勉強会

2008年7月7日

勉強会

教育管理部 臼井之枝

7月4日(金)夕方、研修医勉強会をしました。

例年よりも遅くなりましたが、縫合の勉強会と消化管縫合の勉強会をしました。

業者のエチコンさんにご協力頂き、シミュレーターを貸して頂きました。

研修が始まって、3ヶ月以上が過ぎての皮膚縫合トレーニングでしたので、どうかなぁと思いながら、開催しました。

最初は、城間先生にお手本を見せてもらいました。『 僕らも出来るしっ!』 という心の声が聞こえてきそうな顔つきでした。

外科部長の城間先生から指導を受けながら実際に、シミュレーターで縫合してみました。

有留先生は、消化管縫合からトライ、外科を回っている江口先生は皮膚縫合からトライしていました。

height=”193″
alt=”blog20080708-001″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080708T172446906.jpg”
width=”257″
align=”left” /> 1年次の研修医二人でのトレーニングなので、シミュレーターを使いたいだけ使えます。

実際に手技として経験しているので、さらに技術の向上を目指し!!頑張りました。

 

 シミュレーターを使用してみると、なかなか、実践のようには行かないようでした。

中心静脈ライン確保にも、縫合、糸結びの手技があります。

なかなか苦戦したのは、糸結びのようでした。

普段、何気なく行っている、糸結びにも”男結び”と”女結び”があると確認。

自分は普段どちらで糸結びをしているか、改めて確認したようで、感動していました。

後半は、内科の指導医の先生も参加し、一緒に糸結びの練習を研修医しました。“blog20080708-002″
height=”224″
alt=”blog20080708-002″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080708T172447593.jpg”
width=”300″
align=”right” />

臨床経験が何年あっても、トレーニングをするという姿を見て、私は感心しました。

こういった、先生方の日々の勉強やトレーニングで私たちは、病気や怪我をした時に助けてもらうんだなぁと改めて思いました。

医師になっても、勉強に取り組む先生方が頼もしく思えました。

研修医の先生方も、そんな指導医の先生方のようになって欲しいです!

height=”224″
alt=”blog20080708-003″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080708T172448343.jpg”
width=”300″
align=”right” />