「今習ったばかりの人が教えるのが適切です」

2010年4月27日
「今習ったばかりの人が教えるのが適切です」
救急部長 木村 圭一

徳洲会の研修理念の一つに、One see, One do, One Teachと言うのがあります(何回か紹介したかも知れません)。

つまり1回目は見学029 し、次からは自分でやってみて、次からは人に教えなさいと言う事です。

それぞれ繋がっているのが大事だと思います。

100回ぐらい見学、あるいはいつか分からないが10年目の先生もやった事ない、、、、と言う処置などを何度見た所で、自分の力にはなりません(ある程度はなるでしょうが、実際に行えないのであまり役立ちません)。

しかし、次はあなたがやるんですよと言われれば、どう言った道具を使い、その道具もサイズなどがありますから、どのサイズを選ぶのか等も含めて、しっかり見学するはずです。当院では何故そのような方法で、何故そのサイズを用いるのかなども指導するように努めています(が、忘れる事も多いです(^.^))。

そして実際にやってみます。見ていたのとは大違いで、色々なポイントが見つかります。それをカルテに書き、自分なりのメモを作り、手術ならば手術記録を書き、、、、と言う事で1回の処置で何度も行ったのと同じような知識になります。

そして次は人に教えます。人に教えるのは非常に難しく、自分が本当に分かっていないと難しいです。あっ、これ理解していたつもりだったけれど全然分かってなかった!と言う事もあるでしょう。

何度かやっていると今度は人のを見てみたくなります。ああこんな工夫もあるんだとか、以前は気付かなかったポイントにも気付くようになります。

こう言う事を繰り返していると、どんどん上手くなるし、知識も深まります。

ちなみに写真は先日経皮的胃瘻造設術デビューした溜渕先生が、山本先生に胃瘻造設の指導をし、処置後にカルテの記載を指導している所です。1年目の先生を教えるのは2年目の先生が良いと言われますが、もっと極端な事を言えば、こうやって直前に習った人が教えるのが最も適切でしょう(もちろんですが指導医が二人同席しています)。
こうやって若い先生が出来るようになってくると、私のような年寄りは医局で睡眠学習が出来ると言う訳です。

溜渕先生は、今日胃瘻造設の見学に来られ、簡単な人ばかりじゃないんですね(胃の位置が変な所にあって難しかったようです)~と奥深さを学んで頂いたようです。

ちなみに、胃瘻造設で大事なのは、あきらめる事です。無理をすると大変な事になりますので、?と思ったら中止するのが大事です。でも人間は一度始めた事を途中で中止するのは難しい生き物です。それでも中止すると言う判断を下せると言うのが大切です。患者さんが元気になってもらうために作る訳ですから!

これからもどんどん出来るようになって下さい!