、中部徳洲会病院へJCEPの関係もあり行ってきました。
病院・医局ととても雰囲気が良く、明るい!と感じました。
カンファレンスの記録などもバッチリ!
消防署(救急隊)の無線を拾い連携を取りながら、ドクターカーで出動するシステムには感動しました。
凄い!の一言。
地域に密着している医療!って感じです。

DSC04152

DSC04151
事務担当者会議は、長時間あります。
とは言っても、会議の時間はあっという間です。
九州・沖縄ブロックの事務担当者会議の一番は、事務担当者の仕事内容などについて。
・研修管理委員会では何を話し合いをしないといけないか
・規定規約の必要な事項、内容の確認、最低限の規定規約の統一
・JCEPに繋がる事務内容
・医学生の件
・研修医合同研修会開催
など、盛りだくさんです。

DSC04155
今回もそんな内容を話し合い、特に力を入れているのがJCEPに繋がる書類の統一でしょうか?
本部の方々、田村先生の力を借り規定規約等について必要な事を説明して、実際に必要な事項を挙げていきました。
研修指定病院は大変・・・・
凄い事務量です(・_・;)
私たち事務担当が、しっかり理解して書類等を揃えていないと研修医に迷惑がかかります・・・
改めて頑張ろうと思った1日でした。

マッチング発表

研修事務担当

10月27日(木)14:00
マッチング結果公表の日でした。

大隅鹿屋病院は、4名のマッチでした!!
マッチした4名の皆さん、これからどうぞ宜しくお願い致します。

また当院は、定員5名です。
まだ病院がお決まりでない学生さん、いるでしょうか?
当院マッチ4名のみんなと一緒に、研修してみませんか?

お問い合わせは、
http://www.kanoya-aishinkai.com/resident/a/a007.html

お気軽にお問い合わせください。

研修病院事務担当者会議

研修事務担当

10月15日(土)は、茅ヶ崎徳洲会総合病院で全国研修病院事務担当者会議が行われました。
毎年1回行われるのですが、今年は10月にありました。
北から南までほとんどの事務担当者が来られていました。
医師は、研修委員長の先生と、副研修委員長3名の先生方が参加されました。

DSC04033

最初の議題は、業務管理の話から・・・
結構、沢山意見が出てみんな凄かったです。

DSC04032
次は、卒後臨床研修病院機能評価についてでした。
これは、当院の研修委員長でグループの副研修委員長でもある田村先生がお話をしてくれました。
グループの中では、沢山の病院が機能評価を受けています。
まだ受審をしていない病院にも、受審をした病院にも第3者評価をうけるメリットのお話でした。
話が横道にそれてしまい、事務担当の方々に私の間違った情報まで田村先生が話しをしてくれて大変でした(・_・;)

次は、研修説明会をどのように行うかどのタイミングで行うかの話でした。
色々と良い案を出し合って良い方向に向かうように、意見を出し合いました。

次は、札幌東徳洲会病院の研修委員長の八戸先生のお話でした。
初期研修~後期研修の動向を分析され、自分達に何が出来るのか何をしなければいけないのか・・・
などをグループごとに話し合い、発表するものでした。

DSC04035

次に、ホームページ(広報)について、中部徳洲会病院 グループ副研修委員長の今西先生がお話してくださいました。
ホームページに大切なものや、広報をどのようにしていけば学生さん方が見てくれるのか・・・・
事務が力を入れないといけないところです!!
今西先生は、当院のブログを紹介してくださって、ビックリ!!
9月はほとんど更新できていなかったので・・・・焦りました(・_・;)

最後には2次募集の件を、研修委員長の佐土原先生がお話をしてくれました。

事務担当は、限りなく色々と考えて仕事をしないといけないんだなと改めて責任の重さを知りました。

GOOD RESIDENT(研修医広報誌)

研修事務担当

平成20年9月から、院内・院外へ向けて研修医の広報誌配布しています。

image

先月号で丸3年が経ちました。
あっという間の3年・・・
最近は、郵送するのが遅くなったりと遅れ気味でした。
今日10月号を作りながら『あっ、4年目なんだ~』とふと想い出しました。

GOOD RESIDENTの配布は。。。。。
大隅鹿屋病院臨床研修病院群の協力型・協力施設に送らせて頂いています。
その他、研修医のご実家や当院へ病院見学実習に来てくださった学生さんに送っています。
勿論、勿論、院内各部署にも必ず配布させて頂いています。

GOOD RESIDENTを楽しみにしてくださっている方がいます。
その方は、『研修委員長のひとこと』をとても楽しみにしてくれています。
広報誌を送付するといつもメールを書いてくださり、私もそれが励みになっています。
『研修委員長のひとこと』は、研修医募集のHPにいくつか掲載しています。

http://www.kanoya-aishinkai.com/resident/a/a002.html

どれだけ研修医の現状報告や、研修医の頑張り、病院の雰囲気が届くかは分かりません。
みんな本当に読んでもらえているのかさえもわかりません。
毎月の給料は待ち遠しいのに、広報誌を作るのは早い・・・
毎月、遅れないようにこれからも作り続けていきたいと思います。

*興味のある方は是非、クリックしてみてください↓↓↓

http://www.kanoya-aishinkai.com/resident/f/f0013.html

うちの医局が全国1位!!??

初期研修医 B

 

先日、全国の徳洲会病院で患者さんを対象に満足度アンケートが行われました。

うちの病院は売り上げは良いんだけどこの結果がいつもビリやらブービーやらで、
この賞の発表のときはいつも院長は小っちゃくなっていたとのことです。
いつもビリとかブービーってどんだけうちの病院は評判が悪いんでしょうか!!??

 

それが今朝の医局会で「うちの医局が今回1番になりました!!」と院長から報告が。

みんな喜ぶかと院長もドヤ顔で反応を待っていましたが、
カイジなみの「ざわざわ…」が。
*注) カイジというマンガがあります!

「1位??」 「うちの病院が??」 「それ何かおかしいですよー!」との声もちらほら。
院長も反抗するかと思いきや、「いや、俺もおかしいと思うんだよ」と。

よくよく話を聞くと、ここ最近は5位とかかなり上位まで昇ってきていたとのことです。
そんなときの1位!すばらしいですね。
これもそんな愛されキャラの院長先生のおかげだと思われます。

DSC03586
院長先生をお撮りしようとしたら拒否されましたので今回は私が。
なんか私が表彰されたみたいになってますけど医局全体で頂いた賞です。

初めてお会いしたのは3年前。初めて実習に来た時に何故か院長先生の
外来を見学させて頂きました。CTの左右も分からない私に対し、
院長先生は口をあんぐりさせて「信じられない。」と絶句していました。
なんとか最近は左右が分かってきましたが、まだまだ自信回復には程遠いようです。
院長に信頼されるドクターになれるように日々頑張りたいと思います。

院長は研修医のころ、爆発的に女の子からモテたようで
「研修医は爆発的にモテなきゃいけない。モテないときは自分が
仕事ができないと思いなさい。」と言い、いろんな武勇伝を聞かせてくれます。
到底ここでは書ける内容ではございませんので詳しくは院長先生まで!!

なるほど。私がモテないのは仕事が出来ないからだったんですね。
デキるレジデント=デキレジになれるように頑張りまっす!!

しまね研修ナビに参加!

1年目研修医の浦木です。

この週末は、僕の母校・島根大学で6年生のマッチング説明会と研修病院の紹介するイベントがあり、参加してきました。写真は出雲大社↑

とは言っても、鹿児島から遠く離れた島根大学??と思われる方も。僕も始めは、島根と協力型病院!?と半信半疑でした。
去年、島根大学から3人の研修医が大隅鹿屋に入り、大学の先生たちも、島根から遠く離れた鹿屋がどんなところかと思ったようです。そして、大学の臨床研修の先生や、教授なども鹿屋に見学に来ました。見学に来た先生も、学生が行きたがる理由を来てみて納得されました。
そして大学では勉強しにくい総合的に患者を診るということを、鹿屋で勉強させたいと来年度から協力型病院になりました。来年度からは地域実習の三か月を鹿屋で選択できるようになりました。
逆に、鹿屋にはないマイナー科を島根大学で選択できるようになりました。

「君らだけが鹿屋でおいしい思いするのはもったいない。君たちの後輩にもその良さに触れてほしい」と、島根大学の研修担当の先生。

なかなか大学と市中病院って、ある意味正反対の関係だと思いますが、いいとこは良いって取り入れてくれる島根大学の懐の広さ、鹿屋の柔軟さを感じました。

やっぱり母校は良いですね。
一年前、研修先どうするか悩んで、マッチング受けて…実習しながら決めないといけない大変さは、僕も同じでした。6年生、大変やと思いますが、頑張ってね。

島根大学に残った同期の友達、市中に出た友達にも3か月ぶりに会えました。なんか3か月しかたってないのに、何年も経ったような密度の濃い3か月。懐かしくてたくさん話しました。
他の病院でどんな風に研修してるのか、抗菌薬の使い方や、手技どんなことしてるのか…
やっぱりどこもいいとこも悪いとこもあって、でも自分はここで良かったかなと改めて思ったり。
どこで研修しても、どこで働いても同じ目標に向かって頑張ろうということで鹿屋に帰ってきました。
また、行きたいですね、島根。

さてさて今日は七夕、星が見えるといいですね。

夜中のドライブ

研修医C

いつものように帰宅途中最寄りのHotmotでカツカレー(500円)を買います。
その後、車で帰り路につく。と、深いため息が出ます。家に帰りたくない!!
大好きなCDを聴きながら夜道をとばします。

Op10-1。軽快なアルペジオとともに、日常から解放された気持ちになってくる。
Op10-3。別れの曲。今までの研修生活が回想されてくる。
Op10-4。思わずアクセルを踏む足が強くなる。
Op10-7。リピートして聞いていた昔が思い返される。
Op25-1。エオリアンハープ。心が洗われる、やっぱり音楽には救われる。
Op25-6。なんか疲れてきた。そういえば当直明けだ。
Op25-12。大洋。最後か。そういえばバラード4番でも聞こうかな?

以上聞きながら運転して考えていたこと。そのほかの曲は何を考えていたか覚えてない。ボーっと運転していたと思う。以上約1時間ついた先は、研修医B君が以前書いていた桜島。夜で何も見えない、店も開いてない。かすかに鹿児島市内の明かりが見える。

IMG_0787IMG_0788

はい、金色のローソンで缶コーヒー(120円)を買って引き返します。鹿屋から45キロ。案外遠くまで来たなあ。

ということで本日の1枚。20枚以上持っているショパン練習曲集の中で最もよく聞く1枚。

Chopin   / complete etude / Lortie(piano)  /Chandos

写真

講演会

研修事務担当

6月6日(月)は、田村先生による講演会を開催しました。
本当は研修医対象に行う予定でしたが・・・・
日曜日に急遽、他部署色々な人を対象にしようということになりました。
宣伝では『先着順!!』と言っていたのですが、18時開始のときは会場の3分の2しか集まりませんでした(^_^;)

DSC03350

内容は、

地方でも人を呼ぶ技術!
心理学を利用した人を呼ぶコツとテクニック

という演題でした。
内容は秘密です(笑) 

春から医学生さんの病院見学実習生が沢山来てくれています。
しかし、その裏には病院をアピールする努力と地道な広報活動があるのが分かりました。
今日から研修医1年次が説明会デビューします。
それもあり、この講演会を行ったのでした。

DSC03353

総務課の人も『学生時代にこんな授業だったら良かったのに~』
と言っていました。
看護師さんからも、『昨日の勉強会面白かったね』
と言っていました。

是非、内容を聞きたいという方は、田村先生に問い合わせ下さい。