症例発表

2010年12月2日
研修事務担当
 
毎週木曜日は、研修医の症例発表の日です。
研修医は現在5名いるので、約1ヶ月に1回発表の日がきます。
今日は、1年次研修医の小川先生の発表でした。
内容は『アナフィラキシーショック』をしたそうです。
*内容を知りたい方は、是非、小川先生にお問い合わせ下さい。
 
この症例発表は、研修医の先生方は1週間前から?準備をしているようです。
症例を何を出すのか、いつも悩んでいるようです。
一緒に診た先生などに、プレゼンテーションを見てもらい指導を受けています。
昨日の夕方は、循環器内科の有馬先生に『先生、少し見てください』と懇願していました。
研修中の科にこだわらず、色々な先生に聞けるのはとても良いことだと思います。
 
今朝、症例発表の終わった後の表情は、とても穏やかでした。
急いで売店に朝ごはんを買いに走って行っていました(笑)
なぜかというと、外科研修が12月から始まっているからです。
手術もすぐに始まるので、とにかく朝は時間が無いのです!!!!
 
これからも頑張って下さいね!
注:写真は、本日撮影のものではありません。