• 診療科のご案内
  • 週間予定表
  • 記念誌
  • 広報誌
  • 新型コロナ感染症対応について

トップページ > 病院情報の公表

Oosumi Kanoya Hospital

病院情報の公表

令和元年度 大隅鹿屋病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 50 86 97 185 417 1161 1592 2029 653
定義
令和元年度退院患者の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
特徴
60歳以上の占める割合が全体の86.6%、70歳以上が68.1%と比較的高齢の患者様が多くを占めています。
比較的若い世代である40歳代以下は6.6%です。
※患者数の欄が10未満の数字は、-(はいふん)で表示しています。(以下、各項目も同様です。)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 175 24.89 20.84 10.29 85.16
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 108 19.89 12.58 5.56 81.94
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 42 14.83 13.61 7.14 82.1
0400801499x011 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 38 12.71 16.45 2.63 85.82
080010xxxx0xxx 膿皮症 37 18.24 12.55 5.41 80.27
誤嚥とは、食べ物や唾液などが気管から肺に入ってしまうことをいい、その食べ物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こる肺炎が誤嚥性肺炎です。
誤嚥性肺炎のほとんどは、緊急入院であり、高齢者が多く、全体の80%以上が80歳以上の患者様です。
当院では必要に応じ言語聴覚療法士による嚥下訓練も併せて行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 509 3.82 3.01 0.59 71.54
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 394 5.64 4.40 0.51 72.49
050130xx99000x 心不全 357 34.33 17.71 1.68 82.28
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 159 4.31 3.15 1.26 72.01
050210xx97000x 徐脈性不整脈 114 13.5 10.80 0.88 78.46
循環器内科で最も多い症例は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)という心臓を取り巻く血管が狭窄し、心筋に十分な血液が送れなくなる疾患です。
進行することで心臓の働きが弱まることや、血管が完全に閉塞することで心筋が壊死し、突然死に至ることがあります。
当科では、虚血性心疾患に対して血管内にカテーテルという細い管を挿入し、狭窄の程度を検査したり、血管の内側から治療を行っています。
カテーテル治療は開胸の必要がないため、体への負担も少なく、入院期間が短いメリットがあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 130 1.25 2.78 0 68.42
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 82 9.72 8.89 2.44 72.34
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 55 15.8 9.79 1.82 81.38
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 54 7.06 4.85 0 68.93
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 48 7.75 7.65 0 66.75
静脈・リンパ管疾患のなかで、当科で最も治療を行っているのが、下肢静脈瘤のレーザー治療です。
静脈瘤の原因となっている血管(伏在静脈)に細いファイバーを挿入して、レーザーによる熱で静脈を閉塞させてしまう治療です。当科では、この治療を「日帰り」で行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 28 48.18 19.40 0 80.64
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 23 83.43 25.94 4.35 85.09
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 - - 9.65 0 79.43
160980xx99x0xx 骨盤損傷 - - 19.59 0 85.57
160760xx97xxxx 前腕の骨折 - - 5.54 0 59.83
整形外科での手術は多くが外傷関連です。
特に高齢者の大腿骨頚部骨折に対しては、手術または保存的に治療しますが、ADL低下による入院期間の長期化が課題です。
入院中のリハビリや、リハビリ専門病院への転院にて対応しています。
また、介護支援専門員と連携して在宅復帰支援も行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 25 9.52 7.90 0 80.28
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 20 2.55 4.01 0 50.85
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 16 8.25 3.10 0 76.38
050170xx9720xx 閉塞性動脈疾患 - - 36.93 42.86 81.43
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 - - 3.27 0 68.17
形成外科とは眼科、耳鼻科、泌尿器科などの身体の場所(部位や臓器)別の診療科ではありません。
形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形・欠損・あるいは美容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、
機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質の向上に貢献する外科系専門領域です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 19 16.53 11.51 0 68.79
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 - - 9.26 0 68
040010xx01x1xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 - - 21.44 0 79
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 - - 18.95 0 67
040200xx99x00x 気胸 - - 9.11 0 15
呼吸器内科と呼吸器外科が呼吸器疾患(肺がん・間質性肺疾患・喘息・閉塞性肺疾患・気胸・胸膜疾患)などの治療と診断を行っています。
肺がん治療については、手術・放射線治療(他院へ紹介)・化学療法(抗がん剤治療)の中から適切な治療を提案しています。
手術においては、胸腔鏡による低侵襲な手術も実施しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 30 28.1 22.71 0 70.3
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む) 26 33.42 23.77 0 72.12
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 24 8.54 8.48 4.17 75.08
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 18 25.11 17.34 5.56 71.61
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 14 18 11.75 7.14 79.29
弁膜症に対する手術とは弁形成術・弁置換術という手術です。
心臓には逆流を防ぐための4つの弁があり、それぞれの弁が血液を効率よく循環させるため非常に大切な働きをしています。
この心臓弁が正常に機能しなくなった状態を弁膜症といいます。
当科では、弁を切除し人工弁を埋め込む手術(弁置換術)や、自己弁を温存し、弁の形を整える手術(弁形成術)を行っています。
また、胸部や腹部の大動脈瘤に対する手術にも取り組んでいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 11 - - - 10 1 7,8
大腸癌 - 17 19 28 - 24 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 16 11 17 75 - - 1 7,8
肝癌 - - - - - - 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌の患者様を、初発のUICC病気分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC病気分類とは、UICC病気分類国際がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度②所属リンパ節への転移状況③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて治療を再開した場合や、癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 8.15 60.5
中等症 86 17.34 83.78
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザなどウイルスによる肺炎や食物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
患者数は、中等症が多く、重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。
また、患者様の年齢に比例して重症度が上がる傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 17 107.76 83 8.33
その他 - 20 75 4.17
入院中に医療資源を最も投入した傷病名ICD10コードが「I63$」に該当する場合に集計対象としています。
ICDコードとは、International Classification of Diseases and Related Health Problems(疾病及び関連保険問題の国際分類統計)の略称で世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した傷病に関する分類です。
世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした標準分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された第10回修正版(ICD-10)が採択されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 36 8.47 25.14 2.78 73.14
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 17 8.18 23.18 5.88 73.12
K610-3 内シャント設置術 14 20.5 39.64 7.14 71.36
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 4.36 52.5 7.14 75.21
K664 胃瘻造設術 13 23.54 57.62 15.38 75.77
経皮的シャント拡張術は、透析患者様の透析シャント内の狭くなった部分(狭窄部)に先端に風船(バルーン)のついたカテーテルを進め、そこでバルーンを膨らますことによって狭窄部を拡張する方法です。
手術時間は30分~1時間で、局所麻酔を行い治療します。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 355 1.97 3.95 0.85 72.37
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 90 5.97 17.93 2.22 78.67
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 54 1.69 4.78 0 75.2
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 48 0.08 26.21 0 71.81
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 46 2.76 2.63 0 72.15
循環器内科で最も多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術を含むPCIです。
虚血性心疾患に対する血管内治療とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、血管の内側から狭窄部を削ったり拡張したりする手術です。
開胸を伴う外科的手術に比べ、患者様の身体への負担や入院期間が短い特徴があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 131 0 0.3 0 68.37
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 84 4.85 9.23 1.19 63.37
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 46 1.26 3.87 0 68.2
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 45 5.56 14.91 2.22 81.16
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 36 3.97 4.42 0 75.56
静脈・リンパ管疾患のなかで、当科で最も治療を行っているのが下肢静脈瘤のレーザー治療です。
静脈瘤の原因となっている血管(伏在静脈)に細いファイバーを挿入して、レーザーによる熱で静脈を閉塞させてしまう治療です。当科では、この治療を「日帰り」で行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 25 10.52 84.32 12 85.32
K0462 骨折観血的手術(前腕) - 4.5 33 0 64.75
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 - 1 4.33 0 57
K0731 関節内骨折観血的手術(股) - 13.5 64.5 0 82.5
K0821 人工関節置換術(股) - 9 73 0 84
高齢者の外傷関連の骨折が多くを占めています。
特に高齢者の大腿骨骨折術後は筋力低下による影響で、平均在院日数も長くなっています。
早期のリハビリ介入を行うことで、早期在宅復帰を目指しています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 29 0.9 8 0 80
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(直径2㎝未満) 15 0.6 2.33 0 51.8
K2191 眼瞼下垂手術 11 1 6.91 0 77.27
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(直径3㎝未満) - 0.43 1.29 0 60.86
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) - 1 6.33 50 81.33
形成外科とは眼科、耳鼻科、泌尿器科などの身体の場所(部位や臓器)別の診療科ではありません。
形成外科とは、身体に生じた組織の異常や変形・欠損・あるいは美容的な不満足に対して、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し、
機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質の向上に貢献する外科専門領域です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) - 1.86 21.86 0 68.71
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - 2 10.25 0 75.25
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) - 1.75 13.25 0 70.5
K488-3 胸腔鏡下試験開胸術 - 1.5 4.5 0 68
K5042 縦隔悪性腫瘍手術(広汎摘出) - 2 11 0 79
早期肺癌の手術においては、低侵襲な方法とされる「胸腔鏡下肺切除」を実施しています。
開胸に比べ、在宅復帰が早いことも特徴です。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 26 6.5 32.42 0 67.58
K610-3 内シャント設置術 25 1.36 7.08 4 74.4
K5551 弁置換術(1弁) 18 8.39 25.78 0 76.06
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 12 5.75 11.5 8.33 78.33
K5541 弁形成術(1弁) 10 6.5 24.4 0 59.3
冠動脈バイパス術は、一般的に行われている開胸心臓手術です。患者様自身の健康な血管の一部を採取し、その血管を冠動脈の閉塞部分に繋ぎ移植します。
そうすることによって、血管が閉塞動脈を迂回して心臓に流れる新しい路(バイパス)をつくります。
ステントグラフト内挿術は、ステントグラフトというバネつきの人工血管をカテーテル(細い管)に収納し、太ももの付け根などから血管に挿入し患部で拡張することで、大動脈瘤に血液が流れないようにする手術です。
従来の外科的治療のように開胸開腹の必要がないため、体への負担が少なく入院期間も短くなります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.02
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 11 0.18
異なる 11 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.03
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 21 0.34
異なる 2 0.03
定義
「同一」・・・入院契機病名が最も医療資源を投入した傷病名と同じもの。
「異なる」・・・入院契機病名が最も医療資源を投入した傷病名と異なるもの。
当院は、手術や処置などを行う際に合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者様に説明したうえで手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2020.9.15
令和元年度病院情報を公開しました

当サイト内の全ての内容についての無断転載を禁止いたします。当サイトの内容については正確を期すべく努力しておりますが誤った情報を掲載している可能性もあります。
お気づきになった誤り等があればご連絡をお願いします。→ ご意見、ご要望、お問い合わせはコチラまで