鼻からこんにゃく出た~♪(これでピンと来たら木村先生並み)


2008128

鼻からこんにゃく出た~♪(これでピンと来たら木村先生並み)

2年次研修医 有馬 喬

昨日、コンビニでおでんを買った。

先日のこともあるので、今回は半纏(はんてん)を着て行っていない。

http://202.133.118.29/trainee_doctor/archives/2008/01/post_43.php

糸こんにゃくを買った。

「糸こんにゃく」と「白滝」の違いと考えたことがあるだろうか?

一般に、関東では「白滝」、関西では「糸こんにゃく」と呼ぶ。

かつて江戸時代の頃は両者の作り方は異なっていた。

以下に簡潔に記す。

【関東地方(白滝)の作り方】

こんにゃく芋からできた粉を練って糊状にする。

小さい穴の開いた板から、「ところてん」みたいに、むにゅ~って押し出して出

来上がり。

【関西地方(糸こんにゃく)の作り方】

普通に板状のこんにゃくを作る。(どうやって作るかは各自検索)

ひたすら細く切って糸状に叩き切って出来上がり。気合である。

現在は「糸こんにゃく」も「白滝」と同じように、こんにゃく粉を練って糊状にし

て、むにゅ~って押し出す作り方をしているので、製造段階で両者の差は無い。

まとめると、江戸時代は似て非なるものであったが、現在は呼び方が違うだけで同

じものということである。

もちろん地方によって混ざってるものが違う場合はあるだろう。

実はおでんのダシも全国展開するコンビニでは地方によって異なっている。

以下、某コンビニエンスストアの2006年度の資料である。

北海道:かつお節+利尻昆布+いわし節

東北・信越:かつお節+利尻昆布+煮干+宗田鰹節 

関東:かつお節+利尻昆布

東海:かつお節+利尻昆布+むろ節 

関西・中国:かつお節+真昆布+牛肉だし 

九州:かつお節+利尻昆布+鶏肉だし

 

200789月は精神科研修で横浜に行ったが、確かにぜんぜん味が違った。

見たことない具の入っていた。

そして、あるはずの具が入ってなかった。

「豚軟骨を。」

と頼むと。

「は?」

「いや、だから豚軟骨。」

「牛スジですか?」

(そりゃ、牛だろ。豚ですらないじゃん・・・。)

関東のコンビニには豚軟骨が無かった。

真夏におでん食べようとするのもどうかと思うところではあるが。

それはまた別の話。

おしまい・・・。

おっと、タイトルの説明を忘れていた。

じつは、からしをたっぷり付けて、糸こんにゃくをすすったら、ムセこんで、鼻か

ら飛び出しただけである。

別にたいしたことではない。

ただ、鼻と口はつながってるんだなぁ、とのん気に考えている余裕はなかった。

おしまい。



倫理の教育講演

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>style=”FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”
xml:lang=”EN-US”>2008年1月26日

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>倫理の教育講演

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>教育管理部 臼井之枝

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>style=”FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”
xml:lang=”EN-US”>1月22日(火)、

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>宮崎大学 医学部 社会医学講座 xml:lang=”EN-US”> 生命・医療倫理学分野  
准教授
“FONT-SIZE: 10pt; FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”> “FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>板井孝壱郎 先生

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>を招いて医療倫理の勉強会を行いました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>height=”204″
alt=”blog20080128-usui”
src=
“http://202.133.118.29/trainee_doctor//media/img_20080128T054621109.jpg”
width=”287″
align=”right” />

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>職員xml:lang=”EN-US”>190名参加しての講演でした。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>勿論、有馬先生、田頭先生も参加しました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>横浜にいる城戸先生だけが、不参加!!

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>って書いたら、『そんな事言うけどねぇ、ぶっちゃけ無理でしょう!!』
と言われるでしょうね。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>ちなみに、木村先生は人の多さに、中で講演を聞くことが出来なかったらしいです・・・
・(残念)

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>『医療倫理』といえば、難しい・・・・と考えがちですが、ところどころに、
笑いが入り、なごやかな雰囲気でした。実に、先生のお話が楽しかったです。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>貴重な講演を聞けて、良かったと思っております。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
勉強会なのに『なんか、面白かったね』と話しながら、階段を下りて行かれる看護師さん達がいました。講演会終了後、
アンケート調査集計を行いましたが、やはり、好評でした。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
板井先生、本当にありがとうございました。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
講演の依頼も、快諾して頂けまして、感謝致しております。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
また、是非、宜しくお願い致します。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>style=”FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”
xml:lang=”EN-US”>2月に入ったら、症例発表や勉強会などなど、盛りだくさん準備しています。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>有馬先生のブログにもあったように、医局の勉強会も行うようになるので、去年と同様、

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'”>『またぁ、勉強会!?』と文句を言いながら、参加する事でしょう。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>“FONT-FAMILY: ‘MS 明朝'; mso-ascii-font-family: Century; mso-hansi-font-family: Century”>
今後も、院内の教育委員会としても、臨床研修委員会としても沢山の教育講演会を開催出来る様に努力したいと思います。

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”>