呼吸器の勉強会

東京女子医大の麻酔科 小谷先生の呼吸器の勉強会を行いました。
大変お忙しい中、日帰りで講演にお越し頂き、本当に感謝です。

DSC03152[2]

DSC03149[2]

研修医、医師、看護師、リハビリ、薬剤師等が参加しました。

呼吸器サポートチームで、日々、色々な問題に取り組んでいます。

DSC03158[2]

その中での勉強会だったので、参加されたリハビリスタッフは「貴重な時間でした、こんな機会がたくさん出来るといいですね」と言っていました。
講師の小谷先生の講演は、とても分かりやすく、楽しく学べたと参加のみんな、言っていました。

DSC03160[2]

また今年度も是非、来て頂きたいです★
小谷先生、ありがとうございました。

病院見学実習生⑤

医学生さんが病院見学に来てくださいました。
今回は、鹿児島徳洲会病院~大隅鹿屋病院と見学ツアーのような形で来てくださいました。

DSC03120[2]

 

DSC03138[2]

1日、外科・内科病棟等の見学を中心に少しだけ手術見学。
循環器内科の先生方から声がかかり、ペースメーカーの手術へ。

DSC03140[2]

あちこちの先生方からも声がかかり、忙しく移動していました。
とても疲れたのではないでしょうか?

また、是非、鹿屋へお越し下さい!

クリニカルクラークシップの学生さん★

森本先生のブログでもご紹介の通り、今年2月にクリニカルクラークシップの医学生さんが2週間来てくれました。
随分と前から申し込みを頂き、内科の先生方とも色々と計画を立てておりました!
指導上級医は後期研修医の池田先生。
しかし、池田先生が外来の時などは、内科の3名の先生方が一人にならないようにサポートしていました。

DSC03089[2]

学生さん、とっても一生懸命に取り組む姿は感動でした!!
先生方からの指導も丁寧に聞く姿、研修医の勉強会にも積極的に参加して頂きました。

本当に2週間、お疲れ様でした。
今年度も是非、鹿屋へリピーターとしてお越し下さいね。
待っています?

膠原病の勉強会

少し前になりますが、ナショナルメディカルクリニック
上野征夫先生をお呼びして、教育勉強会を開催しました。
特に研修医と内科の先生は、大変楽しみにしていた勉強会でした。
研修医からは、「とっても勉強になる」「大変実りのある勉強会だった」と満足の声が多く聞けました。

DSC03081[2]

DSC03080[2]

 

当院は、立地が悪く、講演にお越しい頂く先生にも大変ご苦労をおかけしてしまいます。
比較的、若い先生が地域の中核病院でもある大隅鹿屋病院で勤務しており、勉強は不可欠です。
もちろん、出かけて行って色々なセミナーに参加すれば良いことなのですが、限られた医師数での日常診療や受持ち患者さんがいます。
なかなか病院を空けることの出来ない若い先生方にとっては、とても貴重な時間となったようでした。

DSC03086[2]

先生方から、「是非、定期的に来て欲しい!!!!」と熱望されていました。
上野先生、本当にありがとうございました。

病院見学実習生③④

2名の学生さんが、病院見学に来てくれました。

外科手術見学から始まり、病棟見学。

DSC03006[2]

バタバタとしながら、色々な場所に移動。

DSC02983[2]

DSC02993[2]

 

感想は若い先生方が多くて驚いた。
急変時に全員が駆けつけるのを見て、素晴らしいと思った。
臨床に触れる機会としては十分すぎた内容のスケジュールを組んで頂き、感謝しています。

というような感想を頂きました。
また、是非、お越し下さいね。

病院見学実習生①②

病院見学実習に2名の医学生さんが来てくれました。
土・日での見学でしたので、手術等の見学は出来ませんでした。

DSC03051[2]

 

DSC03061[2]

しかし、病棟の見学はしっかりと出来たようでした。

DSC03014[2]

限らた時間でしたが、時間いっぱいまで頑張って見学実習をしてくれました。

DSC03076[2]

お疲れ様でした。
また是非、お越し下さいね。

マイナビ広島

image1-739558

電話口でつい「研修医の森本です」といってしまう救急科7日目の森本です!
先日は広島の学生向けの就職説明会に行ってきました!
意外にも(失礼m(__)m)たくさんの学生さんが徳洲会ブースを訪れてくれ、声も枯れてしんどいくらいでした(>_<)
でも、たくさんの学生さんに、しんどい臨床研修だけど、2年間しっかり冒険して自分の限界を広げていって欲しいというメッセージを発信することができて楽しかったです。
そして、私は一緒に成長していく仲間が欲しいとも伝えましたが、何人の心に届いたかなぁ…
学生でポリクリをしていた時は、医療の未来が重くくすんで見えていました。
実際の臨床は、ダイナミックでドラマチックで、知的好奇心を煽るものなんだよ!ってその頃の私に教えてあげたいです。笑
まだまだ救急科を名乗るには遠い道のりですが、一歩一歩頑張ります!
ではまた!

晴れて、後期研修医!!

4月1日は、入職式でした。
今年は残念ながら、初期研修医の入職はありませんでした。
が、先日、無事に研修修了された重田先生と森本先生が改めてスタッフ医師として残ってくれました。

後姿がたくましくなって・・・・・

DSC03504[2]

頼りにしています。

入職式を終え、辞令交付を持って記念撮影。

DSC03508[2]

DSC03509[2]

重田先生は循環器内科医として、新たなスタート。

森本先生は救急科医として、新たなスタート。
ERで森本先生が診て、循環器内科の重田先生に引き継ぐ!!!
同期で、新しい力を是非、大隅鹿屋病院に貸してくださいね。
これからも、どうぞ宜しくお願いします☆

改めて、修了・入職、おめでとうございます。

最終日

最終日

2年次研修医の森本です。
とうとう研修医として最後の更新です。

明日からは大隅鹿屋病院の救急科で後期研修医として働きます。
大隅鹿屋病院の皆様、これからも引き続きよろしくお願いいたします!
学生さんも、引き続き鹿屋でお待ちしていますよ!

ではまた(*^^*)/

手

2年次研修医と名乗るのもあと26時間少々になってしまいました。
2年次研修医の森本です。
今日は本当に嬉しいことがありました。
3ヶ月前に手のけがで受診された方が、お礼を言いたいと総合案内に私の名前を伝えてくださり、案内の方が私に取り次いでくださいました。

特にお礼を言って欲しくてこの仕事をしているわけではありませんが、「こんなに綺麗に治りました」と、完治した手を見せてくださって感無量でした。
本当に跡形もなく綺麗に治っていました。
血を止めたのは私の1針かもしれませんが、治ったのは患者さんの力とその後の傷のフォローをしてくださった外科の先生方、機能面ではご本人の努力とリハビリスタッフの力が大きいでしょう。
本当に不思議なもので、昔から、一人で辛いなぁ、割に合わないなぁ、でも仕方ないかーそういうのも必要だろう、なんて少し哀しく、また寂しく思いながらも折り合いをつけてしまおうとした時に、虹を見つけたり、星が流れたり、蝶が止まったり、こんな風に思いがけないお礼を言ってくれる人がいたり、ものすごくよいタイミングでびっくりするようなことが起こります。

きっと誰かがみているんでしょう。
この手でできることがだんだん増えていって、無責任に手を離せなくなって苦しくなる時もありますが、守るものは守る、それを重ねていくに尽きると実感した1日でした。

1 / 6512345...102030...最後 »