1月の研修医

2010年1月22日
1月の研修医
教育管理部 臼井之枝

1月に入り研修医の先生方2名 、残りの研修選択科目の研修に入りました。DSC01446
まずは、有留先生。
12月まで外病院での研修を終え、1月から大隅鹿屋病院へ戻り整形外科研修中です。
現在患者さんが多く、病院自体が毎日満床状態です。
整形外科も手術が多く、今週は毎日のように手術があるそうです。
毎週2回の午前中の外来、午後から手術、毎週2回の整形外科専門外来夕診、OPE日は毎週2日、午前午後と手術・・・・
同時に救急を担当する日も勿論あります。
最高に忙しい毎日を送り、『自分の病院に戻って来たんだなと実感します』と言っていました。

次に、江口先生。DSC01432
選択科目は1月~3月まで3ヶ月間、麻酔科の研修です。
1月から、手術室での研修です。
後期研修も麻酔科を希望しているため、少し早く専門医研修 に入ったような感じです。
麻酔科部長と医長が手厚く指導してくれて、毎日がとても充実しているようです。
腰椎穿刺のシミュレーターを手術室控え室に持ち込み、時間が空いたときに指導医の先生から指導を受けながら練習しているそうです。
日々の『振り返りレポート』でもどんな研修をしているのか良くわかります。

1月に入り、とても忙しい二人・・・
きっと研修についてのブログを書いてくれると思いますので、楽しみに待っててください。
今は、必須になっている『症例レポート』を一生懸命に書いていると思います。
25日(月)は、研修医面談ですので楽しみです。
いくつレポートが提出されるのか!!
指導医の先生方、有留先生や江口先生に『レポート書いた?』と聞いてみてくださいね(笑)