あけまして!

いやはや、めでたい。

無事に明けました、当直明けの森本です!

昨夜は、私がウォークイン、田村先生が救急車の担当でした。

わからないこと、迷うことはすぐに質問させてもらえるという、非常にありがたい当直で、ウォークインが途切れている間は搬入された救急車も一緒にみさせてもらいました。

田村先生の割には(すみません)、落ち着いた当直だったと思います。(本当にすみません笑)

病棟が落ち着いていたかどうかはわかりませんが…(^^;;

そして今朝は私がERカンファレンスの症例提示だったので、田村先生に教わったことを発表しました。

経験+アウトプットという理想的な流れをまとまった時間に行うことができた!と思います。

私は自分自身の覚えが悪い方だと割り切っているので、可能な時には能動的に経験するようにしています。

ものすごくばたばたした日で、一例ずつ言葉で説明されることがなかったとしても、毛穴から入ってくるとでもいいましょうか、たくさん感じて学ぶことがあります。

例えば、脈を触れていて、「ばっちり力強く触れているから大丈夫」と、手が疲れてきた頃に気を抜いていると、あっという間に血圧が下がっていて心肺蘇生…といったエピソードを経験したことがあります。

「自分が気を抜かなければもっと早く異変に気づけたのでは」と切に反省したから、今は手が疲れてきても気をぬくことはなくなった…と思います。

今後もひとつひとつを大切にしていきたいです。

(TOPの写真は、少し前にERでおこなった緊急気管支鏡検査の様子です。

いつも快く協力してくれる看護師さん達にも感謝です。)