合格祈願!

研修事務担当

沖縄から戻り、日曜日、2年次の溜渕先生と二人で地元の吾平山稜に行ってきました。
理由は、来年入職予定の新研修医への合格祈願とお守りを買いに行きました。

DSC04163

吾平山稜は、神社ではありません・・・・?

吾平町上名吾平山の北にあります。
神武天皇の御父君『ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと』 と
御母君『玉依姫命』(たまよりひめのみこと)の御陵で俗にこの山を鵜戸山(うどさん)といい、
窟を 鵜戸窟と称しています。
岩屋の陵は全国でもめずらしく、御陵域は9.35ヘクタールあります。
窟内は3アール 位で、前の岩は明和4年(1767年)の落岩です。
昭和10年11月昭和天皇が御親拝になり、昭和37年 5月には皇太子(今上天皇)、
同妃殿下が御参拝されました。
御陵は『小伊勢』といわれ、神々しく山紫水 明の地であり、春は桜、夏は「かじか」、
秋は紅葉と四季の変化に恵まれ、多くの参拝者が訪れます。
旧七高 教授次田潤先生がここに参拝されたとき
『みささぎの御前に渡せる丸木橋踏み行くほどは神代なりけり』と 詠まれています。

DSC04159

というところです。
しっかりと鳥居に向かい合格祈願をしてきました。
すぐ側に川が流れているのですが、金色の鯉が泳いでいました。

DSC04160
とてもラッキーです!!

去年は、研修医の今井先生と外科医長の奥田先生が吾平山稜まで走り祈願してお守りを買ってきてくれました。
その前の年は私一人で行きました。

DSC04162

マッチした平成24年度新研修医の先生方、待っててください。
年内中には、お届けしま~す!
勉強も大変でしょうが、明るい4月が待っています。
頑張って下さいね。