今年初めての講義

研修事務担当

1月4日は大隅鹿屋病院は仕事初めでした。
朝8時15分から毎日、色々な勉強会をしています。
今年初めの勉強会は、8年前に当院に勤務されていました循環器内科の野村勝政先生が研修医へ講義してくれました。
先生のオーラは、8年前と全く変わっていませんでした。

内容は、野村先生の医師としての経験してきた事を話してくれました。
実は当院は平成13年・14年頃は、313床で常勤医師が4人しかしませんでした。
そんな大変な状況の中、野村先生は愚痴一つ言わず患者さんのため病院のために働いてくれた先生でした。

研修医時代の苦労話、どうやって医師としての道を選んできたのか、辛い時期の話。

DSC04288

色々と困難なことがある研修医には、とても身近な話だったのではないでしょうか?

DSC04291
現在は、宮崎で開業され院長先生となっています。

http://nomura-junkanki.com/201201053622.php

http://nomura-junkanki.com/
*ブログもあるそうです!

年の初めに、貴重なお話を聞けて『頑張ろう!』と思えたのではないでしょうか?
一緒に聞いていた私もあの頃を思い出し、現在の恵まれた環境に改めて感謝出来ました。
そして決して大変だったことを忘れてはいけないなと感じました。
研修医からも、『時間を夕方には出来なかったんですか?もう少し聞きたかった』と・・・
今回は急に決まった話でしたので、また是非、時間を取ってお話に来て頂きたいと思いました。

野村先生、ありがとうございました。