トップページ > 病院情報の公表

KanoyaAishinkai

病院情報の公表

平成27年度 大隅鹿屋 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 54 78 102 186 441 945 1300 1613 460
定義
2015年度退院患者様の人数を10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
特徴
60歳以上の占める割合が全体の83.3%、70歳以上が65.1%と比較的高齢の患者様が多くを占めています。
比較的若い世代である40歳代以下は8.1%です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 189 28.35 21.69 8.47 84.25
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 141 26.29 14.34 2.84 79.28
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 109 23.8 12.6 9.17 78.5
誤嚥とは、食べ物や唾液などが気管から肺に入ってしまうことをいい、その食べ物や唾液に含まれた細菌が気管から肺に入り込むことで起こる肺炎が誤嚥性肺炎です。誤嚥性肺炎のほとんどは、緊急入院であり、高齢者が多く、全体の80%以上が80歳以上の患者様です。
当院では、必要に応じ言語聴覚療法士による嚥下訓練も併せて行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、虚血性心疾患 手術なし 341 4.25 3.07 0.59 71.19
050050xx0200xx 狭心症、虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 263 6.58 4.87 0.38 72.37
050130xx99000x 心不全 256 31.15 10.93 3.77 83.05
循環器内科で最も多い症例は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)という心臓を取り巻く血管が狭窄し、心筋に十分な血液が送れなくなる疾患です。
進行することで心臓の働きが弱まることや、血管が完全に閉塞することで心筋が壊死し、突然死に至ることがあります。
当科では、虚血性心疾患に対して血管内にカテーテルという細い管を挿入し、狭窄の程度を検査したり、血管の内側から治療を行います。
カテーテル治療は開胸の必要がないため、体への負担も少なく、入院期間が短いというメリットがあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 154 1.29 3.46 0.65 66.44
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 54 10.54 9.17 5.56 73.31
060340xx03x00x 胆管(肝内外)胆石、胆管炎 53 12.47 10.93 3.77 73.17
静脈・リンパ管疾患のなかで、当科で最も治療を行っているのが、下肢静脈瘤のレーザー治療です。
静脈瘤の原因となっている血管(伏在静脈)に細いファイバーを挿入して、レーザーによる熱で静脈を閉塞させてしまう治療です。
当科では、この治療法を「日帰り」で行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 40 99.43 28.70 10 80.98
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 20 76.3 16.83 30 82.9
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷 19 43.05 21.52 10.53 77.05
整形外科での手術は多くが外傷関連です。
特に高齢者の大腿骨頚部骨折に対しては、手術または保存的に治療しますが、ADL低下による入院期間の長期化が課題です。
入院中のリハビリや、リハビリ専門病院への転院にて対応しています。
また、介護支援専門員と連携して在宅復帰への支援も行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040200xx99x00x 気胸 手術なし 16 10.94 8.28 - 43.5
040040xx97x0xx 肺悪性腫瘍 手術あり 13 12.85 21.39 7.69 66.31
040040xx9904xx 肺悪性腫瘍 手術なし - 7.67 13.38 - 58.83
呼吸器内科と呼吸器外科が呼吸器疾患(肺がん・間質性肺疾患・喘息・慢性閉塞性肺疾患・気胸・胸膜疾患)などの治療と診断を行っています。
肺がん治療については、手術・放射線治療(他院へ紹介)・化学療法(抗がん剤治療)の中から適切な治療を提案しています。
手術においては、胸腔鏡による低侵襲な手術も実施しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む) 23 32.52 25.69 4.35 68.57
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 22 32.45 28.28 - 78.82
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 21 25.52 23.57 - 66.67
弁膜症に対する手術とは弁形成術・弁置換術という手術です。
心臓には逆流を防ぐための4つの弁があり、それぞれの弁が血液を効率よく循環させるために非常に大切な働きをしています。
この心臓弁が正常に機能しなくなった状態を弁膜症といいます。
当科では、弁を切除し人工弁を埋め込む手術(弁置換術)や、自己弁を温存し、弁の形を整える手術(弁形成術)を行っています。
また、胸部や腹部の大動脈瘤に対する手術にも取り組んでいます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 - - - - - 1 7
大腸癌 12 13 29 15 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - 18 33 - 10 1 7
肝癌 19 14 - - - 17 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌の患者様の数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC病期分類とは、UICC病期分類国際がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度 ②所属リンパ節への転移状況 
③遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各癌をⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
「初発」とは、当院において当該腫瘍の診断、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、当院・他施設を問わずに初回治療が完了した後、当院にて治療を再開した場合や、癌寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 - 10.38 63.38
重症度 1 14 13.07 84.93
重症度 2 - 27 85.67
重症度 3 - 59 91
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。
この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザなどのウイルスによる肺炎や食物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。
患者数は中等症が多く、重症度が上がるごとに長い治療期間を要します。
また、患者様の年齢に比例して重症度が上がる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - 5.6 74.8 -
その他 - 26 88 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 27 33.96 75.41 11.76
その他 - 36.71 75.14 -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 195 84 100
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
定義
入院中に医療資源を最も投入した傷病名のICD10コードの上3桁で集計しています。
ICDコードとは、International Classification of Diseases and Related Health Problems (疾病及び関連保険問題の国際統計分類)の略称で、世界保健機関(WHO)が世界保健機関憲章に基づき作成した、傷病に関する分類です。世界の異なる国における傷病の状況を比較できることを目的とした
標準的分類で、現在は1990年のWHO総会で改定された、第10回修正版(ICD-10)が採択されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k664 胃瘻増設術 28 58.5 300.46 17.86 76.29
k616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 5.85 14.55 15 62.15
k654 内視鏡的消化管止血術 16 4.13 31.06 18.75 73.06
胃瘻増設術については、他院・他施設からの紹介が多くを占めます。患者様・ご家族とよく話し合い、胃瘻増設の意志を判断し手術を行います。
経皮的シャント拡張術・血栓除去術は、透析患者様の透析シャントに対する手術です。自院・他院からの紹介の患者様の治療を行っています。
内視鏡的消化管止血術は、緊急で行うことの多い手術です。また、内視鏡下でのポリープ切除や、早期癌に対する粘膜下剥離術も行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 271 2.98 4.87 0.74 72.83
k5972 ペースメーカー移植術 90 7.2 11.32 6.67 80.01
k616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 69 2.54 9.42 2.9 74.16
循環器内科で最も多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術を含むPCIです。
虚血性心疾患に対する血管内治療とは、血管内にカテーテルという細い管を挿入し、血管の内側から狭窄部位を削ったり、拡張したりする手術です。
開胸を伴う外科的手術に比べ、患者様の身体への負担や、入院期間が短い特徴があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 157 0.03 0.2 - 66.44
k672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 3.29 5.55 1.82 88.83
k654 内視鏡的消化管止血術 37 0.62 11.08 2.7 71.65
静脈・リンパ管疾患のなかで、当科で最も治療を行っているのが、下肢静脈瘤のレーザー治療です。
静脈瘤の原因となっている血管(伏在静脈)に細いファイバーを挿入して、レーザーによる熱で静脈を閉塞させてしまう治療です。
当科では、この治療法を「日帰り」で行っています。
その他の手術も、鏡視下における手術を行っており入院期間の短縮が期待できます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k0461 骨折観血的手術(大腿) 43 11.05 85.88 11.63 80.93
k083 銅線等による直達牽引 - 0.17 32.33 66.67 88.83
k037-2 アキレス腱断裂手術 - 3 40.67 - 40.33
高齢者の外傷関連の骨折が多くを占めています。
特に高齢者の大腿骨骨折術後は筋力低下による影響で、平均術後日数も長くなっています。
早期のリハビリ介入を行うことで、早期在宅復帰を目指しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k5131 胸腔鏡下肺切除術 - 6 6.57 - 66.29
k5143 肺悪性腫瘍手術 - 3.14 8.29 14.29 66
k514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 - 1.33 12.33 - 57.67
早期肺癌の手術においては、低侵襲な方法とされる「胸腔鏡下肺切除」を実施しています。
開胸に比べ、在宅復帰が早いことも特徴です。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 25 5.84 22 4 66.44
k5612 ステントグラフト内挿術 19 9.74 22.74 - 79.11
k610-3 内シャント設置術 15 4.07 11.73 - 66.93
冠動脈バイパス術は、一般的に行われている開胸心臓手術です。患者様自身の健康な血管の一部を採取し、この血管を冠動脈の閉塞部分に繋ぎ(移植)します。こうすることによって、血管が閉塞動脈を迂回して心臓に流れる新しい路(バイパス)をつくります。
ステントグラフト内挿術は、ステントグラフトというバネつきの特殊な人工血管をカテーテル(細い管)に収納し、太ももの付け根などから血管に挿入し、患部で拡張することで、大動脈瘤に血液が流れないようにする手術です。従来の外科的治療のように開胸開腹の必要がないため、体への負担が少なく、入院期間も短くなります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 24 0.47
異なる - 0.02
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.45
異なる - -
当院は、手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払い施行しています。
起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者様に説明した上で、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
2016/9/20
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報」を公開しました。

当サイト内の全ての内容についての無断転載を禁止いたします。当サイトの内容については正確を期すべく努力しておりますが誤った情報を掲載している可能性もあります。
お気づきになった誤り等があればご連絡をお願いします。→ ご意見、ご要望、お問い合わせはコチラまで