4月からは…

 
2011年2月8日
1年次研修医 溜渕昌美

                                                             日IMG_4319曜日、当直でした。

患者さんが一般外来も来られていて、そんな中で救急車が2台重なったりしました。
救急車にかかりきりで一般外来の方にいけないでいると、一緒だった先生に、
『指示出したら次を診ないと。いっぱい待たせちゃってるよ。4月から1人だよ。』と言われました(・_・;)
もたもたしていると、ペアの先生に頼ってしまう部分があるので、いつまでも甘えていたらいけないなぁとつくづく感じました。

IMG_4331
しかし、4月から1人…。
すぐに相談できるとはいえやっぱり1人…。
ほんとに大丈夫なんだろうか…(焦)

でも、大丈夫!
指導医の先生方から沢山指導を受けているので!きっと大丈夫!
これから2ヶ月間、さらにしっかり頑張ろうと心の中で強く思いました★

ある日の夕方の出来事

H23.2.5
1年次研修医 小川 絵奈

担当の患者さんが38度の熱を出されました。
いろいろ調べて、内頸静脈に留置している中心静脈ラインからの感染の可能性が高いのではないかと考えました。(内頚静脈は首にある太い静脈のことです!中心静脈ラインとは太い静脈から行う点滴の管のことです☆)
なので、感染の原因となっているだろうその管を抜こうとしましたが
検査が出そろったのは夕方で、看護師さんが一番忙しい時期でした。
いつもなら看護師さんにお願いして手伝ってもらうのですが今日は申し訳ないなぁと思い、自分で器具を準備していました。
でも、いつも準備していないのでどこに何があるかわからずにもたついていると
ある看護師さんが
「先生、何探しているんですか??私、手伝いますよ!」
と言ってくださいました。
本当にありがたかったです。
おかげでスムーズに事が運び、今では患者さんの熱は下がりました。
その後、せめて後片付けはしようと試みましたが、普段捨てなれないものだから、またまたもたついていると、
別の看護師さんが
「先生、何しているんですか??私捨てておきますよ!!」
なんとうちの看護師さんは優しい人ばかりなのでしょう(;△;)!!

まだまだ駆け出しの研修医にとって、上級医だけではなく看護師さんも大事な先生になります。私は医療のことだけでなく、生活のこと(化粧とかなど(笑))など、日々いろいろなことを教えてもらって可愛がってもらってます。本当に優しい人ばかりで、なかなかこんな病院はないのではないでしょうか?
まだまだお役には立てないけれど、せめてオーダーの出し間違いには気を付けようと思っている今日この頃です。。。

菜の花マラソンに参加しました!!

2011年1月15日
1年次研修医 溜渕昌美

 といっても救護でですが…(^_^;)

1月9日に指宿であった菜の花マラソンに救護班としていってきました。
私の配置はドクターカーでした。25km地点まで先導車として走り、そこで待機し、本部から連絡が入ったところに向かうということでした。
すごい怪我とか、重症患者さんがでたらどうしよう!?と内心ヒヤヒヤでした。
雨も降っており、低体温の方や、マメがつぶれたという方などはおられましたが、幸い、参加者は皆さん無事に走られたようでした。

 大隅鹿屋病院からも十数人ランナーとして参加されたようです。医局からは外科の利光先生、奥田先生、研修医の今井先生が走っていました。ドクターカーの前で皆のかっこよく走る姿を応援しました。
まずは奥田先生。いやぁ~、速い速い!!そしてなにより楽しそうでした。沿道で応援していたら、隣の女性に『あの方、先生なんですか!?すごい速い!!練習とかしてるんですか?』と聞かれました。やっぱり普通はそう思いますよね、うん。
 つぎに来たのは利光先生。キツイよといいながらも私達には笑顔を見せて下さいました。しかも何人か抜いてたし。
 そして研修医代表(?)今井先生。でしたが、このときはちょうどドクターカーで現場にむかっており、応援することができませんでした。ごめんよ…。
 3人の先生、お疲れ様でした。院内とは違う姿がみれました。
とってもかっこよかったです♪

 結局、私がしたのは応援と、休憩所のランナーにエアーサロンパスをふりまっくったくらいでしたが、院外で活動できたのはとてもよい経験になりました。
ランナーとして、救護として参加された皆様、ほんとにお疲れ様でしたm(_ _)m

*写真は、また後日アップさせていただきます

研修管理委員会開催

2011年1月12日
研修事務担当

昨日1月11日(火)は、急遽、研修管理委員会を開催する事になりました。
それはなんで急遽開催になったかというと・・・・

・12月に開催する予定がずれてしまったと いうこと。
・鹿児島県初期臨床研修連絡協議会にて、たすきがけ方式の案が出ておりアンケートとして、当院で研修可能な科と期間等を報告しなければいけない。DSC02380
・4月までに新プログラム申請を行うか。
・平成22年度マッチング報告
・平成22年度研修医の2年次ローテーション予定の調整。

など、いくつか決めておかなければいけない項目がありました。
急な開催でしたが、協力型施設の院長先生も参加してくださいました。
いつも2年次で大変お世話になっている病院の院長先生で、本当にいつも協力をして下さり、感謝しています。

先生方や看護部長などから、色々な意見が出て有意義な会議となりました。
こうやって、研修医教育に一生懸命に取り組んでくれいる指導医や協力型施設の先生たちに本当に感謝しなければいけません。
毎日の忙しい業務の中で、どうしても不平不満が出るのは当然だと思います。
勿論、研修医だけでなく事務の私も同じです。
しかし、こうやって影で支えてくれ、みんなの力で研修が出来ているという事を忘れてはいけないなと改めて思いました。

新!振り返りレポート

2010年1月7日
研修事務担当

今日は、なんと振り返りレポートが新しくなりました! DSC02376

外科医長の奥田先生が、ほんのわずかな時間でファイルメーカーで作成してくれました。

どういった感じかというと・・・
研修医がまず、ファイルメーカーで振り返りレポートを書きます。
で、プリントアウトする時は現在使っている用紙をプリンターにセットしたら印刷出来るそうです。
プリントアウトした用紙を、いつもの板に挟んでおくと指導医が確認し、ファイルメーカーに指導医欄のコメントを書きます。
同じように、その研修医の記載が終わっている振り返りレポートの用紙をまたプリンターにセットして印刷が出来るそうです。

で、あっているかな?少々不安です(・_・;)

とてもとても、素晴らしいものが出来ました。DSC02375
勿論、サインや手書きでも書けるように設定して作成してくれました。   

ファイルメーカーの使い方を、研修医の山本先生に奥田先生が教えてくれました。
実は、研修医の山本先生の指導医は、奥田先生なのです。
説明を受けながら、どんどん患者さんの話題に・・・・
毎日忙しい中、振り返りレポートが存在していなければ、こういう時間を取るのは難しいのかもしれませんね。
内科の指導医(医長)の劉先生も、お昼過ぎに来て振り返りレポートのコメントを書いてくれていました。

ただでさえカルテを書いたり、診断書を書いたり、手術記録を書いたり、サマリーを書いたりと・・・・
書き物ばかりの先生達。
それでも、時間を割いて協力してくれて本当にありがとうございます。

これで研修委員長の字もみんな読めるようになりますね! 

奥田先生、お忙しいのにありがとうございました。  

お正月の出来事

1年次研修医 溜渕昌美

あけましておめでとうございます。DSC02374
12月30日、仕事が終わって速攻福岡に帰った1年次の溜渕です。

ちゃんと鹿屋に戻ってきました(笑)
実家に帰り、久しぶりに母としゃべりつかれた私は夕方に寝ていました。
夜8時ころに弟に「時間よ、起きて」と声をかけられました。

ハッと飛び起きて思わず、
「すいません、当直でした、救急車来ましたか!?」
と聞いてしまい、弟とそばにいた妹をきょとんとさせてしまいました。
そのときに、わたしも病院で働いてという自覚が出てきたのかなぁと実感しました。
(ちなみにうちの実家は福岡徳洲会のすぐ近くで、実際救急車の音はしていました)

つかの間の休日でしたが、とてもよい時間を過ごすことができました。

言葉の力

2010年1月5日
1年次研修医 小川 絵奈

昨年12月、下唇に口内炎が1つできました。「痛いなぁ~」と思っていたら、1つが3つになって、だんだん大きくなりました。
ご飯食べても痛いわ、話していても痛いわ…。
土曜日の日当直の日、指導医の先生に処置してもらったけどなかなか良くならず、痛み止めのお薬を出してもらいました。
翌日、当直明けでへろへろになりながら薬局にお薬を取りに行きました。
薬局は忙しそうだし、迷惑かけて申し訳ないなぁと思いながら扉をノックして入ると
私を見つけた薬剤師さんが
「あ、お薬できてますよ~。ちょっと待ってて下さいね。」
とお薬を取りに行ってくださいました。
忙しいのに優しいなぁ…
お薬を持ってきて下さって、
「お待たせしました。お大事に(^-^)!」
とにこっと笑顔で渡して下さいました。
もう、口内炎の痛みも忘れるくらい癒されました。
言葉の力ってすごいですね。一瞬、口内炎治ったかと思いました(笑)
病は気から、っていうけどあながち間違いではないですね。

あの日以来、外来の最後には「お大事に」の言葉は大切にしています。
当直中のときは眠気でなかなか良い「お大事に」が言えないときもあるのがまだまだ未熟なところですが…(笑)

病気だけ治さずして人を治す!!
その近道は思いのほか簡単なところから始められるんだ!と感じました。

明けましておめでとうございます

2011年1月4日
研修事務担当
 
明けましておめでとうございます。
今年も大隅鹿屋病院研修医ブログを宜しくお願い致します。
 
今年第1弾は!!!
鹿屋には珍しく年末から降り続いた雪は、例年になく積もりとても鹿屋とは思えない銀世界となりました。
寒い寒い年末年始でした。
31日は、雪が1日中降っていたのですが、降っていたのは・・・・・
なんと!雪だけでなく“火山灰(桜島の灰)”まで降っていたのでした。
30日の夜から、帰省していた溜渕先生の車は垂水港に駐車していたら上記写真の状態になっていたそうです(・_・;)
帰る時、余りのひどさに持っていたペットボトルのお茶でフロントガラスなどの灰を流して拭いて帰ってきたそうです。
 
4日の朝は元気良く年始のご挨拶を!と行きたいところでしたが、研修委員長からの一言は、
『溜渕先生の車は、廃車のようだったね』と・・・・
そんな田村先生の車も同じような感じでしたが(笑)
勿論、私の車も同じような状態でしたが、しっかりものの私は雪の降る中、元旦から自分で洗車しました。
 
バタバタと始まった2011年。
何はともあれ、5人全員研修医、元気な顔で4日の仕事初めを迎えられました。
 
どうぞ今年も宜しくお願い致します。

振り返りレポート

2010年12月30日
研修事務担当
 
以前にも、ブログで紹介しましたが現在も『振り返りレポート』を研修医の先生方は書かれています。
毎日書かれる先生、一週間に何回か書く先生、時々書く先生・・・・
と研修医の中には色々なタイプの先生がいらっしゃいます(笑)
大隅鹿屋病院では、新人看護師・新人コメディカルもこの『振り返りレポート』を書いています。
研修医から始まり、院内に今年から導入されています。
 
『振り返り』は日々の研修に忙殺されている中で振り返りや、自己の行為に対して批判的な振り返りを行う事は困難を伴うと・・・・
本に書いてありました。
1月新年号の『GOOD RESIDENT』に掲載してありますので、興味のある方は1月号を是非、読んでください。
そんな中、当院の研修医は『振り返り』をしているということは素晴らしいです。
 
現在、色々な病院で試みられいるこの『振り返り』は、今後とても重要な存在になってくるのかもしれません。
私も、1年間を振り返り、来年に繋げられたらいいなと思っています。
一生懸命に『振り返り』をしている研修医の様子を、写真に収めました。
とても良い表情で書いていたので、ご紹介しました。
『振り返りレポート』も一つご紹介します。
とはいっても、実物は指導医の先生方の字が読めないので私がパソコンで打ち直してご紹介します。
 
�今日、心に残った患者様・症例など印象に残っていることを書いてください。
 今日、2人 CVの入れ換えをしました。
 どちらも鎖骨下からでした。
 2人目のとき、なかなか上手くいかずものすごく焦りました。
 研修会でも、今の時期は慣れてきて事故を起こしやすいと言っていたので気をつけようと思います。
 
�今日、行った業務・手技等を簡単に書いてください。
 CV挿入・血培・明日のプレゼンの準備
 
�明日からの目標・今日の反省
 プレゼンです。
 
�指導医・上級医より
 どんどん練習してもっと上達しましょう。
 しかさい、ある程度、成功例経験積めば、次の段階は『失敗例』からの学びです。
 
�プログラム責任者より
 かなりの手技の上達は早いですね。
 日々の練習の成果でしょう。
 
と、書いてあります。
シミュレーターでの練習をしっかり行い、大切な患者さまの処置等などに生かせるといいですね。
 
 

お昼休みにも学びます!

2010年12月28日
研修事務担当
 
1年次研修医 溜渕先生のお昼の様子。
今日は、お昼ご飯を食べてからお昼休みに糸結びの練習をしていました。
 
シミュレーターを持ってきて、準備をしてからスタート!
外来で、処置をするのに少し時間がかかったり上手く行かなかったりあるみたいで、一生懸命に練習していました。
自分の苦手なところを、きちんと把握しており、それを克服しようとする姿はとても感動です!!
 
練習しているところへ、後期研修の先生がお昼ご飯を食べに部屋へきました。
食べながら指導の始まりです!
分かりやすく教えてもらい『なるほど!!!』と、納得しながら練習していました。
すると、外科医長の先生や副院長先生達のところへ行き、きちんと出来るようになったところを見せに行きました。
 
いつでもどこでも、毎日毎日、勉強や努力。。。。。
大変ですが、何事の困難も立ち向かって行く姿は頼もしく思え、4月の頃からすると随分と成長したな〜とつくづく感じました。
 
今年も残すこと後わずか!
今朝も後4日!と、カウントダウンして勢い良く部屋を出て行った溜渕先生。
本当に後4日です。
忙しい日々ですが、頑張りましょうね!!!!