修了しました!!!!!

2年次研修医 溜渕昌美

2年間の初期研修を無事に終了することが出来ました。

皆様ありがとうございました。
 5年生の冬に初めて見学に来た時にはまさかこの病院で研修ができるとは思ってもいませんでした。そして3年目からもお世話になるとは、人生って何が起こるか分からないとこの年齢にして感じている所です。

 2年間で色々なことを経験することが出来ました。研修医としての手技はもちろんですが、社会人として人とのかかわりや出会いの大切さを学ぶことが多かったです。
徳洲会系列の病院の特徴として外病院での研修や、病院説明会があると思います。
研修として函館共愛会病院、札幌南青洲会病院、日野病院にいかせていただきました。
病院説明では全国色々な所にいかせていただきました。説明会には全国の徳洲会グループ病院の医師、事務担当者が集まります。1年生の始めのころは知らない人ばかりで、緊張していることが多かったです。

P3220169

しかし、少しずつ環境にも慣れて、知っている人も一人二人と増えて、今では他の病院の人たちとも交流が出来るようになりました。
それに、他の病院でお世話になった院長先生や指導医の先生にお会いした時には、『どう、元気にやってる?うちの病院にも見学においでよ。こんな研修をしているんだよ』など、立場を越えてフレンドリーに声をかけていただき、自分の病院だけではなくて、いろんな人に気にかけて頂いているんだなと実感します。また、もっともっとたくさんのことを知りたい、たくさんの人と出会いたい、経験したい気持ちが強くなり、更なる私の向上心を奮い立たせてくれる機会にもなりました。
 学生さんの勧誘ももちろんですが、自分の病院での研修では出会うことのなかった先生や事務担当者と出会い、話すことが出来ることは病院説明会に行く1つの楽しみとなりました。
 他にも震災の応援に東北に活かせていただいたことは私にとってとても貴重な大きな経験でした。震災のおそろしさを目の当たりにしたことや、被災した方々と直接関わることが出来たことはもちろんですが、同じように応援に来ていた全国の人と知り合うことができて良かったと思います。その時に出会った看護師さんが函館での僻地研修先でよくお世話をしてくれました。その時にであった薬剤師さんが横浜の研修の時に色々教えてくれました。その時にであった先生がもし何かやりたいことがあればいつでもうちも病院においでと声を掛けてくださいました。
人ってどこで繋がるか分からないものだなと感じました。
 人間関係を作っていくことがあまり得意ではない私にとって、震災の応援や病院説明会に出席することが出来るようになったということは、自分で唯一認められる成長した部分だと感じています。
本当に鹿屋病院に関わる皆さんに言葉では言い表せないほどお世話になりありがとうございました。

P3220162

初期研修を終了し3年目を迎えるにあたり、人は一人では何もできない、。。。おかげさま。。。という感謝の気持ちをいつも心に、2年前にマッチングで大隅鹿屋病院に決まったときの嬉しさと緊張感を忘れることなく、少しずつでも前に進んでいきたいと心を新たにしています。これからもどうぞよろしくおねがいいたします。
本日はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>