はじめまして、教育管理部 臼井です。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
はじめまして、教育管理部 臼井です。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
私も、ブログに参加させていただきまぁす。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
自己紹介から・・。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
研修の事務担当をしています。研修医から『うるさいばばぁ』と呼ばれています・・・。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
しかし、研修医は皆、かわいい(?)ので、笑顔で許してあげています。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>xml:lang=”EN-US”>”Century”>11“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>月xml:lang=”EN-US”>”Century”>18“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>日
��日)、大隅鹿屋病院の健康祭が行われました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
今年は、去年と同様、豚の心臓を使って心臓の模擬手術を行いました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
今年は、加えて、井戸院長の医療講演と腹腔鏡手術のシミュレーターを使用の体験などもありました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>xml:lang=”EN-US”>”Century”>17“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>日の夕方と、
xml:lang=”EN-US”>”Century”>18“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>日と、
鹿屋市内の医学部を目指す高校生、医療に興味のある高校生など沢山集まって頂きました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
丁度、木曜夜
xml:lang=”EN-US”>”Century”>10“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>:
xml:lang=”EN-US”>”Century”>00“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>から
『医龍』というドラマの放映があるので、皆さんかなり興味を持って見て頂けました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
特に人気が高かったのが、ドラマの影響か・・・・・・

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
『臨床工学技師』が行う、人工心肺も学生の人だかりが出来ていました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
無事に済んで良かったです・・・・。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
研修医は何をしていたかというと、
xml:lang=”EN-US”>”Century”>2“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>年次の城戸先生は、
長崎で日本内科学会の地方会で学会発表を指導医がついて行っていました。
“EN-US”
xml:lang=”EN-US”>”Century”>2
“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>年次の有馬先生は、
シミュレーターの講師という大役があったけれども、産婦人科研修中という事で、緊急呼び出しで・・・。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>xml:lang=”EN-US”>”Century”>1“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>年時の田頭先生は東京で、
徳洲会の中間研修会でした。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
来年は、研修医で何かが出来るといいなぁ!

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
今年マッチングでマッチした
xml:lang=”EN-US”>”Century”>2“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>名!
��来年、楽しもうね!

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
少し疲れた
xml:lang=”EN-US”>”Century”>1“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>日でした。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

height=”240″
alt=”kenshui-blog20071119-001″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165024343.jpg”
width=”239″ /> height=”239″
alt=”kenshui-blog20071119-002″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165025703.jpg”
width=”252″ />

height=”228″
alt=”kenshui-blog20071119-003″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165026343.jpg”
width=”228″ /> height=”215″
alt=”kenshui-blog20071119-004″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165026890.jpg”
width=”263″ />

height=”172″
alt=”kenshui-blog20071119-005″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165027578.jpg”
width=”252″ /> height=”180″
alt=”kenshui-blog20071119-006″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165028125.jpg”
width=”263″ />

height=”204″
alt=”kenshui-blog20071119-007″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165028593.jpg”
width=”272″ /> height=”203″
alt=”kenshui-blog20071119-008″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20071119T165029109.jpg”
width=”300″ />


みなさん、こんにちは。大隅鹿屋病院の有馬です。

みなさん、こんにちは。大隅鹿屋病院の有馬です。

6月から研修で病院を留守にしてるので、病院の人たちに忘れられていないか最近心配です。

さて、今は鹿屋医療センターの産婦人科にお世話になっております。産婦人科は命の誕生の瞬間に立ち会える科であり、
すばらしいと思います。

そんなある意味、神聖な場所で、大隅鹿屋病院の方はよくご存知の僕の同期である彼は、最近小島よしおにはまっており、「うぇーい」
と言って話しかけてきます。

ただでさえ、人様の病院で気を遣っている僕に、顔を見るやいなや、いきなり「うぇーい、ひゃっ、ひゃっ、ひゃ!」です。

何の抵抗もできません。

周りの看護婦さんは失笑。

僕も笑うしかありません。

彼の目的は何でしょう?

もしかしたら僕を陥れようとしている可能性も否定はできません。

そんな彼との付き合いも、早1年半となりました。

今回初めてブログというものを書きました。機会があれば彼との思い出を少し紹介していきたいとも思います。では、また。


研修医のブログ

size=”2″>みなさん、こんにちは、大隈鹿屋病院2年次研修医の城戸淳です。

 

 

size=”2″>2年目の研修もあと半年を切るようになりました。現在、僕は小児科研修を行っています。
小児科はむちゃくちゃ忙しいというイメージがありましたが、実際は忙しくありません。むしろ、
忙しくしては駄目でのんびりしてないと駄目です。時間外の外来の対応も多いので、
短時間で仕事が終わることはあまりありません。あと、病状の説明とかもいろいろと大変です。

size=”2″>最近はまっているのが、小島よしおです。

 

 

size=”2″>よく同期の有馬Drと一緒に会えばいつも「ウェ~」と言い合っています。しかし、
はまっているのは僕等だけではないようです。看護婦さん達も仕事がうまくいかないときには「ウェー」
と言い合っているのを耳にしました。

 

 

size=”2″>そこで僕はyouたちも「ウェ~」と言うんだねと質問すれば、あんなのと一緒にしないでと言われて、
「本当は好きなくせして」と思い、ちょっといきどうりを感じました。

 

 

size=”2″>でも、別のお気に入りの看護婦さんに、「ウェ~」と言ったら、「ウェ~」
のノリにあわせてくれるのでちょっと幸せでした。また、入院している赤ちゃんもよく診察の時に「ウェ~」と言ってくれます。
上級医にこのことを報告すると笑いながら「違うよ」と言いましたが、僕にはやっぱり「ウェ~」と言ってくれています。

 

 

size=”2″>僕は、ここで提唱したいのが、あらたに乳児の意識のスケールとか機嫌の具合に「ウェ~」
と言えるかを項目にいれるといいと思います。僕は、今現在、小児科医を専門にしようと思っていますが、
いい診断基準ができたと思ってこれからも「ウェ~」を聞いていこうと思います。(おそらく、
髄膜炎を疑ったときの腰椎穿刺の適応を決める時にも使うでしょう。いや、絶対使いますよ)。

 

 

size=”2″>それでは、僕のつまらないブログに付き合っていただきありがとうございました。次は、
有馬Drが書いてくれるので、僕はどんなおもしろいことを書いてくれるかちょっと楽しみです。では、では。


66 / 66« 先頭...102030...6263646566