指導医インタビュー①

2009年9月11日
指導医インタビュー①
教育管理部 臼井之枝

指導医のインタビュー・・・・
「GOOD RESIDENT」に掲載したものです!!
内科の劉先生へのインタビュー記事です。

blog20090911-1 Q:大隅鹿屋病院の印象は?
医局の雰囲気がとても良い病院です。人数が少ないから大変なところもありますが、少人数ならではの良い点があると思われます。

Q:先生が後期研修に、大隅鹿屋病院を選んでくれた理由は?
研修医の頃、『応援』ということで2ヶ月間来ていました。それまで毎日の仕事をどうやってやり過ごして行くか精一杯でした。でも大隅鹿屋病院で、優秀で熱心な指導医と一緒に働き、初めて成長する自分を実感出来ました。うまく言えませんが人的にも環境的にも合っていたのかもしれません。

blog20090911-2 Q:先生が行う研修は、徳洲会グループのスーパーローテート研修でしたが、現在の必須になった初期臨床研修制度との違いは?
もともと徳洲会グループが売りにしているものが『義務化』という型になり広く一般的になりました。世の中が大きく変わりました。実際研修医として徳洲会グループに入る場合、さほど変わらないではないかと思います。だた、更に上級医の意識変化が良い意味で一番大きいと思います。

Q:研修医の指導は大変ですか?
コミュニケーションは大切です・・・・
もっとも人の事は言えませんが・・・

Q:研修医に期待する事はどんな事がありますか?(エピソードでも)
仕事自体増えたりもしますが、成長して行く姿を見れば楽しいですね。成長すれば結局仕事を減らしてくれるし!
何より、とかく個人プレーになりがちな内科では、やはり『つるんでいる仲間』がいるといいですね。

以上がインタビュー記事です。
劉先生は、平成17年度から研修医とペアを組み上級医として何人もの研修医の指導にあたってきています。
病院見学実習生さんにもとても良く指導をしてくれています。
劉先生に育てられた研修医の先生達も、劉先生のように大きく育っています。
大きくなり過ぎた研修医もいますが・・・・

これから指導医の先生達を少しずつご紹介していきたいと思います。