徳之島より

いかがお過ごしですか?
研修医の森本です。

さて、今週は潜りデビュー週間でした(海の話からで恐縮です)。
鹿屋を騒がす1年次のNDrに、「ライセンス持ってないなんて意外っすねー」なんていわれてしまったスクーバと、リーフの迷路を楽しむ巣潜りににいそしみました。

巣潜りは、連れていってくださった先生の示す先にある夜光貝をとってきただけですが、重たくて溺れるかと思いました。(半分ほんと)
多分、魚つきはあんまり性に合わないです。がっちり手づかみしたいなー。

研修は、訪問診療、学校検診、定期外来と救急と、後回しになりがちな病棟と…(;_;)
またしても盛りだくさんでした。

やっぱり、訪問は楽しいです。
県営住宅の玄関が青いドアで本当にかわいい。こんな家に住みたい一方、お庭の素敵な古い一軒家に憧れたりなどなど飽きません。
ま、ただ私が住めばあっというまに残念な感じになりそうですが…

夜潜ったあとだったので、移動中は意識ぶっとばしてしまってましたが…(ドライバーさんすみません)

学校検診は、幼稚園から中学生までの30人弱の学校と全校児童4人の学校にいきました。
どの子も「この宇宙の宝物だ」と感じられる、きらきらした未来を詰め込んでいて、初めて学校の先生になりたい人の気持ちがわかりました。年を取ったな、笑。

病棟は、近くの診療所から紹介されたあわや緊急透析なおばあちゃんが退院してしまって寂しかったり、前回書いたレベル300の方がちょっと反応出てきたりなど嬉しいニュースの一方で、なかなかよくならない肺炎患者さんに悩まされていたりなど、いろいろありすぎます。

先週末には、定期応援で田村先生が来院され、質問少々の指導とCV挿入の監督をしてくださりました。
感想:やっぱり田村先生はすごい。

このほかにも、ERで緊急気切(私は腕の筋肉をぷるぷるさせながらマスクフィットしてただけ)や慢性硬膜下血腫の手術に入ったり、正常分娩を見せてもらったり、虫垂炎と誤診したりなどなど、この島に来てから日々成長していると信じています。

またながくなってしまいましたが、今日はこの辺りで。

週末も海が待ってるぜ(*^^*)