九州・沖縄ブロック研修医合同研修会

研修事務担当

大変遅くなりましたが、7月16日(土)福岡徳洲会病院で九州・沖縄ブロック研修医合同研修会が行われた事を報告します。
九州・沖縄ブロックが合同でこのような会を行うのは初めてでした。
事務担当者会議を開き、一つ一つの病院が離れており準備を進めるのはとても大変でした。
当日も、『本当に上手くいくか・・・』と不安が強かったです。

当院の研修委員長の田村先生が司会進行。

DSCF1502
座長に札幌東徳洲会病院の循環器内科 山崎先生と、中部徳洲会病院 小児科 今西先生。
グループ研修委員長の佐土原先生も参加して頂きました。

当院からは、2年次の今井先生と1年次の村場先生が発表しました。
DSCF1513

DSCF1508

質疑応答に時間を取ってあったのですが、本当に質疑応答が出るのか心配でした。
が、心配をよそに当院の研修医が早速質問。

DSCF1504

DSCF1505

他病院の先生方も、沢山の意見が出て盛り上がりました。

次に、講師の先生の講演会が行われました。
札幌南青洲病院の院長先生で、四十坊先生が講演を行ってくださいました。
緩和ケア科という事で、痛みのコントロールなどにもついて話をしてくださいました。
講演修了後は、4病院の研修医で懇親会が行われました。

次回は、12月3日に沖縄で開催されます。
第2回目も今回以上に、充実した研修会が行われるといいなと思います。