今更、森本です!

ブログ、なかなか続かなくてすみません(^^;;

最近は臼井さんに任せっきりですね…反省中の研修医 森本です。

さて、徳之島を去った後の主な私の足どりですが、

6月 精神科@島根大学病院

 ◆移動のついでに徳之島トライアスロン(スイムのみ)参加

7月 産婦人科@鹿屋医療センター

 ◆今ここです

8月 小児科@鹿屋医療センター

9月〜 救急科@大隅鹿屋病院

です。

精神科、産婦人科、小児科は現在のカリキュラムでは必修ではありません。

しかし、レポートでうつ病、統合失調症、認知症が科せられているため、鹿児島県では精神科が必修、当院では産婦人科&小児科研修が必修と特徴的となっています。

確かに、大隅鹿屋病院や徳之島徳洲会病院にいる時と比べて、精神科、産婦人科ともに責任のある仕事をしていた実感が薄いことは否定できません。

これは私の取り組み方、姿勢の問題もあったと思います。

患者さんはよりインテンシブな治療を求めて来院されている感じがして、手を出し切れなかったというのもあります。

(のほほんと研修しているように見えて、実は結構迷っているんですよ!笑)

さて、医学生のみなさんには、西医体or東医体という一大イベントが迫っていますね。

私は水泳部だったのですが、なんだかんだといいながら卒後も毎年足を運んでしまっています。

鹿屋は「陸の孤島」の異名を頂くくらいの地なので、時間&お金が結構かかります。

しかもどうがんばっても弾丸ツアーになります。

プールサイドはいやになるくらい蒸し暑いです。

まとめると、結構しんどいです。

だけど、

ベストがでたor出なかった!

入賞した!

表彰台に乗れなかった!

大会新記録で優勝した!!!!

なんて、ひとつひとつに皆で喜び、泣いている姿をみると、

言いようのない勇気というか希望というかがわいて来て、毎度とても励まされて帰ります。

水泳なんて、個人競技なのにね。

今年もそんな彼らにあえると思うと今からわくわくしてしまいます。

というわけで(?)、私もがんばったんだぞの写真で〆たいと思います。

ほんとはわいわいした写真をのせたいんですが…諸事情により自撮りでお目汚し失礼します。

徳之島トライアスロン参加の帰りの空港で。