大隅鹿屋病院、帰還を前に①


2008年1月30日

大隅鹿屋病院、帰還を前に①

2年次研修医 有馬 喬

先日、我が母校である宮崎大学医学部より、臨床倫理がご専門の板井孝壱郎先生に

宮崎からはるばる来て頂き、講義をして頂いた。

…と臼井さんが先に書いてしまったので書くことがあんまり無い(-_-)

「白滝」だの「糸こんにゃく」だの言ってる場合ではなかった。

http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2008/01/post_48.php

板井先生が所属されているのは、宮崎大学医学部 社会医学講座 生命・医療倫理

学分野というところである。

http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/philosophy/index.html

近年どこの大学でも、学内の講座再編が行われ、所属名がやたら長くなって訳が分

からない。

やってる内容は変わらないのだが。

例えば当院で当てはめてみると…。

大隅鹿屋病院 栄養管理学講座 低炭水化物ダイエット学分野 教授 利光鏡太郎

    同院 国家の品格管理学講座 教育科学分野     教授 利光鏡太郎

(兼任)

といった具合である、・・・はい。

講義の方は普段、自分がどこか頭に引っかかってる部分をずばり突いてくる、いわ

ゆる痒いところに、まさに手が届く内容であった。

参加できなかった方はぜひ録画したビデオを見て頂きたいと思う。

医療従事者が抱える避けられない宿命を論理的に面白く語って頂いたので今後の業

務に何らかの助けとなるのは間違いないと思う。

さて、2月1日金曜日が何の日かご存知だろうか?

知っている人は知っている。

知らない人は覚えてね。

不肖ながら、かつての川南町の神童有馬が大隅鹿屋病院に帰還する日である。

http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2007/12/post_8.php

6月から病院を出て8ヶ月。

長かった。

こどもの発達で言えば、首が据わって、寝返りがうてて、ひとりで座れるようにな

るくらいの期間である。

有馬少年は神童であったので既に8ヶ月には言葉を発していた。

8ヶ月間のまとめはまた後日ということで。

ひとまずの報告として、入院してる子供に呼ばせようとした「アリマックマ」の名

称。

しかし、そう呼んでくれたのは木村先生が1回きりであった。

劉先生に至っては「先生は、何をたくらんでいるんだ?」と言っていた。

自分もまだまだである。

つづく。



研修説明会開催



2008年1月29日

研修説明会開催

教育管理部 臼井之枝

先生方が忙しく、ブログを書けない為、研修事務担当の臼井が書きます。

徳洲会グループ研修説明会が、1月25日の広島大学から始まりました。

先週末は、広島も雪が降っているほどの寒さでした。

もちろん、大隅鹿

屋病院も参加しました。

外科の田口先生がプレゼンをしてくれました。

広島大学医学部の学生の方に、案内をしようと大学に行きましたが・・・。

とにかく、私は寒いのが苦手で・・・。(゜゜)\

動くどころか、寒さに耐えるのに必死でした。

一緒に大学に行った他病院の事務担当の方には、申し訳なかったです。(ごめんなさい)

写真は、昨年の研修説明会の風景です。

説明会に参加される学生さんは、真剣に話を聞いています。

大隅鹿屋病院の現在の研修医の先生方も、この説明会で出会いました。

熊本大学卒の城戸先生は、説明会会場に一番最初に来て、一番最初に帰って行ったのが印象でした。

帰り際に、実習の申し込みだけして、さっさと帰りました・・・。

宮崎大学卒の有馬先生は、とにかく愛想が悪かったのが印象でした。(^O^)

本当に愛想が悪かったので、実は、本当に実習に来てくれるとは思っていなかったです。

1年次の田頭先生は、有馬先生とは逆でとても好印象でした。田頭先生とは、5年生からのお付き合いです。

この、研修説明会が始まると、ついつい、先生方の学生の頃を思い出してしまいます。歳かなぁ?

こんな風に言うと、『おばさんはおばさんだから、しょうがない。おばさんの相手をしている暇は無い!』って、言われるでしょう。(ほぼ毎日の様に言われています)(^_^)

今年は、また沢山の学生さんと出会えるか楽しみです。

説明を聞く側から、現在は、学生さんにプレゼンをする立場となりました。

立派になったなぁと、目頭が熱くなります。(+_;)

現在、決まっている日程は下記の通りです。

是非、このブログを読んでいる学生の方、参加してみて下さい。

大隅鹿屋病院だけでは無く、徳洲会グループ病院の各病院が参加します。

問い合わせは、 kanoya-ikyoku@kanoya-aishinkai.com

教育管理部 臼井までご連絡下さい。会場・説明会時間等お知らせします。

下線が引いている説明会に、現在、大隅鹿屋病院が参加する予定です。

3月の説明会は、今から研修委員長の木村先生と話し合いを行い決定する予定です。

2月1日(金)三重大学   2月8日(金)弘前大学  2月13日(水)鳥取大学

2月15日(金)名古屋   2月16日(土)高知大学  2月18日(月)浜松医科大学

2月21日(木)福井大学  2月22日(金)旭川大学  2月22日(金)富山医科薬科大学

2月29日(金)札幌・北海道大学   3月2日(日)民間医局セミナー(大阪)

3月5日(水)神戸大学   3月8日(土)岡山大学 

3月9日(日)民間医局セミナー(福岡)初期・後期研修合同

3月14日(金)愛媛大学   3月21日(金)筑波大学

全国の学生さん!お待ちしております。



鼻からこんにゃく出た~♪(これでピンと来たら木村先生並み)


2008128

鼻からこんにゃく出た~♪(これでピンと来たら木村先生並み)

2年次研修医 有馬 喬

昨日、コンビニでおでんを買った。

先日のこともあるので、今回は半纏(はんてん)を着て行っていない。

http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2008/01/post_43.php

糸こんにゃくを買った。

「糸こんにゃく」と「白滝」の違いと考えたことがあるだろうか?

一般に、関東では「白滝」、関西では「糸こんにゃく」と呼ぶ。

かつて江戸時代の頃は両者の作り方は異なっていた。

以下に簡潔に記す。

【関東地方(白滝)の作り方】

こんにゃく芋からできた粉を練って糊状にする。

小さい穴の開いた板から、「ところてん」みたいに、むにゅ~って押し出して出

来上がり。

【関西地方(糸こんにゃく)の作り方】

普通に板状のこんにゃくを作る。(どうやって作るかは各自検索)

ひたすら細く切って糸状に叩き切って出来上がり。気合である。

現在は「糸こんにゃく」も「白滝」と同じように、こんにゃく粉を練って糊状にし

て、むにゅ~って押し出す作り方をしているので、製造段階で両者の差は無い。

まとめると、江戸時代は似て非なるものであったが、現在は呼び方が違うだけで同

じものということである。

もちろん地方によって混ざってるものが違う場合はあるだろう。

実はおでんのダシも全国展開するコンビニでは地方によって異なっている。

以下、某コンビニエンスストアの2006年度の資料である。

北海道:かつお節+利尻昆布+いわし節

東北・信越:かつお節+利尻昆布+煮干+宗田鰹節 

関東:かつお節+利尻昆布

東海:かつお節+利尻昆布+むろ節 

関西・中国:かつお節+真昆布+牛肉だし 

九州:かつお節+利尻昆布+鶏肉だし

 

200789月は精神科研修で横浜に行ったが、確かにぜんぜん味が違った。

見たことない具の入っていた。

そして、あるはずの具が入ってなかった。

「豚軟骨を。」

と頼むと。

「は?」

「いや、だから豚軟骨。」

「牛スジですか?」

(そりゃ、牛だろ。豚ですらないじゃん・・・。)

関東のコンビニには豚軟骨が無かった。

真夏におでん食べようとするのもどうかと思うところではあるが。

それはまた別の話。

おしまい・・・。

おっと、タイトルの説明を忘れていた。

じつは、からしをたっぷり付けて、糸こんにゃくをすすったら、ムセこんで、鼻か

ら飛び出しただけである。

別にたいしたことではない。

ただ、鼻と口はつながってるんだなぁ、とのん気に考えている余裕はなかった。

おしまい。



倫理の教育講演

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>style=”FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”
xml:lang=”EN-US”>2008年1月26日

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>倫理の教育講演

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>教育管理部 臼井之枝

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>style=”FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”
xml:lang=”EN-US”>1月22日(火)、

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>宮崎大学 医学部 社会医学講座 xml:lang=”EN-US”> 生命・医療倫理学分野  
准教授
“FONT-SIZE: 10pt; FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”> “FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>板井孝壱郎 先生

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>を招いて医療倫理の勉強会を行いました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>height=”204″
alt=”blog20080128-usui”
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080128T054621109.jpg”
width=”287″
align=”right” />

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>職員xml:lang=”EN-US”>190名参加しての講演でした。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>勿論、有馬先生、田頭先生も参加しました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>横浜にいる城戸先生だけが、不参加!!

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>って書いたら、『そんな事言うけどねぇ、ぶっちゃけ無理でしょう!!』
と言われるでしょうね。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>ちなみに、木村先生は人の多さに、中で講演を聞くことが出来なかったらしいです・・・
・(残念)

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>『医療倫理』といえば、難しい・・・・と考えがちですが、ところどころに、
笑いが入り、なごやかな雰囲気でした。実に、先生のお話が楽しかったです。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>貴重な講演を聞けて、良かったと思っております。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
勉強会なのに『なんか、面白かったね』と話しながら、階段を下りて行かれる看護師さん達がいました。講演会終了後、
アンケート調査集計を行いましたが、やはり、好評でした。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
板井先生、本当にありがとうございました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
講演の依頼も、快諾して頂けまして、感謝致しております。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
また、是非、宜しくお願い致します。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>style=”FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”
xml:lang=”EN-US”>2月に入ったら、症例発表や勉強会などなど、盛りだくさん準備しています。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>有馬先生のブログにもあったように、医局の勉強会も行うようになるので、去年と同様、

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>『またぁ、勉強会!?』と文句を言いながら、参加する事でしょう。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
今後も、院内の教育委員会としても、臨床研修委員会としても沢山の教育講演会を開催出来る様に努力したいと思います。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

 


紅(くれない)だー!(「べに」ではない。)

2008年1月25日

紅(くれない)だー!(「べに」ではない。)

2年次研修医 有馬 喬

唐突なタイトルであるが、X-JAPAN復活の喜びを表現しようとしたら、こう叫んでし

まった。

「紅」はX-JAPANの代表曲のひとつである。

以前お話したように、自分の笑いの原点は「ドリフターズ」である。 height=”167″
alt=”kurenai20080125-001″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080125T104336546.gif”
width=”288″
align=”right” />

一方で、音楽性の原点は「X-JAPAN」である。

奇抜な格好で、激しくも美しい旋律、そしてどこか悲しさを含む歌詞。

10年以上経っても色褪せることはない。

1997年12月31日、高校生だった有馬少年は東京ドームでこのバンドと別れを告げた

ライブのエンディングで「Tears」という曲が流れた。

有馬少年が中学1年生の時の3年生が卒業式で退場する時の曲がこれだった。

少年は退場する3年生そっちのけで、この曲に聞き入っていた。

それが最初の出会いだった。height=”204″
alt=”kurenai20080125-002″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080125T104337953.gif”
width=”300″
align=”right” />

卒業式後の掃除をほっぽらかして、友人とCDを買いに行った。

(翌日、掃除をサボったとして、2人とも、ひっぱたかれた挙句、武道場の噴き掃除

を命じられた。)

ただ、X-JAPANっていうバンドらしいよって情報だけで飛び出すとは少年もまだまだ

若かった。

当時のCDはまだ、シングルは8cm、縦長のパッケージで、CDをはめるプラスチックの

下半分て何のためにあるのかね~?とか思っていた時代である。パキッて半分に折っ

て手裏剣にしたのは自分だけではないはずである。

その時、友人が「Tears」のCDを見つけた。

「え!?眼?」

「うわ!ちょ、この頭ヤバくね?これ買って帰ったのを親が見たら、息子が不良にな

ったって思わんかな?」

「ていうか、YOSHIKIってバラ??」

このCDが発売された当時、「青いバラ」は地球上には存在しなかった。

現在「青いバラ」はサントリーが開発に成功している、おそらくこの頃は開発チー

ムが結成された頃だったと思う。

このCDを買った夜、少年はこの曲の再生を止めることができなかった。

その夜は、寝てる間もかかりっ放しだったと思う。

それほどの衝撃だった。

ちなみにこの曲は、作曲者であるYOSHIKIが自分の亡き父を歌ったものと言われてい

る。

実はライブのエンディングでもう1曲バラードが流れた。

「Unfished」という曲である。

おそらく、「まだXは終わっていない。いつかきっと帰ってくる。」と少年は信じ東

京ドームを後にした。

そして、1998年5月2日。

X-JAPANのギタリストHIDEが突然の自殺。(真相は分からないが…)

永遠に復活の可能性を絶たれ、少年は流れる涙を抑えることができなかった。

しかし、2008年1月20日、X-JAPANの復活ライブの発表があった。

解散して10年、少年も少し大人になった。

止まったままだった時代が再び流れ出した瞬間だった。

(ヴィジュアル系のバンドでは「時代」と書いて「とき」と読むことが多い。)

X-JAPANはある意味、自分の心の支え的存在である。

話は現実に戻すが、2月から大隅鹿屋病院に帰る。

診療業務のみならず、この病院にとって、そんな心の支え的存在にいつか自分もな

りたい。

今日は、かつてなんちゃってヴィジュアル系バンドだった自分らしく終わってみた

おしまい。


は~、今日も寒い。

2008年1月24日

は~、今日も寒い。

2年次 城戸 淳

 

とうとう日野病院での精神科研修も今週いっぱいとなりました。

昨日は、看護師を始めとするコメディカルの方と勉強会を開きました。

一応、講師ということでいろいろとスライドをパワーポイントで作って講演しましたが、
結構自信作というスライドはいまいちウケが良くなくて、ある意味力作でないところでみんなほめてくれるので、よくわからんって感じです。

最後のスライドなんか、自分の病院の宣伝もかねて、「鹿屋では、いろいろ有名な品(焼酎、桜島など)、有名な人(横峯さくら親子、
柴田亜衣ばど)いますが、何といっても有名なのは僕が尊敬する井戸弘毅院長が一番です。」と言って、
顔写真と病院の写真まで見せて決めたはずなのに、いまいち反応良くなかったです。むしろ、みんなそこには触れず無視です。完全に失敗でした。

しかし、まあ今となってはどうでもいいことです。今までここで研修してきた先輩のおかげ?もあって、
みなさん大隅鹿屋病院の先生は印象深いようでよく話題にあがり、こちらの病院に対して好意的でした。
うちの病院を知ってもらうのはけっこううれしいもので、これからもいい印象をもってもらいたいと思います。それでは、
最後のひと踏ん張りしますかね・・・・

 

 


セールスマンとの共通点

2008年1月23日

セールスマンとの共通点

研修委員長 木村 圭一

 失敗談ばかり書いているので、恥ずかしい気もしますが、、、、はい。

 私が研修医になった頃は、今話題のC型肝炎がやっと分かり始め、インターフェロン治療が始まった時でした。
当時は肝硬変になってしまっている人にはインターフェロン治療をしない事になっていたので、肝生検が必須でした。指導医の先生達は、
医者になったばかりの私に全部その処置をさせてくれました。他の先生は忙しかったからとは言え、良く素人同然の私にさせてくれたな、、、、
と思います。

 時々、検査結果が「皮膚です」なんてのもあり、肝生検に慣れてきた頃の話です。

 ある患者さんが私の肝生検を受けるために入院してこられました。入院する時には、
入院する病気と直接関係なくてもレントゲンとか尿検査をします。やった検査は全部見ないといけませんから、、、、
レントゲンを見ると胸水が少し溜まっています。指導医の先生と相談して心エコーをしました。拡張型心筋症の疑いと言う事でした。

 循環器の先生に相談し、心臓カテーテル検査をする事になりました。病状説明をしましたが、患者さんは、
そんな検査は受けたくないと言うのです。そうですか、、、じゃあ仕方ないですねと答え、循環器の先生に報告すると、それはいかんでしょ!
絶対必要だよ!と言われました。再び循環器の先生が説明すると、患者さんはそういう事なら受けますと言うのです(+_+)。

 後で指導を受けました。「医者はセールスマンと一緒なんだから」と言われました。自分が売る商品に関してはきちんと知っており、
素晴らしい商品なんですよ!と思っていないと売れません。私は、心臓カテーテル検査の必要性について理解していなかったから、
患者さんに伝わらなかったのです。確かに、何故症状もなくて、たまたま見つかっただけなのにカテーテル検査なんてしなくちゃいけないのか?
と思っていたのでした。

 色々な指導医の先生に教えて頂き、感謝すると同時に、今の自分は当時の指導医みたいに、
あるいはもっと優れた指導医になっているかな、、、、、と思います。


男の勲章

2008年1月22日

男の勲章

2年次研修医 有馬 喬

先日、川南病院の開院祝賀会に参加させて頂いた。

川南とは宮崎県の太平洋側の真ん中辺りにある町である。

人口は約17000人、一時期18000人くらいいた気もするが。

畜産を中心に農業の盛んな町である。

比較的歴史の浅い町で日本三大開拓地(他、青森県十和田市、福島県矢吹町)のひと

つと言われ、開拓者の多くは県外の出身、「川南合衆国」と呼ばれることもある。

“The United States of Kawaminami”である。(…なんか格好いい!)

かつて、大日本帝国陸軍の落下傘部隊の訓練地であった。

また、この時、部隊が使用した給水塔がたまにテレビに映る。

この町には「トロントロン」というへんてこりんな地名がある。

カタカナである。

昔は葉書に「トロントロン」と書いたら少なくとも、川南町郵便局までは届いてい

たとの噂があった。

小学生の頃、有馬少年は「トロントロンの由来」を調べて社会の授業かなんかで発

表したことがある。

その由来には有力といわれるのが2つある。

①西郷隆盛が西南戦争からの帰り道、この地域を通った時、ぬかるんだ地面を「ト

ロントロンしてる」と表現したことからきている説。

②湧き水があって、小川となって流れるときに水の音が「タランタラン?ドロンド

ロン?(トロントロン)」と聞こえたという説。

どっちもにわかに嘘くさいがまあ、よしとしよう。

いずれにせよ、幼少期の有馬少年が育った町ということだけ記憶していただければ

結構である。

さて、開院祝賀会には他病院の院長先生も数人参加されていた。

当院からは看護部長さんと事務長さん、事務次長さんが参加されていた。

祝賀会の最後の方に参加された各病院の院長紹介があった。

地元であるということで自分も前に出なさい、との事だった。

3人の院長先生達と、なぜか自分。

「あの若造はどこの院長だ??」的な目線が痛かった。

研修医の頃の木村先生だったら、こんなことはなかったかも知れないと思いつつ挨

拶の順番を待った。

理事長の弟である徳田孝徳先生に紹介して頂いた。

「20年後の川南病院院長の有馬喬先生です!」

「・・・。いや、それはちょっと~。」

なんて思ってると、数人の話し声が上がる。

「たかし君ね??」

「あら!ホントじゃが。」

「ま~。有馬さんとこの。」

「へ~」。

・・・。

「しまった。ここは地元だった。」

自分の知り合いも、親の知り合いもたくさんいる。

まさかとは思ったが、こんなところで会うとは。

しかし、有馬少年の幼少期の呼び名である「たあくん」と呼ばれなくて本当に良か

った。

3人の院長先生方の立派な話の後で、しかも知り合いがいたとあっては、「男☆有

馬!」一発決めねばと思い、ちょっと大きな事でも言ってやろうと思い以下の挨拶を

させて頂いた。

「若輩者の自分は、若輩者ゆえの分をわきまえない発言も時にします。

しかし、その発言も日本の医療をよくしようという熱い思いから出る発言です。

今日は大変失礼ではございますが、2つの分をわきまえない敢えて発言をさせて頂き

ます。

ひとつめ、私の研修させていただいている病院は大隅鹿屋病院といいます。

本日お祝いの花も届けさせていただきました。

しかし、漢字が間違っております、「大隈鹿屋」となっております。

どこの業者さんですかね?

ふたつめ、先ほど院長先生方が救急車のたらい回しについて触れらました。

自分はまだ卒業して間もないですが、あと何年かしたら「救急車は黙って全員俺の

ところに連れて来い!」と言えるような医師になります。

川南病院とはいい関係を持ちつつ、「この地域の救急車は全車任せとけ」的病院に

したいと思います。よろしくお願いします。」

ちょっとお調子に乗りすぎたか、既に院長にでもなったかのような発言をしてしま

った。

若干やりすぎたかもしれない。

「まあいいか。たまには。」と思った。

壇から降りる時、徳田秀子副理事長からこう言われた。

「先ほどの挨拶、ビデオにとってありますので、理事長に見て頂きますね。期待し

てますよ。」

硬い握手を交わしてしまった。

「・・・。ビデオに撮ってるって聞いてねーよ↓↓」

このままだと、単なるホラ吹きになってしまうので、2月からまた大隅鹿屋で頑張ろ

うと思いながら岐路に着いた。

おしまい。


部屋と半纏(はんてん)と私

2008年1月21日

部屋と半纏(はんてん)と私

2年次研修医 有馬 喬

その日は、久しぶりの冬らしい夜だった。

半纏(はんてん)をはおり、こたつでみかんを食べていた。

大きいみかんより、小さいみかんが好きである。

小さいみかんは味が濃い。

皮を剥くのは難しいが…

そういえば、「みかんを1日に2-3個食べると、冠動脈疾患を有意に減らせる」というエビデンスが出たらしい。

しかし、みかんをあんまりたくさん食べると、体が黄色くなる(柑皮症)。

黄色くなっても食べるのを止めればいい話ではあるが。

黄色くなるのはカロテン(ビタミンAの前駆物質)という成分のためである。

カロテンは油に良く溶ける。

従って、脂質異常症(以前の高脂血症)のある人は、カロテンがよく血液に溶けて流れて行き、身体に沈着するので黄色くなりやすい。

一方、黄色くなるのがみかんのせいでは無い場合(肝胆道疾患による黄疸)はしっかり検査しないといけないので、
黄色い方は受診をお勧めしたい。

国家試験前なので、ついでに…

脂溶性(油に溶ける)ビタミンはA,D,E,Kだけである。

覚え方は、「友達は油DAKE(だけ)!」 

オロナミンCに入っているビタミンBとCなどは水溶性である。

飲んだ後の黄色いおしっこはビタミンBの色である。

着色料の色ではない。

ところで、半纏は風呂上り身体、特に背中を冷やさないところが実にすばらしい。

自分の体温を逃がさないことで体が自然なぬくもりに包まれる。

暖房なんて要らない!(…ってことは無いが)、暖房の温度は低く設定できるので電気代も少しは安くなるのではないか。
(よく付けっぱなしで寝て、朝声がらがら…)

未来の子供達にも是非残してあげたいものの一つである。

昔、飼っていたパグ(中国原産の犬)が半纏を着てお昼寝している有馬少年の暖かい懐に入ってきた事がある。

起きたら涎でべっちゃりんこだった。

有馬家に飼われる犬として全く不届きな犬である。

ちなみに、犬を黙って部屋に上げてそのままにしたのは有馬少年の弟であった。

有馬家の次男として全くもって不届きな奴である。

話を戻すと、年末に半纏のままコンビニに行ったら以前外来で診ていた患者さんに会った。

「あら、先生、お久しぶり!最近いないけどクビになったの?」

大きなお世話である。

「なんか田舎の人みたいですがよ?」

結構大きなお世話である。

「その姿で買い物袋持ったら、奥さんの尻に敷かれる旦那みたいだが。」

かなり大きなお世話である。

「女性の品格」家に送りつけたい衝動を抑えた。

その患者さんは糖尿病である。

ペットボトルのジュースが大好きな方だった。

「ペットボトルのジュースは飲んじゃいけませんよ。」

と外来で何回も説明した記憶がある。

「先生が、ペットボトル飲んじゃダメって言うから、パックのジュースに変えたんですよ。でも少ししか入って無いから本数増えちゃって。

・・・。

意味ねーじゃん。

しかし、言葉足らずな外来をしていた事が情けなかった。

「甘いジュースは飲んじゃダメです。」と、「奥さんの尻に敷かれる旦那」風の半纏姿で説明しても聞いてくれるかなと思いつつも、
まだまだ未熟だった自分の外来を反省した。

外来は入院患者さんと違って、ゆっくり説明できない事も多く、限られた時間の中で、最大の効果を得る説明はなかなか難しい。

あんまり早く切り上げようとすると、冷たい印象をもたれ、だらだら話すと待ってる人がイラついてくる。

帰り道。

やさしい光を放つ白い月。

その光に照らされる白い吐息。

「何でもないような事が~幸せだったと思う~♪」(THE虎舞竜 「ロード」より)

と歌いたくなるのはみんな同じ。

しかし、「ロード」のPV(Promotion Video)、白い息が素敵であるが、結構つばぺっぺである。

ちなみに、友人で「イソジンは塗布した後、乾かないと消毒の効果が無い。」と先輩医師から指導され、「フーフー」した強者がいる。

それじゃ、やっぱり、つばぺっぺである。

買い物袋の中にはおでん。

白滝を買った。

まあ何でもそうだが、良く噛まないと、食餌性イレウス(腸閉塞)の原因となる。

「白滝による食餌性イレウスを呈した医師例」と発表されたくないのでしっかり噛んだ。

おしまい。

 


患者さんの前では研修医も指導医もありません

2008年1月19日

患者さんの前では研修医も指導医もありません

研修委員長 木村 圭一

 私が初めて受け持った腎臓癌の患者さんの話です。というか腎臓癌の患者さんは一人しか受け持った事がないので、唯一の患者さんです。
その方は、ある病気で通院されていて、たまたま胸部レントゲンを撮影したら多発転移が見つかり、その原発巣を探すために入院され、
内科研修中の私が受け持たせて頂きました。

 原発巣を探すと言っても特別な事はありません。腹部エコーをしたらすぐに分かりました。腎臓に腫瘤を認めると言う訳です。
今だったらそれ以上何もしないのかも知れませんが、私の勉強と血管造影手技の訓練(と言ったら有馬先生に叱られそうですが)のためでしょう、
血管造影をする事になりました。

 病状説明も私がさせて頂きました。「血管造影をしたら癌かどうか分かるから」という説明をしました
��もちろん自分で考えたのではなく、指導医の山田(仮名)先生にこう話なさいと言われたのです)。
話をした事もなかったこわ?い泌尿器科の林(仮名)先生に相談し、血管造影当日になりました。患者さんが検査室へ来られるまで、
林先生の試問がありました。

 手技を最初から説明しなさいと言うのです。こわ?、、、、まず両鼠径部を消毒して
��一方が入らない時に反対にするので両方消毒すべしと私が読んだ本には書いてあったのです)、局所麻酔をして、
穿刺をしてガイドワイヤーを入れて、、、、、と。一生懸命読んだので完璧だったと思います。林先生の顔が笑顔になり、よし!
君にやってもらおう!しかし、今はシースと言う最新の器具があるから、それも使おう!(シースと言うのは説明するのは難しいですが、
別に最新でも何でもなく、私の読んだ本が古すぎたからだけでした)と言われました。嬉しかったです。初めて血管造影は無事に済み、
やはり癌であろうと言う結果でした。

 患者さんにはやはり、結果はどうだったのかと聞かれました。どう説明して良いか分からず、
今日は結果が分かりませんからと逃げてしまいました。指導医の山田先生に押し付けようと思った訳です。しかし、
山田先生からは先生から説明しなさいと言われました。しかし、私は逃げ続けてしまい、患者さんの元へはあまり行かなくなってしまいました。
指導医の山田先生は、私とは別に毎日診てくれていたのですが(癌だと言う説明もしてくれたのかも知れません。
昔の話なので忘れてしまいました)、ある日患者さんが退院すると言って聞かないと看護師さんから言われました。

 患者さんによれば、木村先生が毎日来てくれなくなったので、自分は見捨てられたんだと思う、、、
だから温泉でも行って治しますと言うことでした。私の気持ちの中には、自分は1年目の何も出来ない研修医だから、
自分には責任はないので指導医の先生がちゃんと診てくれているから、、、と言うのがありました。しかし、
患者さんにとっては私の方が重要な医師だったのでしょう。非常に申し訳ない事をしました。もともと肺に転移があった方ですので、
たぶん亡くなったのでしょうが、今でも血管造影をさせて頂く時にこの患者さんの事を思い出しますし、
研修医の先生達にも自分が指導医よりも重要な医師であると言うつもりで接するように話しております(よね、皆さん、していないかな)。

 患者さんにとって目の前に現れる白衣を着た男性(女性は看護師さんと言われる事が多いですね)はみんな医者で、
ベテランも初心者もないと言う事をよく覚えておく必要があります。

 この話、記事にしたような気もするのですが、、、、もし重複していたら笑ってやって下さい。最近物忘れが激しいので、
頭部CTを本気で撮ってもらおうかと考えています(^.^)。


1 / 3123