手技を最後までさせてもらうために

2010年2月16日
手技を最後までさせてもらうために
救急部長 木村圭一

研修医になって色々な手技を覚える場合、最も重要なのは実際にやってみる事です。今はシミュレーターがありますので、患者さんに危険を与えず、色々な状況を作り出したりして練習できます。

が、シミュレーターのないものもありますし、やはりシミュレーターには限界があります。

実際に患者さんに手技をさせてもらう場合、必ず指導医の立ち会いが必要です。その時に、気が短い指導医だとすぐに「俺が代わるよ、、、、」と言われてしまいます。あ〜あ、優しいA先生だったら良かったのに、、、、と思う事も多いと思います。

しかし、指導医の気の短さだけではありません。自分の手技や知識や態度の問題と考えましょう。

やはり患者さんに危険を与えてはいけませんので、指導医はハラハラしながら見ています。あそこでこうする事分かっているんだろうか??と思う訳です。出来ていないと思われれば取り上げられます。

つまり、私はちゃんと分かっているんだよ〜と言う事を示せば良いのです。下手なのは仕方ないですし、指導医も分かっています。一番怖いのは、重要な事を分かっていない事です。

胸腔ドレナージチューブを入れる場合、内筒(最近はこれを入れないで挿入すべきらしいですが)の先端が怖いですから、これが深く入らないように、利き手でない方の手で先端から数センチの所を握って入れます。利き手の方が重要だと言う事で、異常なぐらい力を入れていますよ!と言うアピールをしないと(あるいはそれを口で言うか)指導医は不安になります。心臓にトロッカーが刺さったら大変です(実際そういう事故もあるそうですから)。

中心静脈ラインをセルジンガー法で入れる場合はガイドワイヤーを大げさに動かす必要があります。スムーズに入っているかどうかは手の感触で分かる訳ですが、見ている指導医には分かりません。スムーズに動きますよ〜、ほらこんなに!と大きくガイドワイヤーを動かしていれば、指導医は安心して見ていられます。

気管挿管でも、横から「声帯見える?」と言われた場合には自分の手技がまずい(姿勢が悪い)んだと思うべきです。

指導医を安心させる手技を行えば、患者さんにも安全ですし、自分の手技を取り上げられる頻度も減ると思います。

注 色々な主義を覚えたい場合には、教育担当副院長に相談して下さい。