倫理勉強会

2009年1月31日

倫理勉強会

教育管理部 臼井之枝

1月30日(金)17:30から、倫理の勉強会がありました。

宮崎大学医学部 社会医学講座 生命・医療倫理学分野 准教授 板井孝壱郎先生がお越し頂きました。

height=”180″
alt=”blog20090202-1″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20090202T102622828.jpg”
width=”240″ /> height=”180″
alt=”blog20090202-2″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20090202T102624093.jpg”
width=”240″ />

昨年もお願いをして来て頂き、今回で2回目です!

去年の勉強会の後のアンケートの結果とても良かったと好評でした。

実は、職員だけでなく、近隣のサテライトクリニックの職員の方々も大勢来られるため、参加者がとても多くなったので急遽、
スクリーンを2つ用意して先生も白版も見えるようにSEの方がセッティングしてくれました。

SEの方には、大変な作業をお願いしていまいましたが、参加者が板井先生の姿を見ながら話が聞けて大変良かったです。

本当に、急なお願いにもSEの方は嫌な顔一つせずに協力して頂き、大変感謝です。

今年も、楽しいお話から始まりました。

板井先生は、御自分のユニフォームに着替えて講演をして下さいました。

それは、なんとエプロン!

一気に場が和みます。

『臨床倫理 こんな時はどうする?日常業務の中に「倫理」を活かすために』という表題でした。

大変分かりやすく本当に、日常の会話の中での例題を先生がお話ししながら『倫理』を教えてくれるような感じでした。

講演の途中でも、『低血糖になったら頭が働かない』という事で、飴を参加者全員に配ってくれました。

『倫理』=『難しい』と思いますが、楽しく勉強出来ました。

でも、こんなに日常の中の会話でも『倫理』に関わる言葉を発していると思うと、何だかドキドキすしますね。

何かあったら、本当に板井先生に相談しよう!と思うほど、分かりやすい講義でした。

また、是非、来年もお越し頂けたらと思います。

宮崎大学医学部卒業生も、大変、喜んでいました。

板井先生、ありがとうございました。