麻酔1回(1杯)800円

研修1年目 今井

日々のマンネリ化した生活にピリリとした刺激が欲しいと思っている皆さん。そんな皆さんに、きっと(もしかしたら)ご満足できる(かもしれない)刺激をご紹介します。

それは、超激辛のラーメン。“中本”というラーメン屋の“北極ラーメン”。前の 大学時代の後輩に連れて行ってもらいました。
http://www.moukotanmen-nakamoto.com/index.html
この“中本”というラーメン屋。辛ウマで有名なお店みたいです。中にはアナウンサーやらタレントやらのサイン色紙が所狭しと飾ってありました。 CA390122

食事時を外していったのですが10人くらいが並んでいました。自分の順番を待っている間に、すごいことに気がつきました。食べ終わって出てくるほとんどの人の口の周りの筋肉(咀嚼筋)が弛緩していました。いかにもラーメン好きそうなお兄さんも、バッチリメイクのお姉さんも、あまりの辛さで表情筋に 麻酔がかけられた状態です。

僕も相当な辛党です。後輩から
「相当辛いっすよ。大丈夫っすか?」
と言われても
「俺、今まで辛いと言われるもの食べて、辛いと思ったこと無いんだよね~。大丈夫。大丈夫。」
と答えていました。表情筋が弛緩しきっているスーツ姿のお姉さんをみても、(ふふん。俺は大丈夫さ。)と心の中で思っていました。

待つこと約30分。やっと僕の前に激辛ラーメン(北極ラーメン)が運ばれてきました。そのラーメンの赤いこと赤いこと。しかし、そんな見た目には負けないくらい、辛さ耐性には自信がありました。

北極ラーメンの一口目は本当に美味しかった。
「旨い。旨いよ。このラーメン。俺、これくらいの辛さなら大丈夫」
と後輩に言いました。強がりでも何でもなく、一口目は美味しかった。でも、二口、三口と箸を進めていくと、信じられないくらいの辛さが襲ってきました。
その辛さと言えば筆舌に尽くしがたい。ただただ辛いとしか言いようがない。箸をつけることが躊躇われる、強がることすら許されない、もの凄い激辛ラーメンでした。 

店を出る頃には、僕の咀嚼筋も完全に弛緩しきっていました。たった800円で麻酔されていました。CA390124食べ終わってからの感想は辛さで味でもない。ただ一つ。
「スタバでもドトールでもどこでも良いから連れてって。牛乳のみたい。」
雄叫びを上げている胃を落ち着かせること、ただそれだけ。

そんな激辛ラーメンを食べて、もの凄い量の発汗とともにストレスを発散してきました。たまには息抜きも良いものです。(って、最近息抜きばかりやん)

CA390125 辛党を自称するO隅鹿屋病院の皆さん。一度チャレンジしてください。
A馬先生に手を焼いている病院の皆さん。A先生のお仕置きにもどうぞ。

※この北極ラーメンには麻酔以外に下剤としての効果もあります。
便秘でお悩みの方も是非どうぞ。