CTカンファレンス

2009年10月9日
CTカンファレンス
救急部長 木村圭一

徳洲会病院グループには、CTカンファレンスと言う勉強会があります。急性腹症の患者さんのCTを実際に見て、どんな状態か、診断名は何かを当てる?物です。

講師は中部徳洲会病院名誉院長の堀川義文先生です。沖縄県立中部病院の二期生でバリバリの外科医です。貴重な時間を割いて全国の徳洲会病院でカンファレンスをして下さっています。

このカンファレンスの良い点が沢山あります。今回は研修医の皆さんにとっての意義を書いてみましょう。以前書いたかどうか忘れましたが、いつも3つです!!

(1)早起きするので健康に良い(三文の得?)
(2)当院だけでは経験できない症例を沢山、それも系統的に勉強できる
(3)指導医のすごい所を知ることが出来る

(1)早起きするので健康に良い
病院は忙しい所ですので、多くの医師が集まれるのは早朝か夜です。当院はだいたい朝が多いです。よってカンファレンスは朝6時から始まります。自然に目が覚める院長は良いでしょうが、私はまだ眠いので、、、、研修医の先生達はもっと眠いでしょう。
しかし、早起きは体にきっと良い事があるでしょう!

(2)沢山、そして系統的に勉強できる
病院で働きながらの研修では、例えば虫垂炎の患者さんを10人ぐらいいっぺんに診る事は難しいです。が、こういったoff-the job trainingではそれが可能です。堀川先生の超人的な努力により、虫垂炎だけでも何百例の写真があります。
それを集中的に読影する訓練をすれば、虫垂炎の診断能力は向上します。

(3)指導のすごい所を知ることが出来る
たぶん研修医の皆さん(看護師さん達もですが)は、指導医の事をバカにする時もあると思いますが、カンファレンスでは圧倒的な正解率を出しています。研修医の先生達の正解率は5割程度だと思いますが、指導医は9割以上です!どうだすごいだろ!!とは言いませんが、すごい所を見せようと、隠れてインターネットで勉強しています(^.^)。
本当にすごい人は、すごい所をあまり見せないんだと言う事がこのカンファレンスで分かります。

また先日ある先生が、腹痛の患者さんのエコー所見を見て、アニサキスではないかと疑い、胃カメラをした所、アニサキスが胃の中にいたと言うこともありました。ちょうどCTカンファレンスで胃全体がむくんでいた場合アニサキスも疑うべきと言うのを勉強したばかりでした。

どちらにしても、堀川先生の知識、読影力は半端じゃありません。こう言ったすごい先生から直接指導を受けられると言う機会はめったにありません。この機会を自分のものにして立派な医師になって下さい!

興味のある方は、堀川先生のホームページ(http://www.qqct.jp/)を見て勉強して頂き、実際のカンファレンスに参加をお願いいたします。当院ではいつでも歓迎いたします。オプショナルカンファレンスとして、田村教授、利光准教授、奥田講師によるランニングカンファレンスもあります。

ちなみに、いつも不純だのケチ?だのと他の人が(ここ重要です)言っているので、、、、、、
当院の院長は日本超音波医学会の認定指導医であり、腹部エコーが非常に得意です。是非エコーカンファレンスを当院でやりましょう!!いずれは全国に、、、、バドガールの方を被験者にお願いして、、、、、、無理ならば院長自身が被験者に、、、、、これをイドガールと呼びます。