症例発表

2008年5月13日

症例発表

1年次研修医 江口徹郎

5月2日は、勉強会の日でした。

入局して1ヶ月でいきなり発表の機会が与えられ、私が、初めて症例発表をすることになりました。

どうやら、研修医が2名だと、1ヶ月とちょっとで順番が廻ってくるようです。

初回は指導医の先生と相談の上、小腸イレウスの症例発表に決まりました。

指導医に教えられながら、Power point のプレゼンテーション用ファイルを作りました。

これは発表の時の写真です。となりに井戸院長先生が座っておられます。

 

height=”143″
alt=”blog20080513-002″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080513T170158830.jpg”
width=”215″ /> height=”143″
alt=”blog20080513-003″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080513T170200080.jpg”
width=”190″ />

どんな質問が飛んでくるのか、緊張しながら挑みました。

結局のところ、「腸管壊死の所見とは」については回答(1.造影CTにて壁が造影されないまたは造影が弱い 2.
単純CTにて壁が高濃度(出血性壊死) 3.遊離ガス 4.SMVまたは門脈内ガス 5.壁内気腫 6.壁肥厚 7.厚大量の腹水 8.
隣接する腹膜、腸間膜や後腹膜筋膜の充血・肥厚 1.2.5.が特異性が高い)を予め用意していたためうまく答えられましたが、予想外の
「井戸の分類」については答えられませんでした。height=”204″
alt=”blog20080513″
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080513T170200455.jpg”
width=”191″ />

「井戸の分類」とは腹部エコー検査で小腸イレウスの手術適応か否かを判断する3つの基準(小腸の3cm以上の拡張、内容物の沈殿、
比較的大量の腹水)による分類を指します。3つが該当する場合、手術適応となります。(もちろん3つ未満でも手術する事はあります。)

注意!!

来年度ここに入局しようと思う研修医は「井戸の分類」を憶えておくと良いかもしれません。