トップページ > 看護部の理念・部署紹介

Kagoshima Aishinkai

大隅鹿屋病院看護部
担当 内村
※質問等ございましたら遠慮なくお問い合わせ願います。
TEL:0994-40-1111
FAX:0994-40-1163 Mail:kangobutyou@kanoya-aishinkai.com

看護部の理念

心に届く看護、地域住民の健康を援助する

部署紹介

救急・急性期・慢性期・在宅医療まで、幅広く患者様の状況に合わせた看護を提供しています。

部署紹介

4階西病棟

外来

4階西病棟は内科36床の急性期病棟です。優しさと思いやりを持って、患者様に寄り添う看護をモットーに、日々仕事に励んでいます。地域住民の方々の健康回復のために、安心・安全な医療・看護の提供ができるよう、看護の質の向上に努めていきます。

4階西病棟:大田千穂

4階東病棟

ICU

当病棟は内科・整形外科が8割を占める42床の障害者病棟です。 身体に障害を抱える患者様には専門的なケアを提供し、 急性期治療を終えた患者様はOT,PTと協働し、在宅復帰を目指しています。 特に日常生活での機能訓練では退院後の生活に即した自立支援が中心です。 ~できることは見守り、できないことに気付く~そんな関わり方を大切に、再び住み慣れた環境で自分らしく生活できるよう、共通の目標に向かって チームで取り組んでいます。

4階東病棟:入田三千代

5階西病棟



循環器内科と整形外科の2つの診療科をもつ44床の急性期病棟です。 24時間救急医療、検査・治療が行え、緊急でご入院される方が多い病棟です。 循環器内科では狭心症や心筋梗塞、心不全、閉塞性動脈硬化症に対して緊急な処置や心臓リハビリテーションに取り組み、 整形外科では骨折や関節疾患などの手術、手術後は患者様の状態に合わせ急性期のリハビリに取り組んでいます。 緊急入院で不安を多く持って来られ、患者様、ご家族に寄り添える看護ができる部署としてそして快適な日常生活がおくれるようにスタッフ一同、取り組んでおります。

5階西病棟:木下徹子

5階東病棟

2F:亜急性期病棟

 循環器内科・心臓血管外科・呼吸器外科の3つの科を有する43床の急性期病棟です。 大隅半島で、循環器疾患患者の治療が完結できるという大きなメリットをもつため、その期待に副えるよう毎日奮闘しています。入退院も多く、検査から手術、そして退院までの多くの方と接していますが、常に相手の立場を考えながら、笑顔と優しさのある看護を提供していきたいとスタッフ一丸となって対応しています。

5階東病棟:藤安友子

6階西病棟

3F東:外科・歯科口腔外科

当病棟は、消化器外科、口腔外科、形成外科、消化器内科の急性期病棟です。月の入院患者数は110名から130名と多く、入退院の激しい病棟です。入院患者様の多くは、各消化器疾患・口腔外科・形成外科の手術療法目的やその他にラジオ波焼灼療法・血管内塞栓療法や内視鏡的治療また、化学療法や緩和ケアなど生命に関わる治療に望まれる患者様も少なくありません。患者様の治療に対する期待度も非常に高く常に最善で最高の医療看護の提供に努めています。中でも病棟のモットーは、なんと言っても『チーム力』スタッフ育成に欠かせない教育力や専門的な知識・技術の習得と個々のスキルにあった部署内での役割を提供し患者様も職員も満足できる病棟をめざしております。新人看護師にとっては、初めての職場で看護の仕事の責任の重さに直面する場面が多いですが、チームで支え一人前の看護師に早くなれるよう支援しています。成長を見守れることは大きな誇りであり、患者様の『ありがとう』の言葉に、笑顔の多い病棟も魅力的です。

6西病棟:大野 緑

6階東病棟

3F西:障害者病棟

6東病棟は総合内科の急性期病棟として、幅広い内科疾患の患者を受け入れています。 超高齢化の進むなか患者さんの平均年齢は85歳を超える状態です。在院日数を短縮するために、他職種との連携を測りながら一日も早く、自宅や施設に帰れるように日々努力しています。またスタッフは優しさと笑顔で患者さんに接するように心がけています。

6階東病棟:川元さとみ

7階東病棟

4F東:循環器センター

7階東病棟は内科・循環器内科が8割を占める48床の障害者病棟です。 日常生活自立度Bランク以上の患者様が当病棟対象者であり、Cランクの患者様 が7割強入院されています。思いやり・やさしさ・気づきを大切に看護を提供し、 Ⅰ日も早く自宅や施設に帰ることが出来るよう支援しています。

7階東病棟:西村信子

ICU

4F西:循環器内科・整形外科

ICUは病床数8床を有し、心臓血管外科手術やその他の大手術などを受ける患者様や、循環器疾患患者様の監視・管理、重篤な状況の患者様の管理を24時間体制で行っています。常に患者様2名に付き1名の看護師を配置しており、重症患者様の早期離床とQOL向上を目指し、確かな根拠に基づきチームワークを活かしながら積極的な治療にあたるとともに安心と安楽を心がけ早期回復を目標に看護ケアに取り組んでおります。

ICU:湯之前朋子

外来

5F東:内科病棟

外来は、一般外来、内視鏡センター、外来化学療法室、時間外・休日専用救命センター、から構成されています。 一般外来では、1階に内科、外科、整形外科、2階は循環器内科、歯科口腔外科と、各科独立し診療を行っています。 専門外来は、呼吸器外科、呼吸器内科、形成外科、心臓血管外科、泌尿器科、耳鼻科、ペインクリニック、静脈瘤外来があります。 1、2階には中央処置室を設け、点滴や処置などがスムーズに行えるようにしています。救命センターは、救急車来院患者及び、時間外、休日受診患者の専用外来となっています。

外来:永山アキ

居宅介護支援事業所

5F西:障害者病棟

大隅鹿屋病院居宅介護支援事業所です。現在5名のケアマネジャーで鹿屋市や近隣の肝付町など在宅で介護保険サービス利用されている利用者様のケアプラン作成しサービス調整や各サービス事業所、医療機関などと連携する事で在宅生活の支援を行っています。 大隅鹿屋病院居宅介護支援事業所は、大隅鹿屋病院別館1階に事務所がありますので気軽にお越しください。電話相談も構いませんので1人で悩まず相談してください。

居宅介護支援事業所:山本利明

手術室

通所リハビリ

手術室7室(バイオクリーン2室・ハイブリッド1部屋)CAG・Angio 室2室 大隅半島である当病院(手術室)の役割として、唯一の心臓血管外科手術。 新設した最新機器のハイブリッド(ZEEGO)手術室においての最先端治療を行っています。 手術室は、医師・麻酔科・ORスタッフ・ME・レントゲン技師と他職種がチームとして手術に携わっており、チームとしての技量が必要な部門でもあります ここ大隅半島で完結できる治療をめざし、当手術室でも全ての人に最先端治療が提供できるよう更なる知識・技術を磨き、365日24時間体制で最高の医療・看護の提供をスタッフ一同心がけています。

手術室:伊達由和

通所リハ

透析室

通所リハビリテーションでは、利用者の身体機能や生活機能の維持・向上を目的として、専門スタッフ(理学療法士・作業療法士)による個別リハビリテーションを実施しています。 また、①「尊厳を支える介護」②「できる活動」を「している活動」を目標に排泄ケア・食事・入浴・レクレーション・リハビリ体操などのサービスを、個々のケアプランに沿って提供しています。

通所リハビリテーション:命苫由美

透析

居宅支援事業所

当院透析室は、現在ベット数41床で定期登録している患者様が65名です。当院は、 心臓血管外科・循環器内科・外科・内科・整形外科など様々な科を有している為、他院からの紹介で入院し手術や入院生活をおくる患者様の透析看護をおこなっています。 また平成27年4月よりONラインHDFを導入しました。現在217件/月施行しています。

透析室:桑俣修一

訪問看護ステーション「花みずき」

訪問看護

当ステーションの特徴は、利用者様の心身の特性を踏まえた全身的な、日常生活の維持を図ると共に、生活の質の向上を重視した、在宅医療、病気や障害を持った方が住み慣れた地域やご家庭でその人らしく、安心して穏やかに療養生活が送れますように看護師等が訪問し、医師や関係機関と連携をとりながら適切な支援及びサービスを提供していきます。

訪問看護ステーション「花みずき」:川畑明美