勉強会

臨床の現場に出て1週間目に、「腹痛」についてレクチャーを受けました。

外科の井戸先生が講師でした。

井戸先生1

救急の現場や外来等で、すぐに出会うであろう症状です。
教科書や実習では何度となく診てきたと思いますが、やはり医師となって直面すると「何?」「どうする?」と・・・・。
どうして良いか本当に分からなくなって来ます。

井戸先生2

そこで、やはり現場経験とこのような振り返りながらの勉強会は、今の研修医にとっては大変貴重な時間です。
また、井戸先生の講義は大変分かりやすく、歴代の研修医の先生方からも評判だったようです。

井戸先生3

指導医の先生方にとっても、朝は貴重な時間ですが、交代でレクチャーしてくださっています。
焦る気持ちを抑えながら、よく働きよく学び、早く現場で活躍出来ますように!