しまね研修ナビに参加!

1年目研修医の浦木です。

この週末は、僕の母校・島根大学で6年生のマッチング説明会と研修病院の紹介するイベントがあり、参加してきました。写真は出雲大社↑

とは言っても、鹿児島から遠く離れた島根大学??と思われる方も。僕も始めは、島根と協力型病院!?と半信半疑でした。
去年、島根大学から3人の研修医が大隅鹿屋に入り、大学の先生たちも、島根から遠く離れた鹿屋がどんなところかと思ったようです。そして、大学の臨床研修の先生や、教授なども鹿屋に見学に来ました。見学に来た先生も、学生が行きたがる理由を来てみて納得されました。
そして大学では勉強しにくい総合的に患者を診るということを、鹿屋で勉強させたいと来年度から協力型病院になりました。来年度からは地域実習の三か月を鹿屋で選択できるようになりました。
逆に、鹿屋にはないマイナー科を島根大学で選択できるようになりました。

「君らだけが鹿屋でおいしい思いするのはもったいない。君たちの後輩にもその良さに触れてほしい」と、島根大学の研修担当の先生。

なかなか大学と市中病院って、ある意味正反対の関係だと思いますが、いいとこは良いって取り入れてくれる島根大学の懐の広さ、鹿屋の柔軟さを感じました。

やっぱり母校は良いですね。
一年前、研修先どうするか悩んで、マッチング受けて…実習しながら決めないといけない大変さは、僕も同じでした。6年生、大変やと思いますが、頑張ってね。

島根大学に残った同期の友達、市中に出た友達にも3か月ぶりに会えました。なんか3か月しかたってないのに、何年も経ったような密度の濃い3か月。懐かしくてたくさん話しました。
他の病院でどんな風に研修してるのか、抗菌薬の使い方や、手技どんなことしてるのか…
やっぱりどこもいいとこも悪いとこもあって、でも自分はここで良かったかなと改めて思ったり。
どこで研修しても、どこで働いても同じ目標に向かって頑張ろうということで鹿屋に帰ってきました。
また、行きたいですね、島根。

さてさて今日は七夕、星が見えるといいですね。

夜中のドライブ

研修医C

いつものように帰宅途中最寄りのHotmotでカツカレー(500円)を買います。
その後、車で帰り路につく。と、深いため息が出ます。家に帰りたくない!!
大好きなCDを聴きながら夜道をとばします。

Op10-1。軽快なアルペジオとともに、日常から解放された気持ちになってくる。
Op10-3。別れの曲。今までの研修生活が回想されてくる。
Op10-4。思わずアクセルを踏む足が強くなる。
Op10-7。リピートして聞いていた昔が思い返される。
Op25-1。エオリアンハープ。心が洗われる、やっぱり音楽には救われる。
Op25-6。なんか疲れてきた。そういえば当直明けだ。
Op25-12。大洋。最後か。そういえばバラード4番でも聞こうかな?

以上聞きながら運転して考えていたこと。そのほかの曲は何を考えていたか覚えてない。ボーっと運転していたと思う。以上約1時間ついた先は、研修医B君が以前書いていた桜島。夜で何も見えない、店も開いてない。かすかに鹿児島市内の明かりが見える。

IMG_0787IMG_0788

はい、金色のローソンで缶コーヒー(120円)を買って引き返します。鹿屋から45キロ。案外遠くまで来たなあ。

ということで本日の1枚。20枚以上持っているショパン練習曲集の中で最もよく聞く1枚。

Chopin   / complete etude / Lortie(piano)  /Chandos

写真