手

2年次研修医と名乗るのもあと26時間少々になってしまいました。
2年次研修医の森本です。
今日は本当に嬉しいことがありました。
3ヶ月前に手のけがで受診された方が、お礼を言いたいと総合案内に私の名前を伝えてくださり、案内の方が私に取り次いでくださいました。

特にお礼を言って欲しくてこの仕事をしているわけではありませんが、「こんなに綺麗に治りました」と、完治した手を見せてくださって感無量でした。
本当に跡形もなく綺麗に治っていました。
血を止めたのは私の1針かもしれませんが、治ったのは患者さんの力とその後の傷のフォローをしてくださった外科の先生方、機能面ではご本人の努力とリハビリスタッフの力が大きいでしょう。
本当に不思議なもので、昔から、一人で辛いなぁ、割に合わないなぁ、でも仕方ないかーそういうのも必要だろう、なんて少し哀しく、また寂しく思いながらも折り合いをつけてしまおうとした時に、虹を見つけたり、星が流れたり、蝶が止まったり、こんな風に思いがけないお礼を言ってくれる人がいたり、ものすごくよいタイミングでびっくりするようなことが起こります。

きっと誰かがみているんでしょう。
この手でできることがだんだん増えていって、無責任に手を離せなくなって苦しくなる時もありますが、守るものは守る、それを重ねていくに尽きると実感した1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>