今の僕に出来る事

2008年5月7日

今の僕に出来る事

1年次研修医 有留大海

江口先生が初ブログを書かれたので、僕も負けずに書いていこうと思います。

足りないものが多い僕は、いま特に2つのことを心がけています。

と言っても、たいしたことではないんですが。

①カルテは指導医、看護師の方々との文通だと思って書く

②どんどん前へ出る、手技を見学する時は後ろで手を組まない

①について。

カルテは患者の情報を記載するものです。

当たり前ながら、僕が書いたことを後で誰が読んでも解読できなくてはいけません

僕が思う読みやすいカルテは、字が読める、要点がまとまっている、何でその結論

に至ったか分かるものです。

字そのものに関しては、書道をやっていたので問題ないかと自分では思っています

もし、いやいや、読みにくいよ!というご指摘があれば、遠慮なく言ってください

要点…これはまだまだかと思いますので、要努力ですね。

思考過程…僕ら1年目にとっては、カルテは指導医に自分の現段階の実力を示す場で

もあると思っています。

この所見は取れた、所見からこれらの疾患を鑑別にあげた、だからこういう検査と

治療が必要です。

と自分が今どこまで把握しているかを書いています。

安定していて退院調整だけ、という人でもno change一行ですまさないようにしてい

ます。

心雑音を聞き落としていることもあるだろうし、挙げれる鑑別疾患もまだ少ない、

どの検査が感度が高いなど把握してないことがたくさんあります。それらのことに

関して、後で指導医の先生が僕が書いたものを読んで、聞き落としてるけどこの音

がASの音だから忘れないように、とかこの所見が取れたならこれも鑑別せんとでし

ょう、などのフィードバックを受けることが成長につながると思っています。

②について

僕は学生の頃はどちらかと言えば積極的ではなかったです。

今は回診でも、救急車が来た時でも、上の先生に邪魔だよと言われるまで前に行く

ようにしています。

僕が前に行っただけで患者に不利益が起こることなんてないんだし、せっかくいろ

いろやらせてくれて、教えてくれるのだからがっつかないともったいないですもん

ね。

見たことない手技を見学させてもらう時でも、もしかしたら何かやらせてもらうか

もしれないと思って手を前に出しています。急にこれやってみようかと言われた時

に、手を後ろに組んでたからって、前に持ってくるまで実際1秒もかからないでしょ

うけど、何と言うかこれは気持ちの問題ですね。

とまぁ、やはり要点のまとまらない文章ですが、初の休日当直明けで校正する気力

がないのでこのまま提出します。


看護師さんに嫌われないようにしましょう

2008年5月6日

看護師さんに嫌われないようにしましょう

研修委員長 木村圭一

 病院で一番偉いのは誰でしょうか?もちろん、看護師さんに決まっています(院長先生すみません)。
看護師さんがいなくてもやれる仕事ってあるのでしょうか?というぐらい色々な事をやってくれています。
よって看護師さんから嫌われると仕事が非常にやりにくいです。だからと言う訳ではありませんが、看護師さんとは仲良く、
かつ敬意を払って仕事をしましょう。

 どうやったら仲良く慣れるかは無馬君や人生経験豊富な院長や副院長から聞いて下さい。私は知りません(+_+)。

 敬意を払ってと言うのは、自分よりも優れたものを持っていると考えれば良いのではないかと思いますが、、、、、

 私が学生時代先輩に言われた話です。大学病院で学生実習している時に、学生の行動は看護師さんからしっかり見られている、、、、と。
だから研修医で入った時に、あの先生は学生の時にああだったから、、、、と相手にしてもらえなかったりするようです。
看護師さん達は患者さんの事色々知っていて、かなり前に退院した人でも色々覚えていたりします。すごいです!いわんや学生おや!です。

 看護師さんに嫌われるとどうなるでしょうか?処置などの時に手伝ってもらえなかったり、意地悪されるのはもちろんですし、
飲み会で隣に座ってくれなかったりするでしょう(当院には意地悪な人はいません)が、こんな事もあります。

 受け持ち患者さんのAさんが腹痛を訴えているとします。通常研修医のE先生に連絡が行きます。「先生、
Aさんがかなりお腹を痛がっています、、、」と。優秀なE研修医は患者さんの所へ行って診察し、何故痛がっているんだろう?腹膜炎?膵炎?
あるいは心筋梗塞や糖尿病性ケトアシドーシス??まさかこの歳で妊娠はないだろう、、、確か急性間欠性ポルフィリン症なんてのもあったな、、
、、等と考えます。そして、指導医の口田先生に相談します。すると「この場合には、これこれこうだから、こうなんじゃないかな、、、、
尿管結石も考慮しないとね」などと指導を受けます。あっ!尿管結石を忘れていた!とアハ体験が出来ます。“http://aha.sega.jp/”>アハ体験につては“http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2007/12/post_27.php”>以前書きました

 しかし、看護師さんに嫌われると、Aさんの病状は直接口田先生に伝えられます。すると、「じゃあ、尿検査と採血、
エコーをやっておこうか」とか「たぶん尿管結石だから、E先生に尿検査を考慮するように頼んでおいて、、、」とか看護師さんに言うでしょう。
この事をE先生が聞いたのでは、アハ体験にならず、尿管結石→腹痛という誰でも知っている事の復習にかなりません。
次に同じ患者さんと出会った時に尿管結石を思い浮かべる事が出来るかどうか、、、、

 医師としての能力は、こんな小さな事でも何故こうなるのだろう?どうしたら良いのだろう?と自ら考え、自ら本などで調べる、、、、
という地道な事を繰り返す事で向上します。よって、看護師さんに嫌われると、こう言った事すらやれなくなってしまうのです。

 看護師さんにチヤホヤされたい(まさか男性看護師さんにチヤホヤされたいという趣味の人はいないでしょうね)とか、
女性の看護師さんを彼女にしたいとか、そう言う事以外にも看護師さんとうまく仕事をする事は重要なのです。本当に優秀な先生は、
当院の田村先生のように看護師さんからも人気があります。怒鳴り散らしている人は見ていて気持ちよくありませんよね(“http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2008/01/post_38.php”>手術の時に執刀医でない場合には別です)

 逆に看護師の皆さんは、すぐ答えをくれない研修医の先生に報告することを面倒がらずに、将来の医療のためと思って、
研修医の先生に報告をお願いいたします。

 研修医のみなさんは、看護師さんから報告を受けたら、怒ったり面倒がったりせず、
「指導医の口田先生に聞いて30分以内に答えを出します」等と答えましょう。

 だから?学生さんは見学に行った病院ではまじめに見学しましょうね!(と昔の私に言っています)