聖地巡礼

2010年6月1日
聖地巡礼
1年次研修医 今井雅浩

どうも。欲求不満とかかれたI.MAIです。徳洲会グループの新入職者研修から引き続いCA390134て東京に居座っています。

僕は今、外科で研修しています。指導医はO田先生。O田先生は大のマラソン好きで、連日連夜トレーニングにいそしんでいます。僕もO田先生に毎日鍛えられています。しか~し、5月16日の30km走を最後に全く走れなかった。なぜか、いろいろとあって走れなかった。毎日走っていたのに急に走れなくなったから、“走りたい”という欲求もたまってきます。ストレスもたまってきます。今回の東京出張ではそんな走れていない欲求不満を発散するために聖地を巡礼しました。

聖地ってどこ?ストレス発散できる聖地って何? CA390139

キリスト教、イスラム教、ユダヤ教などを信仰される方はエルサレム を聖地としてあげることでしょう。
サッカー好きのN山副院長なら、ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)を聖地としてあげることでしょう。
冬ソナのファンの奥様方なら、春川をあげるのかもしれません(冬ソナよく知らないので違うかもしれません)。

僕が行ったのはエルサレムでもウェンブリーでも春川でもありません。ランナーの聖地と言えば“皇居外周”。
http://runnet.jp/news/main.php?_num=122
と言うことで、聖地“皇居外周”を走ってきました。  CA390143

さすが聖地、平日早朝だというのにかなりの人数が走っています。僕も外科研修での鍛錬の成果を見せるべく、他のランナーに抜かれないように必死に走りました。

実はこの聖地、僕が以前通っていた大学から走って5分のところにあるんです。前の大学に通っていたときに、聖地と呼ばれ始めるはるか以前に、僕は“皇居外周”を日々のランニングコースにして走っていました。
いまや聖地となった“皇居外周”は、大学の後輩と走ったり、隣の研究室とマラソン大会をしたりと思い出深いコースです。

走りながら見える風景は、以前とそれほど変わらず、とても懐かしく感じました。たまには息抜きも良いものです。

毎日病院で頑張っている(つもり)ですが、成長を実感できる機会はなかなかありません。でも今回の東京出張では成長を実感できました。
以前はあれだけ苦しかった、竹橋の坂を息も切らさずに走れたから。(って、そっちかい)

はやく業務の方でも成長を実感したい・・・