病院見学実習

524日(木)~525日(金)にかけて、医学生さんが病院見学実習に来られました。
内科、救急を中心に見学実習しました。

DSC03381 DSC03353
また、本人の希望で形成外科のOPEや外科のOPEなど、OPE時間にあわせ見学もしました。
2日間大変忙しく、あちらこちらの見学になってしまいましたが、医学生さんはどの様に感じたか少々不安ではありますが…
また是非、大隅鹿屋病院に足を運んでもらえるととってもうれしいです。

【感想】
・思っていたよりもずっとたくさんの事をさせていただけました。
・医局の雰囲気が最高でした。

症候別勉強会

まだまだ続く、指導医・上級医によるミニレクチャー。

今回は、内科の重田先生の「高カリウム血症」についての勉強会でした。
よく遭遇する症例など、ミニレクチャーで教えてもらうと診療に役に立つようです。

写真1

2年次の先生は、去年も同じような形で勉強会で聞いているはずですが、しっかりと聞いて質問まで出ていました。

写真2

この症例をまだ診たことのない研修医の質問に対しても、とても分りやすく丁寧に説明してくださり大変勉強になりました。

 

1年次研修医の横山です。

最近気付いたことは、
当院は、質問をしても、お願いをしても必ず返答がプラスαで返ってくることです。

DSC02933

例えば、
先日ある先生に疾患について質問したところ、その先生がおすすめの本をくださいました。
先生の優しさに大変感銘を受けました。
大学生の頃の自分はこのように後輩たちに接することがができていたか顧みる日々です。

DSC02934

周りのサポートを受けながら一生懸命学び、早くこの地域に貢献できるようになりたいです。

 

勉強会

臨床の現場に出て1週間目に、「腹痛」についてレクチャーを受けました。

外科の井戸先生が講師でした。

井戸先生1

救急の現場や外来等で、すぐに出会うであろう症状です。
教科書や実習では何度となく診てきたと思いますが、やはり医師となって直面すると「何?」「どうする?」と・・・・。
どうして良いか本当に分からなくなって来ます。

井戸先生2

そこで、やはり現場経験とこのような振り返りながらの勉強会は、今の研修医にとっては大変貴重な時間です。
また、井戸先生の講義は大変分かりやすく、歴代の研修医の先生方からも評判だったようです。

井戸先生3

指導医の先生方にとっても、朝は貴重な時間ですが、交代でレクチャーしてくださっています。
焦る気持ちを抑えながら、よく働きよく学び、早く現場で活躍出来ますように!

研修医レセプション

420日(金)に行われた鹿児島県医師会主催の研修医レセプション。
「オール鹿児島」ということで、10年前から、このレセプションに参加させてもらっています。
20日は、プログラム責任者の有留先生と副研修委員長の池田先生も一緒に参加しました。

大隅鹿屋病院の紹介は、有留先生が、研修医代表は瀧口先生が行いました。

レセプション3

会場には多くの研修医の先生方や指導医の先生方が来られていました。
同じ大学の同級生と会ったり、同じ予備校だったという先生と会ったりと、とても賑やかでした。

レセプション2

最後の集合写真は、一番最初のチームで撮影しました。
3回くらいに分けて撮影だったので、これだけでも大人数来場していたのがわかります!!

レセプション

最後に受付のところで、みんなで集合写真を1枚!
悪戦苦闘している日々の中で、少しリフレッシュでした!

 

呼吸器の勉強会

東京女子医大の麻酔科 小谷先生の呼吸器の勉強会を行いました。
大変お忙しい中、日帰りで講演にお越し頂き、本当に感謝です。

DSC03152[2]

DSC03149[2]

研修医、医師、看護師、リハビリ、薬剤師等が参加しました。

呼吸器サポートチームで、日々、色々な問題に取り組んでいます。

DSC03158[2]

その中での勉強会だったので、参加されたリハビリスタッフは「貴重な時間でした、こんな機会がたくさん出来るといいですね」と言っていました。
講師の小谷先生の講演は、とても分かりやすく、楽しく学べたと参加のみんな、言っていました。

DSC03160[2]

また今年度も是非、来て頂きたいです★
小谷先生、ありがとうございました。

病院見学実習生⑤

医学生さんが病院見学に来てくださいました。
今回は、鹿児島徳洲会病院~大隅鹿屋病院と見学ツアーのような形で来てくださいました。

DSC03120[2]

 

DSC03138[2]

1日、外科・内科病棟等の見学を中心に少しだけ手術見学。
循環器内科の先生方から声がかかり、ペースメーカーの手術へ。

DSC03140[2]

あちこちの先生方からも声がかかり、忙しく移動していました。
とても疲れたのではないでしょうか?

また、是非、鹿屋へお越し下さい!

クリニカルクラークシップの学生さん★

森本先生のブログでもご紹介の通り、今年2月にクリニカルクラークシップの医学生さんが2週間来てくれました。
随分と前から申し込みを頂き、内科の先生方とも色々と計画を立てておりました!
指導上級医は後期研修医の池田先生。
しかし、池田先生が外来の時などは、内科の3名の先生方が一人にならないようにサポートしていました。

DSC03089[2]

学生さん、とっても一生懸命に取り組む姿は感動でした!!
先生方からの指導も丁寧に聞く姿、研修医の勉強会にも積極的に参加して頂きました。

本当に2週間、お疲れ様でした。
今年度も是非、鹿屋へリピーターとしてお越し下さいね。
待っています?

膠原病の勉強会

少し前になりますが、ナショナルメディカルクリニック
上野征夫先生をお呼びして、教育勉強会を開催しました。
特に研修医と内科の先生は、大変楽しみにしていた勉強会でした。
研修医からは、「とっても勉強になる」「大変実りのある勉強会だった」と満足の声が多く聞けました。

DSC03081[2]

DSC03080[2]

 

当院は、立地が悪く、講演にお越しい頂く先生にも大変ご苦労をおかけしてしまいます。
比較的、若い先生が地域の中核病院でもある大隅鹿屋病院で勤務しており、勉強は不可欠です。
もちろん、出かけて行って色々なセミナーに参加すれば良いことなのですが、限られた医師数での日常診療や受持ち患者さんがいます。
なかなか病院を空けることの出来ない若い先生方にとっては、とても貴重な時間となったようでした。

DSC03086[2]

先生方から、「是非、定期的に来て欲しい!!!!」と熱望されていました。
上野先生、本当にありがとうございました。

病院見学実習生③④

2名の学生さんが、病院見学に来てくれました。

外科手術見学から始まり、病棟見学。

DSC03006[2]

バタバタとしながら、色々な場所に移動。

DSC02983[2]

DSC02993[2]

 

感想は若い先生方が多くて驚いた。
急変時に全員が駆けつけるのを見て、素晴らしいと思った。
臨床に触れる機会としては十分すぎた内容のスケジュールを組んで頂き、感謝しています。

というような感想を頂きました。
また、是非、お越し下さいね。

1 / 6612345...102030...最後 »