看護学生にも講義!

2009年10月1日
看護学生にも講義!
研修委員長 田村幸大

3年前から地元の尚志館高校の看護学科専門課程の講義に伺っています。
http://www.shoshikan.ed.jp/kango.html

内容は呼吸器と腎・泌尿器です。
将来、同じ地域で働く事になる看護師の教育という事なので、自然と気合いも入ります。

blog091001-1 看護学生への講義ならそこまで難しい話をしなくて良いから簡単ではないかと思われる方もいるでしょうが、そこが実は大変なのです。
研修医に指導するのと違って、現場から離れた中での講義なので、どのようにわかりやすく話すか結構悩みます。
例えば酸塩基平衡の話をわかりやすく話をするなんて、そう簡単には出来ません。
(有馬先生や井戸先生も講義に行きたいと言っていましたが、それなりの準備が必要ですから不純な動機では務まりません)

学生さん達の反応は非常にわかりやすく、わかりやすい話をしていると一人二人しか寝ていないのが、難しい話になると一人、また一人と意識消失していきます。という訳で、いかに寝たら勿体ないと思うような講義をするかといつも色々考えていますが、難しいですね。
blog091001-2 自分の学生時代を振り返ると講義中にはよく寝ていましたから学生さんを怒る気にもなりません。
医学部時代は100人近くの学生がいるから寝ていても目立たないだろうと思っていましたが、話す方の立場になると一人でも寝ていると目につくものです。
と言っても、ここで激しく学生さんを注意していたら、「昔のお前は何なんだ?」という感じになりますから、、、
「学生さんが寝ているのは、自分の講義がわかりにくいからだ!」という思いで、頑張って講義しています。

ちなみに看護学科の美人教師達に写真撮影をお願いしたところ、快諾いただきました。

いつも講義が終わって帰る時には、学生さんと先生が見送りをしてくれます。

blog091001-3 また、尚志館高校出身のスタッフが内科急性期病棟の5東にもいます。
こちらも仕事中の永山師長と今年入職したばかりの福山さんを無理矢理つかまえて写真を撮らせてもらいました。