大きな誕生日プレゼント

2009年4月22日

大きな誕生日プレゼント

研修委員長 田村幸大

2月11日の夜から左顎関節の激痛が出現し、16日にCT、MRIを施行して腫瘍の存在が判明。その後、PETまで施行し、
手術が困難な場所という事で東京医科歯科大学で手術を受ける事となっておりました。

“http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2009/03/post_165.php#comment-9″>
http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2009/03/post_165.php#comment-9

629

激痛、三叉神経の麻痺を伴っている点、
画像所見から悪性の可能性も否定出来ないという事で4月20日から東京医科歯科大学に入院しました。20日の夜に手術説明を受けましたが、
入院直前のCTを評価してみると2ヶ月間で著明に縮小している事が判明しました。念のため21日にもMRIを施行しましたが、
やはり腫瘍性病変が判然としなくなっており、もともと腫瘍があった部分に軽度の浮腫が残っているだけとなっておりました。
手術は骨を外した上に、顔面神経や三叉神経の障害、開口障害が残るかもしれないという事を考えると、「このまま経過観察をしましょう」
という事になりました。

手術侵襲の大きさ、入院期間、悪性の可能性など色々と考え、それなりの覚悟で入院しましたが、
“肩すかし”というか”拍子抜け”というか、、、良い方向なので言う事ありません。

今回の事を通じて色々と経験出来ました。

まずは自分の勤務先では無いので、わがままを言えません。一日大部屋のベッドの上で寝て過ごす時間の長い事、、。
PETも含めて様々な検査を受けたので、医療費も結構かかる事がわかりました。
東京まで往復するために時間とお金がかなり必要である事も実感しました。この事は、当院が目指すべき方向を示しています。
大隅の医療を大隅の中で完結できる事が患者さんにとってどれほどありがたい事か実感しました。また、
入院前は仕事に復帰できる時期もわからなかったので、大きな予定を何も立てる事が出来ずにいました。
突然病気になって病院に来られる方々に日々対応しているにも関わらず、自分はいつまでも元気にしていると思い込んでいました。

そんな事がわかった事も良い経験になりました。

私が欠勤して数日ですが、残った内科のメンバーが頑張っているという報告も嬉しかったです。自分のこれまでの成長を考えても、
ポイント、ポイントで凄く頑張った時期があり、その時期に一段階高いステージ上がれた印象です。
今回の事でみんなが少し高い目線で周囲を見る事が出来るようになったでしょう。

そして入院前には多くの方々から応援メッセージを頂きました。

こんなに多くの方が応援してくれているのだと思うと涙が出そうでした。
手術が近付いてくると心の安定を保つために色々と本を読んだりしていましたが、
一番心を安定させてくれたのは皆さんから頂いた応援メッセージ集でした。

そのメッセージを何度も読んで、「退院したら応援してくれている人達のために頑張ろう」と強く思いました
��ただその時期がこんなに早く来てしまうとは思いもしませんでした)。

ブログ上で応援メッセージを頂いた方にも、心から感謝申し上げます。

どんな顔をして出勤したら良いのか恥ずかしく思いますが、また頑張りますので、よろしくお願いします。

(今回手術が回避された事は、4月28日が36歳の誕生日の私にとって一番大きなプレゼントでした)


最近の有留先生

2009年4月21日

最近の有留先生

教育管理部 臼井之枝

height=”180″
alt=”blog20090422-1″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20090422T094319390.jpg”
width=”240″
align=”right” /> 今日は、最近の2年次研修医です。

現在、選択科で内科研修中です。

毎週火曜日は、外来の担当です。

4月からのローテで、内科をまわり3週間目・・・少し慣れたかな??

新しい、3年次の先生が2名内科に来られているので良い刺激をもらい、とても楽しそうにお仕事をしています。

 

 

height=”180″
alt=”blog20090422-2″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20090422T094321171.jpg”
width=”240″
align=”right” /> 内科は、朝は8時からカンファレンスから始まります。

他の病院と比べて、少し時間が遅く感じるかもしれませんが、これには理由があります。

内科部長も、内科チーフレジデントもとても素晴らしい先生ですが、あえて欠点を上げるとすると、朝がとてもとても弱いということです。

研修医、3年次の先生がいつも早く来ているそうです。

毎週1回、ワシントンマニュアルの抄読会やエコーの勉強などなど、3名の先生で色々と話をして勉強会の案を出しているそうです。

抄読会については・・・・朝7時30分からだそうです。(劉先生頑張れっ)

救急を担当したり、病棟の患者様の回診をしたりと毎日忙しくしています。

1日あった事を振り返りレポートを書きながら、良く話をします。

話し方など、指導医の先生に良く似ています。

本人に言わせると「そんな事ない!」と反論するでしょうが!!(笑)

「振り返りレポート」も毎日書いていますね。

徳之島で研修中の江口先生も書いているかな?

田村先生の情報によると「書いている」という事ですので、頑張って書いて下さいね。