鹿児島県研修医合同研修会

2011年1月11日
研修事務担当 DSC02379

1月8日(土)に、鹿児島県の研修医が集まり合同研修会が行われました。
前半は、初期研修医による 症例発表が行われました。
当院からは、1年次研修医の山本先生が発表しました。
とてもとても緊張していた様子で、少し声が震えていたように聞こえました。
少し時間オーバーしてしまいましたが・・・・
無事に発表が出来て安心しました。

田村先生は、札幌から移動して鹿児島の会場で合流するということでギリギリ発表に間に合いました。
発表が終わり、ホッとしたところで参加していた研修医と一緒に記念撮影!!
先生は朝からの移動でお昼ご飯を食べていなかったので、差し入れのドーナツを食べていました。

後半は講師の先生の講演が行われました。

次回研修会が行われるのは、多分夏くらいになるのかな??
今度は4月から来る新しい研修医が壇上に立っているかもしれませんね。
楽しみです。

病院説明会in島根!!

20101112

1年次研修医 小川 絵奈

 

島根大学での病院説明会に参加しました。

今回は我らが大隅鹿屋病院が主催で、さらに私にとっては母校であるということから

大変気合が入った状態で説明会に挑みました。

 

病院のプレゼンは今井先生が行いました。

「病院選びには居心地の良さが重要、自分にとって居心地がいいと感じる病院でないと大変な研修生活は乗り切れない!!」

という今井先生のメッセージは最近病欠して、この病院の良さを改めて感じた私の心にも強く響きました。

やっぱり研修は大変です。

それでもこの病院が好きだ、という気持ちがあれば頑張ることができます。

 

あとの懇親会で、多くの学生さんとお話する機会がありました。

いろいろな学年の学生さんがおられましたが、皆さん自分の進路について真摯に考えておられて、心打たれました。母校のOBとして何か力になりたいな、と感じました。

 

どんなに志し高く入学したとしても、日々の講義に疲れどうしてもmotivationが下がってしまうときがあります。

そんな時に病院見学に行くと自分の初心を思い出すことができます。

私が病院見学に行ったときはそう感じました。

特に12年生方は臨床経験がないので、病院見学に行っても邪魔になるのではないか、意味がないのではないかと感じる方もおられるかもしれません。

でも、けしてそんなことはありません。

病院見学に行って感じることは学年ごとに異なってきます。

わからないことは遠慮せずわからないと言ってもらっていいのです。

病院見学は学生さんの知識を試す場ではありません。

ただただ臨床の現場を肌で感じて、多くのことに興味を持って帰ってもらって、今後のmotivationにつなげて頂けたらそれだけで病院見学は大成功です。

 

だから勉強に疲れたときほどたくさん見学に行ってみてくださいね☆

もちろん大隅鹿屋病院もそんな皆様を楽しみにお待ちしてます!!

鹿児島大学病院説明会

2010年10月25日

1年次研修医 溜渕昌美

 

1016日に鹿児島大学で鹿児島県内の病院説明会がありました。

(実は去年も参加して有留先生のプレゼンに感動していました。まさか自分がプレゼンするとは思っていませんでしたが…)

鹿児島への移動の車の中、フェリーの中では時間を測りながら臼井さんに聞いていただき、何度も練習しました。

会場で学生さんたちが集まり始めるとまた不安になってきてスライドを見直しました。

大隅鹿屋病院は4番目でしたがあっという間に順番になりました。

ステージにあがりプレゼンを始めました。何回も練習したはずなのになかなかスムーズに言葉が出てきません。そのとき、ふと宿泊学習で『文章を間違えずに読むことよりも、相手の目をみて話すほうが心に響く』と田村先生に教えていただいたことを思いだしました。

上手く話すことは諦めて、できるだけ学生さんをみながら話すようにしました。

6分という制限時間でしたが、あっという間に終わってしまいました。自分の席に戻ったとたんに指先が冷たくなってきて、改めて緊張していた自分に気づきました。

プレゼンが終わったあと、田村先生が「宿泊学習の成果がでてたね」と言ってくださいました。有留先生や臼井さんも良かったといってくださり、(贔屓目だとわかっていても)とっても嬉しかったです。これからまた説明会に行く機会も増えると思うので、すこしずつ上手く話せるようになりたいです。

 

鹿児島大学から1人でも見学に来てくれますように☆

初めての研修説明会2

2010年6月9日
初めての研修説明会2
一年次研修医U

先日、研修説明会に初めて参加してきました。

6月7日に大分で行われた説明会です。

大分は、大学時代に部活の練習試合で仲良くしてもらっていたので、親切な人がDSC00441多い印象があります。

プレゼンを臼井さんが聞いてないならまだいいです。

臼井さんは来てなったです。

一緒に行った指導医のK村先生との会話

U「臼井さん来てくれませんね。なんでですかね。」

K先生「臼井さん1人に負担がかかりすぎなんじゃない。説明会いっぱい行って疲れてるんじゃないの」

U「でも事務の人も来てほしいですよね」 DSC00446

K先生「臼井さんに、来れない時は誰か他の人が来てくれるようお願いしてく れませんか、って頼めばいいんじゃない」

という話だったんで、臼井さんお願いします。

K先生、二次会で食べたイカおいしかったですね。いつも食べさせてもらってすいません。ごちそうさまでした。

プレゼンは14病院がして、各持ち時間は2分。

映像流しながら喋って、なんか映像と話がかみあってないなーと。

反省:①プレゼンをする時は、事前に映像をチェックしてから行きましょう。

②プレゼンの時間が2分と短いので、映像を流しながら喋る練習をしてから行きましょう。

感想:①研修医が来ている病院は、研修医の自由度が高い可能性が高い。

②研修医室や書籍の充実を図っている病院は、研修医に強く来て欲しいと思っている可能性が高い。

懇親会では沖縄出身の学生さんが仲良くしてくれました。

ありがとうございました。

よろしければ病院見学にもいらして下さいね。

また機会があれば説明会に行ってみたいと思います。


初めての研修説明会

2010年6月8日

初めての研修説明会

内科 吉田大輔

 

先日、研修説明会に初めて参加してきました。

6月3日に長崎で行われた説明会です。

長崎は、出身大学が長崎大学だったことと、妻の実家があることから第2の故郷です。

約半年ぶりの長崎はやっぱり良かったです。

 

さて、徳洲会の人間として研修説明会に参加したわけですが、

実はボク、あまり徳洲会のこと知りません。

もともと~会とかに興味ありませんし、

実際に働いている今でも徳洲会には思い入れやネガティブな考えももってません。

ので、今回は徳洲会というより、「大隅鹿屋病院」の宣伝に行ってきました。

 

初めてなのに何故かトップバッター。

しかもボクのプレゼンを臼井さんが聞いていない・・・。

徳洲会の良いシステムであるフィードバックができません!

ボクの行った説明が良かったのか悪かったのか、

改善すべき点があったのかは、もう誰にも分からなくなってしまいました。

臼井さんは福岡のホテルにボクの名刺も忘れてしまったそうで。

綺麗だから許してあげますけど、今度やったら許しませんよ!

 

ボクの特技はお世辞を言うことです。

 

さて、自己評価になりますけど、プレゼンの方はそこそこうまくいったんじゃないかと。

実際に働いてみて感じたことや、

有馬先生を始めとする、当院で研修をした・している先生が

どれくらい優秀であるかを惜しげもなくプレゼンしてみました。

 

10人もいる部活の後輩6年生は1人しか来てくれなかったですが、

他の学生さんとも少しは話せたので、宣伝は少しできたかなと思います。

見学に来れば、うちの良さは絶対に分かると思うので、

とりあえず見学に来てもらいたいですね。

 

また機会があれば説明会に行ってみたいと思います。


研修説明会

2010年3月15日
研修説明会
教育管理部 臼井之枝

3月13日(土)に、鹿児島県主催で鹿児島大学医学部向け春の臨床研修病院合同説明会が行われました。
当院からは、内科の堤先生と研修医2年次の有留先生が参加しました。

最初は、各病院研修医の先生が自分の病院の研修などのプレゼンテーションを6分で行いました。
なかなか、プレゼンテーションの6分という時間が守れず、随分と時間がずれ込んでしまいました・・・
大隅鹿屋病院のプレゼンテーションをしたのは有留先生でしたが、しっかりと時間を守り、内容もバッチリで、やはり参加病院では1番でした!!
というと、また『 臼井さん、親バカじゃないですか!』 と、研修医から言われそうですが・・・
本当にそう思いました。 DSC01552

写真を見てもらえば分かる通り、1人でプレゼンの練習をしていました!(感心です)

その後は、各病院にブースが設けられており学生さんがブースに来て話を聞くスタイルでした。
誰か来てくれるかな?と不安な気持ちを持ちながらブースへ移動。
すると早速、2名の学生さんが『 実習についてお話を聞かせてください』 と来てくれました!とても嬉しかったです。
堤先生と、有留先生が一生懸命にお話をしてくださいました。DSC01556
そして、なんと4月から入職予定の研修医まで一緒に参加してくれて、
1、    なぜ、当院を選んだのか
2、    どんなところが良かったのか
など、学生さんに話をしてくれました。
3名の医師で学生さんに話をしてくれて、とても話が弾んでいるようでした。

するとすぐにまた、学生さんがブースに来 てくれて、先生方はずっと話をしている状態でした。
約40分位しか時間がありませんでしたが、ブースに来てくれた学生さんにはしっかりと当院の研修や病院見学のことを伝えられたのではないかなと思います。

最後は、懇親会でした。
フェリーの時間などもあり、あまり長時間は参加出来ませんでしたが、とても有意義な1日を過ごせました。

堤先生、有留先生、溜渕先生(4月からの研修医)お疲れ様でした。
先生方の仲間が増えるといいですね!


4 / 41234