菜の花

菜の花 菜の花

当直で、待機の先生にめちゃくちゃ早いタイミングで連絡してしまった2年次研修医の森本です。
もう少し落ち着いて連絡しましょうm(_ _)m
本当におさわがせしました。
当直明けの日曜日はなんとなく無為に過ごしてしまう日が多いのですが、今日は気分転換の意味も込めて少し鹿屋探索へ。

大隅縦貫道の途中にある、道の駅野方あらさのに行きました。
トイレとローソン&茶畑と菜の花畑がありました。

菜の花を見て、1月の指宿であった菜の花マラソンを思い出しました。
人生2度目のマラソンにして、ノー練習という無謀な挑戦でしたが、笑
走ると膝を痛めるので、全力競歩+上り坂のみ走るという作戦でなんとかゴールできました!
(しかも、すごく練習した1回目のマラソンと結局20分くらいしか変わらなかったという…)
歩くことより走ることの方が、すごいことのように感じますが、どのような形であれ最終目標の「ゴールする」ことを達成できればそれはそれでいいんじゃないのかな〜と感じたマラソンでした。

目標を見失わず、粘り強く!

SENCE

SENCE

SENCE SENCE

一夜あけまして2年次研修医の森本です!
研修生活とアンコウは関係なさすぎて怒られそうなので、早々にリカバー更新です。
先日当院で、
「SENCE in 鹿屋 〜札幌東徳洲会病院・救急科がお届けする研修医のための神経救急の”センス”を磨くトレーニングコース〜」を開催いたしましたのでその様子を。

札幌東徳洲会病院より、救急科の増井Dr、研修医の森Drが来てくださり、鹿児島、宮崎中心に学生さん、医師が27名が参加しました!

実技あり、早押しあり、お勉強面はもちろん、昼休みには田村医師からの当院の紹介があり、研修医の交流もあり、非常に有意義でした!
(そして、このレクチャーの1週間後に脳梗塞を強く疑う症例に遭遇、経過観察入院となったのでした)
ほかにも、イベントを重ねるとともに当院の運営スタッフの協力体制がよくなっていることがとってもうれしかったです。
今後ももっといい会を作っていきましょう◎よろしくお願いいたします!
遠く札幌から足を運んでくださった増井Dr、森Dr、本当にありがとうございました(*^^*)
参加者のみなさんも、ありがとうございました!
みなさん、是非また鹿屋にいらしてくださいね♪

画像注意、苦手な人多そう^^;

画像注意、苦手な人多そう^^; 画像注意、苦手な人多そう^^;

次に流行る水族館のキャラクターはオオモンカエルアンコウに違いないと信じている2年次研修医の森本です。
この、手みたいなヒレ、眼鏡を外したのび太くんの目みたいな目、なんとも。
4月からの月間予定表が配布され、私はさらに救急中心の生活になっていくようで、嬉しいような不安なような…
鹿屋はもう桜が綺麗に咲いています。
新しい一歩を踏み出すときはいつも、こんな不安と期待が入り混じった気持ちになります。

新しい生活が始まる方も、そうでない方も、「死なない程度に、こけちゃう程度に」ともに歩んでいきましょう(*^^*)
(実は、毎瞬新しいんですがね。)

マイナビ岡山とその周辺のできごと

マイナビ岡山とその周辺のできごと

岡山駅前でのお買い物で十分満足してしまえる2年次研修医の森本です。

さて、マイナビ岡山に参加してきました。
晴れの国、岡山!
にもかかわらず、岡山駅と会場の連絡通路でしか日光を享受しておりません。

会場では母校の後輩(面識なしですがとっても感じのいい方ばかりでした!)に出会ったり、見学に来てくれた学生さんが、満面の笑顔で会いにきてくれたり、大変嬉しい説明会でした。
そして道中、信じられないような出来事が!
新幹線で車内販売を利用していた方の杖が倒れたので拾って届けようとしたところ、私が横着な姿勢でかがんだためバランスを崩して転びかけました。
その方が、お礼とおっしゃって博多通りもんを一箱私に買い与えてくださいました。私の横着のために、こんな大きな「気持ち」をいただいてしまい、嬉しいやら恥ずかしいやら…
結局、お返しするのもはばかられ、ちゃっかりいただいてしまいました。
このような「袖振り合うも…」のようなご厚意は、私もいつかの機会に誰かにお返ししていきたいと思います。

修了式のお花をいけたものと一緒にパチリ!

修了式

修了式

腹が減っては戦はできぬが満腹すぎても戦はできぬ!
2年次研修医の森本です。

去る3月19日に研修修了式と進級式がありました。
お忙しい中、多くの方に出席いただきました。(ライブ後のミュージシャンのように写真とっとけばよかった!)
この一年もたくさんのことを教わり、学び、気づき、感じたなぁと振り返りました。

院内外の医師、コメディカルだけでなく、患者さんにも、そのご家族にも、たくさん支えていただきました。この感慨は本当に言葉に表せません。

今回のTOP写真は
陰に日向にお世話をしてくださった卒臨床研修センターの臼井さんとの1枚!
耳が痛いことも言われましたが、言ってくれる人こそが有難い人です。
休みを削って全国を飛び回り、研修医のためにと尽くしてくださいました。
本当にありがとうございました!

私も重田Drも来年度も大隅鹿屋病院にいます。
すこしずつ自立していかなきゃと思っていますが、まだまだお世話になると思います。
今後ともよろしくお願いします(*^^*)

救急隊との症例検討会

救急隊との症例検討会

略語が苦手な2年次研修医の森本です。
なかなか正式名称が覚えられません。
(;´Д` ニホンゴデオネガイ

さて今日は月例の救急隊との症例検討会でした。
TOP写真は、デモンストレーション中の1年目研修医の野口Drです。
外傷2症例の振り返りで、見事なプライマリサーベイを披露してくれました。
その後、救急に来てくださっている杉本Drよりレクチャーがありました。
未来の大隅鹿屋病院の外傷救急についてもプレゼンテーションしてくださいました。
ヘリポートに直結したハイブリッド手術室での劇的な救命シミュレーションがとても魅力的でした!

設備は整っているので、認可がおりればそう遠くない未来に実現可能でしょう(*^^*)

外傷は、元気な人にも突然に起こりうることです。
的確に急変を予測し、見落としのない安定した診療で「防ぎ得た外傷死ーPTD」をなくす!
さらには後遺症を残さないような介入をする!
これが我々の目指す救急です。
今後も救急隊の方々と力を合わせて頑張っていきます。

しかし、何事も予防が大切です。
シートベルト、安全運転、作業前の安全確認をお忘れなく!
毎日鹿屋の平和を願っております(*^^*)

…あれ、今日のブログ 、結構カタカナ多いですね。

サービス

サービス

見学に来てくれた学生さんに部活をビシッと当てられて爽快な気分の2年次研修医の森本です!
水泳部を当てた方は少なくないですが、今回は中高に慣れ親しんだ茶道でした。
お見事!

今回はサービスの話。
先日鹿児島へ出張に行った時のこと。
前の用事が終わらず、結局食事にありつけずフラフラと飲食店街を歩いておりました。
時はすでに15時を回り、ランチタイム後の休憩のお店がほとんどでかろうじて空いているお店もカフェタイム…
やむなし、パンケーキででも腹をふくらすか。と覚悟を決めて入ったお店でのこと。

お客は私以外にはいませんでした。
厨房でクッキーを焼いていた男性がさっと出てきて「明るい席へどうぞ」と窓際の一番大きなテーブルの席へ案内してくれ、「3時過ぎてますが、ランチもできますよ。」と。

どこで私のニーズを汲み取ったのか?
そんなに空腹そうな顔をしていたのか?笑

帰り際には外まで見送ってくれ、焼きたてクッキーを手渡してくれました。

この男性の後に出てきたアメカジな女の子も、出過ぎず引きすぎず、誠に気持ちの良い接客でした。この店の、この2人のスタッフだけが素晴らしいのか。はたまた志あるリーダーの元に集うものの行動がそうなってくるのか。今回、彼らから学ぶことはたくさんあります。

期待を上回るエクスペリエンスでした。
私は、このお店のゴールドカスタマーになる予感がします。

さて、あげたいネタがいくつかあるんですが、そちらは手元に写真がないのでしばしお待ちを!
ではまた。

 

旧館の現在

旧館の現在

旧館の現在

旧館の現在

 

ずぼらが災いして手荒れが治らない2年次研修医の森本です。

TOPの写真は9階医局の窓から見える風景です。
1枚目が2/26、2枚目がおととい、3枚目が本日のものです。
旧館はほぼ消えてしまいました…
少し寂しい気持ちもありますが、
ここに駐車場ができれば、もっと患者さんとご家族に便利になると思います。

グランドオープンは5月の予定です。
楽しみですね♪

 

 

寒い1日

寒い1日

今日も業務に追われていました!
2年次研修医の森本です。

2年前の今日、私は気仙沼のKウエーブで黙祷をしていました。
しかし今日は、気がついたら終業時刻直前でした。
決して忘れているわけではありませんが、大切なことが日常に埋もれつつあります。

私と石巻は、もともと全く関係のない場所です。
6年生の時、国家試験に合格することができず、根本的に自分に不足しているものに気づき少しでもそれを補う1年にしようと赴いたのが、石巻や本吉でした。
様々な方のご厚意で、思ってもみなかったような経験をしました。
本当にたくさんの経験をしましたが、一番印象に残っているのは
…やっぱり決められないですが笑
あかの他人の懐に入れてもらったという経験かなと思います。
私にもいつかこんなことができるだろうか、してもらった分は次の世代へ返していきたいけれど…そんな風に何度も思いました。

この時の気づきや思いも、今の日常に埋もれていっているように感じます。
そんな点でも、反省させられた1日でした。
まーでも、私にできることは、まずは精一杯できることからやっていくこと!
それが未来へつながると信じています。
こうやって思い出して、少しずつ前進していきたいです。

 

春は出会いと別れの季節

春は出会いと別れの季節

アプリケーションの進化にびっくりしている2年次研修医の森本です。

先日、外来の主任さんの送別会が行われました。
私が入職するずっと以前から外来勤務をされていて、私たち研修医にとっては外来に当たり前にいる看護師さん、というイメージでした。
急変しそうな患者さんに早く気づいて医師に知らせてくれたり、心電図が読めないと悩む新人さんに丁寧に詳しく解説されていたり、本当にたくさんのことを教えていただきました。

異動されるので会えなくなるわけではありませんが、病院とともに歩んでこられた方の歴史を知ることができて、とても感慨深い夜でした。

病院のことでさえ知らないことがたくさんあるのに、自分の活動する世界が全てのような気持ちになっていたなぁと反省しました。
TOPの絵は、写真を元にアプリで加工しました。外来師長さんと主任さんです。
無料アプリ、恐るべし!