• 診療科のご案内
  • 週間予定表
  • 記念誌
  • 広報誌
  • Web配信動画

トップページ > 患者様向け情報 > ヘルスインフォメーション > 知っておきたい病気の話 > vol.31 風邪の症状と 抗生物質との関係/【内科】池田悠人

Oosumi Kanoya Hospital

知っておきたい病気の話

vol.31 風邪の症状と 抗生物質との関係/【内科】池田悠人

春の陽射しも暖かく、皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は外来でよく見かける風邪について少し話をさせていただきます。風邪の症状としては皆さまご存知の通り「咳」「鼻水」「喉の痛み」「発熱」です。その他、倦怠感、食欲不振などありますが、主な症状としては前記の4つだと思います。4つの症状がすべてそろっている場合は風邪の可能性が高いと思われます。もちろん、風邪以外の病気が隠れていたりする場合もあり注意は必要です。また、外来で風邪と診断したときに言われる言葉に「抗生物質は出ないんですか?」があります。結論から言いますと「風邪に抗生物質はいりません」。風邪に限らず、人の体に悪影響を及ぼす微生物として細菌、ウイルス、カビなどがいます。細菌とは一般的に「バイ菌」と表現される微生物で肺炎や尿路感染などを起こします。この細菌は口の中、腸の中、体の表面などいたる所に存在しています。普段は常在菌といっていろんなバイ菌が共生しているのですが、肺や膀胱など基本的にバイ菌がいない場所に侵入すると、バイ菌が一気に増えて悪さをしだします。このバイ菌に対して使うのが抗生物質です。風邪はウイルスという種類の微生物が原因となります。ウイルスで有名なのはインフルエンザウイルスやノロウイルス、小児のRSウイルスなどです。このウイルスには抗生物質は効きません。ウイルスは体の中の免疫細胞が働いて退治します。そのため風邪にかかったときは、ウイルスを退治する免疫細胞を強化するため「栄養」と「休養」が重要となります。最後にカビですが、カビも基本的には至る所に存在しますが、健康な状態でいきなりカビが悪さをする事はありません。体の抵抗力を押さえるステロイドを大量に内服したり、重症な感染症にかかって免疫力が落ちた時などに悪さをします。カビに大しては抗真菌薬という薬を使用します。

以上、少し難しい話をしてしまいましたが、風邪に対して抗生物質がいらないということが少しでもご理解いただけると幸いです。ここで大事なのは、無理をしない事です。風邪に「栄養」と「休養」が大事と書きましたが、風邪と自己判断して様子をみていたら、実はバイ菌が悪さをしていて重症化してしまうということがあります。体がきついときには無理をせず病院を受診してください。


ページ上部へ


お問い合わせ

医療法人徳洲会
大隅鹿屋病院

〒893-0015
鹿児島県鹿屋市新川町6081番地1

TEL:0994-40-1111

FAX:0994-40-4579

MAIL: soumuka@kanoya-aishinkai.com

当サイト内の全ての内容についての無断転載を禁止いたします。当サイトの内容については正確を期すべく努力しておりますが誤った情報を掲載している可能性もあります。
お気づきになった誤り等があればご連絡をお願いします。→ ご意見、ご要望、お問い合わせはコチラまで